マイ・フェア・レディはイギリス発のヒットミュージカルである。元となっているMy Fair Ladyはジョージ・バーナード・ショーの戯曲「Pygmalion(ピグマリオン)」をもとにしたミュージカルである。ヒロインのイライザ役はジュリー・アンドリュース主演で1956年に上演され、1964年にはオードリー・ヘップバーンが主演で映画化された。日本では東宝が手がけ1963年以降上演され続けている。マイ・フェア・レディは1990年以降大地真央が長くイライザ役を務めてきたが、2010年に引退。2013年の公演からはイライザはWキャストで霧矢大夢と真飛 聖が主演し、2016年の7月から東京、大阪、名古屋で予定されている公演も同じWヒロインの予定だ。ヒギンズ教授役は寺脇康文、フレディ役に水田航生など。

マイ・フェア・レディの日程

371人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

マイ・フェア・レディの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マイ・フェア・レディのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

マイ・フェア・レディ について

マイ・フェア・レディ の魅力とは

マイ・フェア・レディはイギリス発のミュージカルである。日本では1963年から東宝が手がけて東京宝塚劇場で、日本初のブロードウェイミュージカルとして上演されて以来再演され続けている。

ジョージ・バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」をもとに作られた作品でイギリスの階級社会が取り上げられている。貧しい花売りのヒロイン、イライザが音声学者のヒギンス教授とピッカリング大佐の賭けにより淑女に仕立てあげられるというストーリーだ。イギリスのロンドンの東側にあるイーストエンド地区の「コックニー」と呼ばれる訛りを綺麗なイギリス英語に矯正させるためのドタバタ劇と登場人物の恋愛模様が描かれている。

マイ・フェア・レディは2016年7月10日から8月7日まで東京の東京芸術劇場、8月13日から14日まで名古屋、愛知県芸術劇場、8月20日から22日まで大阪、梅田芸術劇場で上演される予定である。脚本と歌詞はアラン・ジェイ・ラーナー、音楽はフレデリック・ロウが手掛ける。ヒロインのイライザ役がWキャストで霧矢大夢、真飛 聖、ヒギンズ教授が寺脇康文、ピッカリング大佐が田山涼成、ドゥーリトルに松尾貴史、ピアス夫人に寿ひずる、フレディに水田航生、アインスフォード・ヒル夫人に麻生かほ里、ヒギンズの母に高橋惠子。

マイ・フェア・レディが好きな方はこんなチケットもおすすめ