「私がオバさんになっても」の名曲で知られる森高千里だが、俳優・江口洋介との結婚・出産で一時活動休止。しかし、活動再開を果たした2012年には40歳を越えても当時と変わらない美貌を見せており、オバさんどころかお姉さんほどの若々しい雰囲気に、デビュー当初からのファンは惚れ込んでいる。当初は男性のファンが多かった森高千里だが、上記の「私がオバさんになっても」で女性からの支持も受け男女問わず多数のファンが存在する。活動再開以降ライブではチケットの売り上げも好調を維持しており、1998年の全国ツアー以来久々となった栃木でのライブでは立ち見も出るなど会場は超満員。今も根強いファンがいることを改めて確認できる。

森高千里の日程

270人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

森高千里の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

森高千里のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

森高千里について

今もなお高い人気の永遠のアイドル、森高千里のコンサートの魅力とは

おばさんになっても、森高千里は本当に可愛いままなのだ。人気絶頂期には「私がおばさんになっても、海に連れてくの?」といったセンセーショナルな歌詞を大ブレークさせたトップアイドルが、愛くるしい魅力はそのままにファンの元へ帰ってきた。ライブでは、全盛期と全く変わらない見事な美脚とスタイルを披露し往年のファンを熱狂させている。

結婚、出産を経て妻であり母でもある森高千里は大人の女性へとライフステージをステップアップさせた。そんな森高千里に、他のアーティストには無いシンパシーを感じとれる女性ファンも多いのではないか。熟成される事でさらに磨きのかかった歌唱力と弾けんばかりのポジティブさを武器に、ライブ会場のボルテージを思いのままに操ることのできるアーティスト、それが森高千里なのだ。

ライブチケットは発売と同時に売り切れが続出。チケット再販を願うファンからの問い合わせのあまりの多さに関係者も苦慮しているとか。

森高千里が好きな方はこんなチケットもおすすめ