カーネーションは1983年に結成されたロックバンドである。メンバーは鈴木惣一朗とのユニットSoggy Cheeriosでの活動やプロデュースなども手掛ける直枝政広(Vo./Gt.)、グランドファーザーズとしても活躍する大田 譲(Ba.)の2人だ。1981年に直枝を中心にバンド「耳鼻咽喉科」を結成すると、1983年に現在の「カーネーション」に改名している。翌1984年にシングル「夜の煙突」でナゴムレコードからデビューを飾った。2016年もアルバム「Multimodal Sentiment」の発売を記念して全国8か所を周るリリースツアー「Multimodal Setiment release tour 2016-2017」を開催。ファンの注目を集めている。

カーネーションの日程

1人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

カーネーションについて

カーネーションの魅力とは

1983年に結成されたロックバンド カーネーション。1981年に直枝を中心にバンド「耳鼻咽喉科」を結成すると、1983年に現在の「カーネーション」に改名。翌1984年にシングル「夜の煙突」でナゴムレコードからデビューを飾った。
1988年には徳間ジャパンよりメジャーを果たすと、当時大人気であった森高千里のバックバンドに参加した。彼女の4thアルバム「非実力派宣言」では南 沙織のカバー曲「17歳」を直枝政広が編曲した「17歳 ~カーネーションバージョン~」を収録。更に「夜の煙突」のカバーも納められている。この森高千里が歌う「夜の煙突」はライブにおいて最も盛り上がる曲としてファンの間では知られており、このPVにはカーネーションも出演している。
1994年にはコロムビアレコードに移籍し、5thアルバム「EDO RIVER」をリリース。1997年には初となる渋谷公会堂でのライブを開催し成功を納めている。結成30周年の記念となる2013年には、カーネーション・トリビュート・アルバム「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」をリリース。森高千里や岡村靖幸、曽我部恵一ら総勢14組のアーティストが参加し話題となった。

カーネーションが好きな方はこんなチケットもおすすめ