島津亜矢は、1971年生まれの日本の演歌歌手。デビュー後は坂本冬美らと「はつらつ3人娘」を結成するなど、着実にステップアップ。代表作「感謝状・母へのメッセージ」では紅白歌合戦にも出場。演歌の申し子と幼少期から称され、6歳の時には獲得したグランプリは100を越えたという。14歳で親元を離れ、演歌という名の茨の道に足を踏み入れ、15歳ではデビューを果たした。そのまさに「天才」が育むメロディーを聴きに、コンサートには全国からファンが集まる。歌舞伎座でも島津亜矢の実力は発揮され、千秋楽ではチケット入手は困難になる。15歳でデビューしてから今日まで、40歳の若さには似合わぬ経験を積んできた島津亜矢に今後も期待。

島津亜矢の日程

71人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

島津亜矢のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

島津亜矢について

多彩な生模様が織りなすステージ、島津亜矢のコンサートの魅力とは

島津亜矢のもつ絶対的な歌唱力ははやくも幼少期から頭角を現し、100以上のグランプリを手にしてきた島津亜矢は文句なしの天才アーティストである。島津亜矢が佇むステージは、ひとたび島津亜矢が発声するだけで何通りにも変幻自在に変化する。

歌詞のテーマが、娘であれば聞く人は自分の親に語りかけられているかのような錯覚に陥る。人の道に外れた悲恋であれば、胸を焦がす恋心に思いをはせてしまう。応援歌であれば、信頼できる人から貰った手紙を読み終えたような感動を覚える。そんな島津亜矢の唯一無二の魅力に心とらわれて、チケットを手に会場を訪れる人の期待を決して裏切らない確かなステージがそこにはある。

一人の人間が一通りの人生しか歩むことが出来ないのは、島津亜矢とて同じはず。それなのになぜ島津亜矢はこんなに多彩に人生模様を織りなしてしまうのか。その摩訶不思議な島津亜矢の魅力は是非ともコンサートで見極めてほしい。コンサートチケットは好評発売中である。

島津亜矢が好きな方はこんなチケットもおすすめ