浜崎貴司は、7人組のファンクバンド「FLYING KIDS」を結成。深夜番組のコンテストで優勝したことがきっかけで1990年にメジャーデビューを果たした。1998年に解散したが、2007年に再結成を発表。浜崎貴司自身はバンド解散と同年にソロデビューした。斉藤和義やMCU(KICK THE CAN CREW)らとのユニット活動、中山美穂や坂本真綾への楽曲提供など、音楽活動の幅は多岐にわたる。弾き語りツアーをライフワークとしており、FLYING KIDS時代のファンからソロ活動開始後でファンになった層まで、チケットを求める人は多い。

浜崎貴司の日程

238人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

浜崎貴司のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/13 00:00更新)

浜崎貴司について

浜崎貴司の魅力とは

浜崎貴司は栃木県出身のミュージシャン、俳優、声優である。1990年にデビューした7人組ファンクバンドFLYING KIDSのボーカルを務めている。また1998年には「ココロの底」でソロデビューを果たしている。2005年にはアニメ「あたしンち」の小泉今日子が歌うオープニングテーマ「あたしンちの歌」の作詞作曲を手掛け一躍有名になった。

また2006年にはワールドカップの開催を機に世界中の子供にサッカーボールを届けるプロジェクト「YELL FROM NIPPON」を彼を中心に行った。このプロジェクトには忌野清志郎をはじめとし、トータス松本、竹中直人、谷原章介などミュージシャン以外の参加者も多く集め大きな話題となった。また様々なアーティストと対バンライブを行う企画「GACHI」では真心ブラザーズの櫻井俊介や、泉谷しげる、スガシカオなどの日本を代表するアーティストともライブを行ってきた。ソロ活動15周年を迎えた2013年には「ガチダチ」をリリース。このアルバムは豪華アーティストとのスペシャルコラボレーションアルバムとなっており、奥田民生、佐藤タイジ、中村中などが参加している。

今後も対バン活動を中心に多くの活躍が期待される。ぜひ彼のライブに足を運んでみてはいかかだろうか。

浜崎貴司が好きな方はこんなチケットもおすすめ