ラッパーでありシンガーソングライターであるKREVA(クレバ)は、ヒップホップ、及び日本語ラップの中では頂点を極めたと言っても過言ではない名誉を獲得し、トップクラスのパフォーマンスを各所で披露している。KICK THE CAN CREW時代からKREVA (クレバ)の作曲・作詞センスはずば抜けており、独自の世界観をシンプルに伝えていくフレーズチョイスは、老若男女に支持されている最大の理由なのかもしれない。ヒップホップは日本においてはなかなか馴染みにくいものがあるが、同業界では従来ほとんど見られなかったカラオケヴァージョンをCDにいれており、ヒップホップを多くの層に聴いてもらいたいというKREVA (クレバ)自身の願いのようなものもの伝わってくる。

KREVA(クレバ)の日程

1,134人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

KREVAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/25 06:00更新)

KREVA (クレバ)について

旅するアーティスト、KREVA (クレバ)のライブの魅力とは

KREVA (クレバ)は、2004年リリースしたシングルCD「音色」でデビューを果たしたシンガーソングライター兼ラッパー、音楽プロデューサー。デビュー以前はFUNKY GRAMMAR UNITのメンバーとして活動を行っていたがデビューと同時に本格的なソロ活動を開始。2006年にはアルバム「愛・自分博」をリリースし、邦楽ヒップホップソロアーティストとして史上初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得し一気に話題を集めた。

また、逗子フェスをはじめ、多くのイベントに招待される他、「908(クレバ)の日」として、9月8日に大物アーティストを多数集め、908FESTIVALという自身のイベントも行っている。過去の出演者は、三浦大知、赤い公園、AKLO、Mummy-D、そしてお笑い芸人の渡辺直美など実に多彩なメンバーが勢揃いする。

KREVA (クレバ)は、超人気アーティストなだけにライブを行えばチケットは即完売。ライブは熱狂的なファンであってもなかなかチケットが手に入らない、超プレミアムなビッグコンテンツと化している。KREVA (クレバ)のライブ情報には常にアンテナを張り続けることをオススメする。

KREVA(クレバ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ