レ・ミゼラブルは、ヴィクトル・ユゴー原作の同名小説が原作のロンドンで誕生したミュージカル。2013年に日本で上演された“新演出版”「レ・ミゼラブル」。8ヶ月間のロングラン公演を行い、折しも映画版の大ヒットとの相乗効果もあり、日本全国に"レミゼ"現象を巻き起こした。雑誌「ミュージカル」における2013年ミュージカル・ベストテン「第1位」、「第39回 菊田一夫演劇賞」2013年度演劇大賞を受賞するなど興行的にも評価としても大成功を収め、帝劇凱旋公演の千穐楽カーテンコールで早くも2017年5月に再演が発表された。そして2017年5月、日本初演30周年記念公演となる「レ・ミゼラブル」では、新たなキャストが加わり帝劇に帰ってきた。再びあの感動と興奮を味わってみてはいかがだろうか。

レ・ミゼラブルの日程

9,896人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

レ・ミゼラブルの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

レ・ミゼラブルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 18:00更新)

レ・ミゼラブルについて

レ・ミゼラブルとは

1985年のロンドン初演を皮切りに、日本では1987年6月に帝国劇場で初演を迎え、以来熱狂的な支持を得ながら、東宝演劇史上最多の2,817回という驚異的な上演回数を積み上げるに至る。全世界での観客総数も6,500万人を突破。世界の演劇史を代表する作品の一つであることはもはや誰しも疑うことができないだろう。

2012年12月には、ミュージカル版をベースとした映画版「レ・ミゼラブル」が公開され、全世界で大ヒットを記録。日本国内でも興行収入58.9億円の大ヒットを記録、米国ゴールデングローブ賞3部門受賞、米国アカデミー賞3部門受賞、日本アカデミー賞外国映画賞受賞など、興行的にも評価的にも大成功を収めたのは記憶に新しい。2013年4月、新演出版「レ・ミゼラブル」が日本初演を迎えた。4月~7月の帝劇公演を皮切りに、8月の福岡公演、9月の大阪公演、10月の名古屋公演、そして、11月の帝劇凱旋公演と、8ヶ月間の日本縦断ロングラン公演は、折しも映画版の大ヒットとの相乗効果もあり、日本全国に「レ・ミゼラブル」現象を巻き起こした。

そして2017年5月、日本初演30周年記念公演「レ・ミゼラブル」は、新たなキャストも加わり帝劇で再演。さらには、8月から福岡公演、9月から大阪公演、9、10月から名古屋公演が決定し、新たな”レミゼ旋風”を日本全国に再び巻き起こしている。絶対見逃せないこの公演、チケットは売り切れ必須。チケットをゲットしてみる価値あり。

レ・ミゼラブルが好きな方はこんなチケットもおすすめ