Aqua Timezは、2005年インディーズ時代に「等身大のラブソング」が話題を呼び、2006年メジャーデビュー。以降、数々のヒットを飛ばしている。ボーカル太志の個性的な声と、その歌詞が際立つメロディ。彼らの魅力は言葉とメロディの見事なマッチングだ。希望にあふれた色彩感や、不安は不安として表現し、その混沌の中にある強さや希望を、研ぎ澄ました言葉を練り上げ、その言葉を深く色づけるサウンドには。いつも瞬時に心を捉えられる。

アクアタイムズ(Aqua Timez)の日程

596人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アクアタイムズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

Aqua Timez (アクアタイムズ)について

ボーカルの高音が心地良い、Aqua Timez(アクアタイムズ)のライブの魅力を徹底紹介

Aqua Timez(アクアタイムズ)というバンド名は、その当時発行されていた情報誌から、「〜Timez」という名前を取り、また「Aqua」の部分には、特に意味はないと言われています。

2005年に、インディーズでミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』をリリースし、デビューしました。その後2006年にはメジャーデビューしましたが、アクアタイムズはファーストシングルの「決意の朝に」がヒットしたことで、その年には早くも紅白歌合戦へ出場したほど実力があるバンドです。

その為、早い時期からライブのチケットも売れており、2011年のライブには、日本全国を回る全25公演ツアーを開催しています。このツアーの最終公演では、アクアタイムズ初の日本武道館公演を行い、その後は年々チケットを求める人も増えています。アクアタイムズの魅力は、ボーカルの心地よい高音と、親しみやすいポップな音楽です。またポジティブな歌詞も魅力で、特に10代の若者から人気を集めています。

アクアタイムズ(Aqua Timez)が好きな方はこんなチケットもおすすめ