甲斐バンドは、1974年デビューのロックバンド。甲斐よしひろ、大森信和、長岡和弘、松藤英男の4人で結成されたこのバンドは、名前が決まらない状態での仮名がそのままバンド名となった。当時の日本では珍しいロックバンドでエモーショナルな「HERO(ヒーローになる時、それは今)」や切ないバラードの「安奈」等は話題を呼び大ヒット。ボーカルの甲斐が作り上げる独自の世界観から綴られる歌詞と、骨太なサウンドが魅力であったが惜しまれながら1986年に解散。しかし、2009年には待望の再結成を果たし、アルバムのリリースとツアー開催。再結成をして、さらにパワフルになったと言われる甲斐バンド。新たな魅力に目が離せない。

甲斐バンド(甲斐よしひろ)の日程

195人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

甲斐バンド(甲斐よしひろ)の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

甲斐バンド(甲斐よしひろ)のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

甲斐バンド とは

甲斐バンドの魅力について

甲斐バンドとは、1974年にデビューしたロックバンドである。

ボーカルの甲斐よしひろ、ギターの大森信和、ドラムスの松藤英男、ギターの田中一郎という4人で結成されたこのバンドは、仮のバンド名がそのままバンド名になる形となった。

「九州最後のスーパースター」というキャッチフレーズの元、1974年にシングル「バス通り」でデビューを果たす。ボーカル甲斐が織り成す独特な世界観や、ビートに乗せた歌詞は当時主流ではなかったロックというジャンルを、音楽業界で台頭させた。いわば日本のJ-ROCKシーンにおける先駆者ともいえよう。翌年1975年にセカンドシングル「裏切りの街角」をリリースすると、75万枚もを売り上げるロングセラー曲となり、同年の第8回日本有線大賞優秀新人賞を受賞した。しかし、その後1986年には多忙になったことや、メンバーを取り囲む環境の変化が一因となり、惜しまれつつも解散。復活するのはそれから23年後の2009年のことであった。

現在60歳を超える甲斐よしひろは、さらにパワフルになったサウンドを携えて定期的にバンド活動を行っている。ロックの草分人、甲斐バンドの新しい魅力に目が離せない。

甲斐バンド(甲斐よしひろ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ