綾小路きみまろは、落語協会会員の漫談家です。ジャンルは毒舌漫談に属すが中高年の特徴にスポットを当てた独自のスタイルを擁立している。最初は司会者を目指して上京、その後紆余曲折ありながらも1979年日劇より漫談でデビューするも長い下積みを経る。2002年『中高年に愛をこめて』のアルバムで脚光を浴び、その後ゴールデン・アロー賞や日本レコード大賞なども受賞。綾小路きみまろは今や押しも押されもしない不動の地位を築いている。

綾小路きみまろの日程

619人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

綾小路きみまろのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

綾小路きみまろについて

綾小路きみまろの芸風は立川談志、上岡龍太郎、ビートたけし、毒蝮三太夫等によって確立された「毒舌漫談」というジャンル。とくに中高年世代が持つ人生の悲哀を独自のユーモラスたっぷりに語るのが特徴で、とりわけ中高年に人気が高い。そのため「中高年のアイドル」とも言われている。しかしきみまろの人気は中高年に留まらず、80・90歳を超えたお客さんもライブに訪れる。

1969年司会者を目指す為上京し、長い下積み時代を経て2002年の「爆笑スーパーライブ第一弾!中高年に愛をこめて…」のリリースによって注目を浴びる。2014年にはテレビ大阪『綾小路きみまろの人生ひまつぶし』で初のレギュラー冠番組の司会になり、現在は日本の司会者統括団体である『日本司会芸能協会』の理事も務めている。

きみまろのステージ上のファッションはカツラと扇子、背広に燕尾服。入場では「ようこそいらっしゃいました、御元気でしょうか」、「気力の無い拍手を頂き、誠に有難うございます」とお客さんに挨拶し、最後は必ず「一言多かった事を心からお詫び申し上げます」と締めくくる。ステージやホールのみならず、老人ホームや刑務所でもライブをした事があるという。

綾小路きみまろが好きな方はこんなチケットもおすすめ