HILCRHYME(ヒルクライム)は、2009年に「純也と真菜実」でメジャーデビュー。セカンドシングル「春夏秋冬」が若年層を中心に大ヒット。ムーブメントを巻き起こした2人組ヒップホップユニット。新潟出身だが、レコード大賞の新人賞を受賞するまでの長い下積みで全国に多くのファンを獲得した。インディーズ時代からライブでは高パフォーマンスを見せていることからチケットの売れ行きも良く、インディーズラストのライブでは新潟LOTSを超満員にした。無名時代にニュースキャスターの皆藤愛子をプロモーションビデオに起用するなどして、積極的なキャンペーンを打ってきたヒルクライムだが、曲自体もストレートな歌詞と高い歌唱力で、ヒップホップ界内外からも非常に評価が高い。

HILCRHYME(ヒルクライム)の日程

725人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

HILCRHYMEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

HILCRHYME (ヒルクライム)について

HILCRHYME(ヒルクライム)のライブの魅力を徹底紹介

HILCRHYME(ヒルクライム)は、2001年に仲間の紹介でメンバーそれぞれがMCとDJとしてイベントに参加した事がきっかけとなり、2004年にHilcrhymeが結成され、音楽活動を始めました。新潟の音楽イベントを中心にラップユニットとして出演を重ね、2007年のワンマンライブでは定員300人に対し400人分のチケットが売られ、この頃から高い集客を見せるほど地元では人気を得ていました。

2009年3月に地元・新潟LOTSで開催されたインディーズとしてのラストライブでは、満員である600人分のチケットを完売させ、2009年にメジャーデビューし、セカンドシングル「春夏秋冬」をリリースすると、歌の情緒的な歌詞やメロディーが人気となり、瞬く間に着メロやオリコンランキングで1位となりました。各ランキングでは30冠を達成し、日本全国にヒルクライムが知られることになりました。『ミュージックステーション』に初出演した際には、反響の大きさから、一週挟んで再出演を果たす事になり、第51回日本レコード大賞の新人賞を受賞するほどの人気を得ました。

HILCRHYME(ヒルクライム)が好きな方はこんなチケットもおすすめ