佐渡裕は世界が注目する日本人指揮者として、確固たる地位を築き上げた人物だ。世界的名指揮者である小澤征爾や、故レナード・バーンスタインの最後の愛弟子として研鑽を積んだことでも知られている。彼は京都市立芸術大学在学中に指揮活動を開始し、1989年には「ブザンソン国際指揮者コンクール」で優勝を果たした。さらに1995年に開催された「第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール」でも優勝し、「レナード・バーンスタイン桂冠指揮者」の称号に輝いている。数々の賞を受賞した彼の実力は世界で評価され、ベルリン・ドイツ交響楽団やロンドンフィルハーモニーなど多くのオーケストラとの共演している。世界に誇る日本人指揮者・佐渡裕の公演は見逃せない。

佐渡裕の日程

630人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

佐渡裕のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

佐渡 裕について

佐渡 裕の魅力とは

佐渡 裕は小澤征爾や故レナード・バーンスタイン師事し、日本を代表する指揮者として活躍する人物である。京都市立芸術大学在学中に指揮活動を開始し、故レナード・バーンスタインを記念して「レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール」では「レナード・バーンスタイン桂冠指揮者」の称号を授与されている。

また、2005年からは「佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ」と銘打って毎年公演を行い、オペラ公演の普及に努めてきた。彼のライフワークともいうべき日本での大きな活動の1つが、自身が芸術監督としてプロデュースするオペラ公演だ。佐渡は兵庫県立芸術文化センターの芸術監督に就任しており、現在も若手音楽家の育成に向けて精力的な活動を続けている。彼の活躍はこれから世界を目指す若い日本人指揮者にとって、大きなお手本となる存在だと言えるだろう。

彼は2008年「題名のない音楽会」第5代目司会者として、7年半務めたことでも有名だ。このような国内での活躍はもちろん、海外公演でも実績を重ねており数多くのオペラ作品の指揮に携わっている。2011年には小澤征爾以来となる「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」での指揮を担い、2015年からは「ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団」の首席指揮者に就任した。

佐渡裕が好きな方はこんなチケットもおすすめ