「新国立劇場演劇 ヘンリー四世」は、ウィリアム・シェイクスピア原作の歴史劇である。ヘンリー四世と、その息子であるハル王子、後のヘンリー五世の世代に焦点を当てた物語だ。劇中では、シェイクスピアの作品の中で絶大な人気を誇る人物、フォールスタッフが登場することでも有名である。今回上演されるヘンリー四世は、2009年の「ヘンリー六世」、2012年の「リチャード三世」に引き続き、同じキャストとスタッフで上演する新国立劇場のシリーズ企画だ。演出を手掛けるのは、本シリーズには欠かせない鵜山仁が今作も担当する。そして、過去シリーズ全作に出演している浦井健治がハル王子役、ホットスパー役を岡本健一が演じる。また、フォールスタッフ役に佐藤B作、シャロー役にラサール石井とシリーズを盛り上げるべく新たな出演者が決定した。人間の喜怒哀楽や人間の生きる姿、美しい言葉で表現されるシェイクスピアの世界観を大いに味わうことができる作品だ。

ヘンリー四世の日程

144人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヘンリー四世のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

ヘンリー四世について

ヘンリー四世の魅力とは

ウィリアム・シェイクスピア原作である「ヘンリー四世」は第一部、第二部と二部作に及ぶ物語で、リチャード二世、ヘンリー四世 第一部・第二部、ヘンリー五世、ヘンリー六世の作品を合わせた四部作に続く歴史劇の大作である。シェイクスピアの歴史劇では、中世イングランドの歴史で実在した王たちを主人公に物語が展開していく。

「ヘンリー四世」は、ヘンリー六世の祖父ヘンリー四世と、その息子であるヘンリー六世の父、後のヘンリー五世の世代に焦点を当てた物語だ。また劇中には、シェイクスピアが創作した人物で、全作品中で最も人気を誇る人物、フォールスタッフが活躍することでも有名である。大酒飲みで強欲で臆病者、たまに真理を鋭くついた言葉を吐き、憎めない人物として上演当初から今に至るまで多くのファンに愛されている。善や悪など、あらゆる人間の価値観が見られシリアスな心理描写が印象的だが、人間の喜怒哀楽が物語の中で巧みに描かれており深みのある作品になっている。

この作品は今までに、演出家・蜷川幸雄による彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾にて2013年に、フォールスタッフ役に吉田鋼太郎、ハル王子役に松坂桃李によって上演されている。そして2016年には、新国立劇場のシリーズ企画第三作目の上演として、過去シリーズより手掛ける演出家・鵜山仁が演出を担当する。キャストは、同じく過去シリーズより出演している浦井健治がハル王子役、ホットスパー役を岡本健一が演じる。また、本シリーズより初出演となるフォールスタッフ役に佐藤B作の出演が決定した。
シェイクスピアの豊かな感性と才能により生み出された歴史劇は、いろいろな人生を味わうことのできる作品となっている。

ヘンリー四世が好きな方はこんなチケットもおすすめ