イアン・アンダーソンは、イギリス、スコットランド出身のミュージシャン。1947年生まれ。 ロックバンド『ジェスロ・タル』のメンバーとして1968年にデビュー。ロックバンド・アーティストとしては異彩を放つ、フルート演奏を取り込んだスタイルが特徴だ。イアンは当初『ジェスロ・タル』でギターを担当していたが、その立場を他メンバーに奪われたため、フルート(本当はヴァイオリンにする予定だったとも)に持ち替えたという逸話が残っている。理由はどうあれ、結果としてこのフルートがイアンと『ジェスロ・タル』の音楽を決定づけることになる。 そのうちに『ジェスロ・タル』は頻繁にメンバーチェンジが起こるようになり、リーダー的立場であったイアンもソロ活動をしたり、一時は音楽活動から離れたりもした。復帰後も「笛吹き」は変わらず、現在まで活動を続けている。

イアンアンダーソンの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

イアン・アンダーソン Live情報

イアン・アンダーソンのライブの魅力を徹底解剖

イアン・アンダーソンの吹くフルートは、クラシック音楽でのフルートの音よりもあっさりしており、フラッター(巻き舌を使う奏法)を多く使っている。これによる独特の音色や土臭さのあるメロディーラインのために、イアンの音楽はロックなのにどこか民族的な雰囲気が漂う。しかし全体としてのサウンドは比較的ハードなので、初めて聞く人はその面白いギャップに驚くかもしれない。

イアン・アンダーソンのライブステージはシンプルだ。バンドメンバーの熱い演奏以外にステージを飾るものは特にない。イアンはステージ上をエネルギッシュに動き回り、ボーカルとフルート、たまにはギターを弾く姿も見せてくれる。 2013年に久し振りの来日公演を果たした。新アルバムをそのまま再現するセットリストで、チケットの売れ行きは好評だったようだ。日本での知名度はそれほど高くはないが、熱心なファンがついている。まだ知らない人も、特にプログレッシブ・ロックが好きな人ならばイアン・アンダーソンのチケットを買う価値はあるだろう。

イアンアンダーソンが好きな方はこんなチケットもおすすめ