井上陽水は、言わずと知れたフォークソング界のレジェンド。井上陽水の代表作でもある「少年時代」は教科書にも載るなど日本の文化の一部となっている他、薬物使用での逮捕歴なども今となっては伝説のひとつとなっており、音楽界に名前を轟かせ続けている。全国でコンサートライブを開催しており、井上陽水の美声や世界観に、昔からのファンも、そして新しくファンになった若い世代も酔いしれている。NHKホールなど主要会場でのチケットは入手が大変困難であり、井上陽水を生で聴きたいのであれば、日頃からのチェックが必要である。ちなみに本名は井上陽水と書いて「あけみ」と呼ぶらしいが、本人が気に入っていないため「ようすい」で日頃から通している。

井上陽水の日程

753人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

井上陽水の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

井上陽水のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

井上陽水 Live情報

井上陽水のライブの魅力とは

「どうぞお身体に気をつけて、お元気で」 井上陽水のライブは、いつもそんな普段のいつもの挨拶で使われるような、何気ない言葉で締めくくられる。 しかし、そんな何気ない言葉一つ一つが、井上陽水の口から発せられると、観ている人の心に、何か大きくて深い意味のある言葉として浸透してくる。

「少年時代」「傘がない」「最後のニュース」「心もよう」など、数々の名曲を生み出した井上陽水は、65歳を迎えた今でもなお、精力的にライブ活動を続けている。 フジロックでの伝説的なライブで、多くの観客が涙し、そして、震災後も毎年ツアーで全国を周り、傷ついた人々の心に、火を灯した。 チケットを握り締め、会場に足を運んでくれた観客一人一人の心の中に、彼の紡ぎ出す詞とメロディーは、必ず何かを残してくれる。

そんな井上陽水のライブには、下は10代の若者から上は60代以上の、幅広い人が訪れる。その世代も生きた時代も違う人々が、恐らく同じ思いを抱きながら、井上陽水のライブのチケットを手に入れ、そしてライブ会場を訪れ、彼の歌声を聴き、同じ思いを抱いて会場を後にしていることだろう。 年齢、時代、性別、人、そんなカテゴリーを超越して、井上陽水のライブは、それぞれの人の心に平等に、種を植えてくれるものだから。

井上陽水が好きな方はこんなチケットもおすすめ