フラワーカンパニーズ(フラカン)は、1989年に結成以来、一度もメンバーチェンジや活動休止をせず現在まで走り続けているロックバンド。斎藤和義とのコラボでライブ活動なども行っており、同世代から高い支持を得ている。ライブを中心に精力的な活動を見せており、2004年に発表したシングル「深夜高速」は、ファンのみならず多くのロックファンから愛され続けている。全国ツアーもチケットやグッズの売り上げは安定しており、各所に熱心なファンがいることの裏付けとなっている。キャッチーな歌詞とメロディアスな曲はハイクオリティで、作り上げる曲にも深く伸びのあるものとなっている。

フラワーカンパニーズの日程

347人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

フラワーカンパニーズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

フラワーカンパニーズについて

フラワーカンパニーズのライブの魅力とは

フラワーカンパニーズは日本のロックバンド。1989年に愛知県名古屋市にて結成された、ヴォーカルの鈴木圭介、ベースでリーダーのグレートマエカワ、ドラムのミスター小西は同じ中学校の同級生、ギターの竹安堅一とマエカワが同じ高校の同級生、この同級生の男性4人で構成されている。1994年にメンバーは状況し翌1995年にアンティノスレコードと契約、5月にファーストアルバム「フラカンのフェイクでいこう」でメジャーデビューした。1998年にはテレビ朝日系「人気者でいこう!」エンディングテーマの「ホップステップヤング」、テレビ東京系アニメ「はれときどきぶた」のエンディングテーマとして「ヒコーキ雲」がお茶の間にも流れ注目を浴びる。

2001年にアンティノスレコードを離れインディーズへ活動の場を移すが2008年11月に20枚目のシングル「この胸の中だけ」、12枚目のアルバム「たましいによろしく」をソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ同時発売、7年8ヶ月ぶりのメジャー復帰作となった。ロックバンドの魅力は何といってもライブだ。チケットを手にすれば鈴木圭介の少年のような声にのってストレートな歌詞が胸に直撃してくる。今後もライブのレアチケット化は確実だ。

フラワーカンパニーズが好きな方はこんなチケットもおすすめ