大宮アルディージャは、埼玉県さいたま市にホームを置き、NACK5スタジアム大宮をホームスタジアムとするJリーグクラブだ。過去には地元大宮出身のFW桜井直人、元ブラジル代表のFWクリスティアンなどが在籍した人気チームである。ホームの試合での見所は、チームカラーの「オレンジ」と「紺」でスタジアムを染め上げる市松模様だろう。その統一感のある応援は、さらにチームを一致団結させる。また浦和レッズとの「さいたまダービー」や、本拠地が東武野田線沿線に位置している柏レイソルとの「東武野田線ダービー」ではさらに多くのサポーターが集まり白熱した応援を繰り広げる。観戦に行こうと思ったなら、特に盛り上がるダービー戦もオススメだ。また大宮アルディージャの魅力は、ファンと地域に根ざしたチームであることだ。ファン・サポーターたちには12番という背番号が与えられ、チームの一員として試合を盛り上げていく。あなたも12番目の選手として、白熱の試合に参加してみてはいかがだろうか。

大宮アルディージャの日程

1,029人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大宮アルディージャのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/29 18:00更新)

大宮アルディージャについて

大宮アルディージャの魅力とは

大宮アルディージャは埼玉県さいたま市をホームタウンとする、Jリーグのチームである。ホームスタジアムはNACK5スタジアム大宮で、1969年創部の電電関東サッカー部を母体とし、1999年にJリーグへ加盟した。過去には地元大宮出身のFW桜井直人、元ブラジル代表のFWクリスティアンなどが在籍していた人気チームだ。クラブ名のアルディージャ(Ardija)は、スペイン語のリス「Ardilla」を由来とし、読みやすくしたものとなっている。リスは大宮市(現:さいたま市)が市制施行50周年記念の際に定めた市のマスコット。チームカラーはオレンジを採用しており、この色を使用したオレンジリボン運動では、子ども虐待を防止を訴える運動も行なっている。

Jリーグ参加後から2004年まで長くJ2での戦いを強いられていたが、2005年にJ1初昇格を成し遂げた。その後は2014年まで1部リーグの残留を懸命に守るが、健闘むなしく2015年シーズンはJ2に降格となってしまう。 大宮アルディージャの応援は多くのサポーターズソングを活用して行うものが多く、サポーターの一体感がチームを後押しするようにスタジアムに響き渡る。特に地元埼玉に拠点を置く浦和レッドダイヤモンズとの対戦は「さいたまダービー」として盛り上がりも、互いの応援も白熱しサッカー観戦ならではの熱気が見られること間違いない。 また大宮アルディージャのオフィシャルソングである「Vamos Ardija」が、JR大宮駅の京浜東北線2番線ホームの発車メロディに使用されるなど、地元大宮を中心に根強い人気を博している。

大宮アルディージャが好きな方はこんなチケットもおすすめ