ナオト・インティライミは2010年にデビューした、シンガーソングライターである。大学を卒業後「世界一周48ヶ国の旅」に出て、帰国した後に現名義での活動をスタートさせた。その目を引く名前の由来はケチュア語で「太陽の祭り」という意味だ。その名前の通り、明るく開放感に溢れたサウンドや耳に残るメロディ、ストレートで飾り気のない優しい歌詞が魅力である。2008年には Mr.Children のコーラスとして抜擢され、更には2010年にメジャーデビューを果たしその知名度を上げていった。2015年には約15万人を動員する大規模ツアーを成功に収め、翌年には初のミュージカル作品「DNA-SHARAKU」で主演を務めている。パワフルな行動力を持ち、アグレッシブに進化し続ける彼にこれからも要注目だ。

ナオト・インティライミの日程

10,516人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ナオト・インティライミのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

ナオト・インティライミについて

ナオト・インティライミの魅力とは

世界中を旅して、現地のアーティストと交流を深め、独自の世界観を築きながら磨き上げたナオト・ヴォイスは、今最も旬なアーティストのひとりとして日本中から高い評価を得ている。ケチュア語でインティは太陽、ライミは祭りという意味であり、彼の性格や音楽の趣向などを名前からも読み取ることができる。日本武道館や横浜アリーナなど、大会場でのライブは即チケットは完売し、もちろん大成功。 ナオト・インティライミ自身がJリーグチーム「柏レイソル」の下部組織に所属していた経験から、サッカー関係のイベントに顔を出すことが多く、近年はビッグネームの引退試合やチャリティーマッチなどへの常連となっている。会場ではミニライブを行うことも多いため、チケットを購入したファンはナオト・インティライミとサッカーのふたつを楽しめるお得なイベントを経験することができるだろう。また2015年には、映画『神様はバリにいる』にも出演。同年、初のベストアルバム『THE BEST!』が発売。12月には京セラドームにて、自身初のドーム公演が行われた。また2016年には、ミュージカル『DNA-SHARAKU』に主役で出演。ここ数年、安定した活躍を見せているので、若手ではなく中堅へと差し掛かっていくナオト・インティライミ。今後の活躍にも期待大だ。

ナオト・インティライミが好きな方はこんなチケットもおすすめ