遊助は俳優、上地雄輔の音楽活動を行なう際のアーティスト名、2008年「ひまわり」でデビュー。 ヒップホップ、レゲエ等を基調とした個性的なサウンドと、ブログでも定評のある彼ならではの言葉の世界が加わり、生きる事へのエールを送り続けるパワフルな曲が特徴である。 芯の強さを感じさせるアートワークやパワフルでいて、ハッピーな空気を感じるライブ。「遊助」としての世界は多くの共感を得ている。また、自身のシングル・アルバムなどで他のアーティストをフィーチャリングする事を「遊turing」(ユーチャリング)と称している。主にアルバムに収録されている。2016年2月までにCDに収録された「遊turing」楽曲のみが収録されたベストアルバム『遊情BEST』が発売された。

遊助の日程

2,126人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

遊助の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

遊助のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

遊助について

遊助の魅力とは

俳優として活躍する上地雄輔のソロアーティスト時のネームが遊助。自身が持つ端正なルックスから女性ファンが多いことや、遊助自身のキャラクターもあり音楽自体が不適切に批判されることも多い遊助であるが、彼自身はそもそもパワーのある歌声の持ち主である。そのため、ユニークな歌詞を発する声質自体はかなりのセンスあるクオリティを持っており、実はアーティストとしても大きな素質を垣間みることが出来る。 遊助の人柄がそうされるのか、ライブ会場全体が「ファミリー」のような空気感を持つことが多く、チケットを購入したファンは自然とリピート率が高くなっていく。ヒップホップ感を匂わせる独特なサウンドは、彼自身のイメージにもぴったりであり、オーディエンスは遊助という人間自体に自然と引き込まれていく感覚さえ覚える。鳴り物入りでデビューしてから安定して活動を続けており、自身が「遊turing」と呼ぶ他アーティストとのコラボレーション活動の頻度も上昇。ホールツアーなど大きいキャパシティでのライブも次々と成功させており、遊助が売れた要因にもなったクイズバラエティ番組「ヘキサゴン」終了後も、安定した活躍を魅せている。今後益々の活躍が期待されるアーティストである。

遊助が好きな方はこんなチケットもおすすめ