日本フィルハーモニー交響楽団、通称日本フィルは1956年に創立された「市民とともに歩むオーケストラ」、「人・音楽・自然」をテーマとして東京都を中心に活動をしているオーケストラ集団である。創立当初より幅広いレパートリーと斬新な演奏スタイルで、ドイツ・オーストリア系を中心としていた当時の楽壇に新風を吹き込み、大きなセンセーションを巻き起こした。現在は指揮者陣に、世界各地で活躍の場を広げ注目を集めるピエタリ・インキネン、ロシアを代表する指揮者の1人アレクサンドル・ラザレフ、東京藝術大学、東京音楽大学およびリスト音楽院名誉教授の小林研一郎などそうそうたるメンツを迎え日本フィルの活躍の場を広げている。創業から60年を越えてもなお進化を続ける日本フィルの演奏をぜひ1度ご覧いただきたい。

日本フィルハーモニー交響楽団の日程

849人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日本フィルハーモニー交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/30 06:00更新)

日本フィルハーモニー交響楽団について

日本フィルハーモニー交響楽団の魅力とは

日本フィルハーモニー交響楽団とは、初代常任指揮者を務めた渡邉曉雄を中心に1956年に創設されたオーケストラ集団である。通称「日本フィル」、「日フィル」。日本フィルは音楽を通じて様々な人と繋がり、豊かな社会を実現する担い手となることを願い、「オーケストラ・コンサート」、「エデュケーション・プログラム」、「リージョナル・アクティビティ」という3つの柱で活動を行い、音楽を通じて文化を発信している。

「オーケストラ・コンサート」では、実力ある指揮者陣を迎え、東京、横浜、埼玉、相模大野で例年150回前後の定期演奏会を開催している。「エデュケーション・プログラム」では、未来を担う子供たちを対象に、オーケストラ音楽との出会いを広げる夏休みコンサートや音楽創造ワークショップなどを行っている。「リージョナル・アクティビティ」では、全国各地で地域との協働を実現するため、音楽を通じてボランティア活動や地域文化の発展に寄与している。これら3つの柱を中心として、日本フィルは様々な人達が音楽を通して豊かさを手に入れるための活動を森に例え、森の中で世代を超えた様々な循環が行われるよう働きかけている。

音楽を通して様々な活動を続ける日本フィルの今後の活躍に期待が寄せられる。

日本フィルハーモニー交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ