杉良太郎&伍代夏子 夫婦詩コンサート取扱中!杉良太郎は、兵庫県出身の俳優、歌手である。1965年に「野郎笠」で念願のデビューを果たし、1966年日活に所属。現代劇の助演で活動する。1967年、NHK「文五捕物絵図」に主役で出。脚光を浴びて以降は時代劇をメインに活躍し、テレビ時代劇「右門捕物帖」、「遠山の金さん」をはじめ1,400本以上の主演を務めた。テレビ時代劇の顔として幅広く知られていった彼はこの他にも明治座や新歌舞伎座などの舞台などでも活躍し、以降も俳優、歌手と幅広く活動した。1996年、長年の舞台活動と文化交流を高く評価され文化庁長官表彰、1998年、2009年に文化関係者文部科学大臣表彰、2009年、紫綬褒章を受章し称賛された。2017年9月には「杉良太郎&伍代夏子 スペシャルコンサート」を開催。ぜひとも会場へと足を運んでみてほしい。

杉良太郎&伍代夏子 夫婦詩コンサート

28人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

杉良太郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 18:00更新)

杉良太郎について

杉良太郎の魅力とは

1976年「すきま風」で100万枚を超える大ヒットを記録した杉良太郎。その後リリースした「明日の歌」、「男の人生」も立て続けにヒット。「杉様」の愛称で親しまれ、日本各地でディナーショーを主催している。

芸能界デビュー前の15歳から福祉活動を献身的に取り組み、刑務所慰問などを続け大臣表彰を数多く受章したほか、2008年には芸能人で初めて緑綬褒章を受章。現在に至っても活動は続けており、2015年から法務省特別矯正監を務めている。2017年6月、矯正支援官委嘱式に出席。大川栄策、石田純一氏、高橋みなみなどとともに就任された。この他にも、厚生労働省・肝炎総合対策推進国民運動特別参与、日本とベトナムの両国の特別大使などを務め、2013年11月、日本とASEAN友好協力40周年を記念した音楽祭を開催。今までの活動が称賛され、閣総理大臣より感謝状を贈られる。また、災害時には献身的に様々な支援活動をし続け、これらの活動がオーストラリアで評価されると、2012年11月に人道援助活動の功績が認められ「アルベルト・シュバイツァー章」を受章することに。

「杉様」の歌、トークを堪能したいとコンサートへと足を運ぶファンは後を絶たない。あなたも会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

杉良太郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ