真心ブラザーズ FLOW ON THE CLOUD取扱中!真心ブラザーズは、夏の高校野球で応援歌としてポピュラーな「ドカンと1発」のフレーズでおなじみの「どか〜ん」などが有名。1989年の結成以来、活動休止を挟みながらも息の長い活動をしている。新しいファンのみならずデビュー当初からのファンも多くおり、チケットはどの公演も大人気だ。ユーモラスな歌詞や無骨なメロディが特徴的なクオリティの高い楽曲を提供。なぜかクセになるのんびりとした雰囲気の楽曲でリスナーの心を掴み、多くの者をその世界へと引き込んでいく。2017年の9月には、通算15枚目となるアルバム「FLOW ON THE CLOUD」をリリース。今後ものんびりと注目していきたいバンドの一つだ。

真心ブラザーズ FLOW ON THE CLOUD

531人が登録中

すべての公演 リクエスト一覧
  • 公演名
  • 日時・場所
  • 希望条件
  • 枚数・価格
  • 残り時間

真心ブラザーズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 18:00更新)

真心ブラザーズについて

真心ブラザーズの魅力とは

1989年に結成された真心ブラザーズ。彼らの物語はCX系バラエティ番組「パラダイスGO!GO!」のコーナー「勝ち抜きフォーク合戦」に出場するべく、桜井秀俊が先輩だったYO-KINGを誘ったことから始まる。同コーナー内では見事10週連続で勝ち抜いた。これにより1989年9月、THE 真心ブラザーズとしてデビューを果たす。記念すべきデビューシングルは「うみ」という作品であった。

1990年3月には1stアルバム「ねじれの位置」をリリース。以降は多くの楽曲がCMのタイアップに起用され好評を博していった。また、YO-KINGはエレファントラブ、桜井秀俊はパイオニアコンボと、ソロ活動も同時にスタートさせる。1995年に5thアルバム「KING OF ROCK」をリリースして以降、これまでのイメージとは異なるロック、ソウル色の強いバンドへとシフトしていく。10周年を迎えた1999年には、それぞれがソロアルバムを発表したほか、再び真心ブラザーズとしてシングル「サティスファクション」やアルバム「GOOD TIMES」をリリース。2001年12月、日本武道館公演をもってバンド活動を休止した。

しかし2005年に活動を再開。シングル「Dear,Summer Friend」、「I’m in Love」、「情熱と衝動」、アルバム「FINE」などをリリースすると、その後も精力的にリリースを続けていった。2009年にはデビュー20周年を迎え、8月コンセプトミニアルバム「タンデムダンディ 20」、9月にはベストアルバム「GOODDEST」をリリースした。現在もCDのリリースやライブ活動をおこなっている彼ら。今後もたくさんの名曲を生み出し、ファンの心をつかんでいくことだろう。

真心ブラザーズが好きな方はこんなチケットもおすすめ