ボーカルのコムアイを中心に、サウンドプロデュースにKenmochi Hidefumi、その他、何でも屋的な存在のDir.Fという編成で、活動の拠点である下北沢の他、様々な音楽フェスティバルで独特のパフォーマンスで、今音楽ファンの間で話題を集めている音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」。メロウで耳に心地よいクールなエレクトロ・サウンドと、コムアイの独特の世界観のリリックによる楽曲の数々は中毒性が高く、YouTubeやTwitterなどを通じて多くの音楽ファンによって拡散し、音楽フェスでも多くのファンが押し寄せるほどの存在感を見せている。

水曜日のカンパネラの日程

1,805人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

水曜日のカンパネラのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 06:00更新)

水曜日のカンパネラについて

水曜日のカンパネラの魅力とは

水曜日のカンパネラは、主演・歌唱担当のコムアイと、ケンモチヒデフミ、Dir.Fからなる音楽ユニットである。2012年に結成され、デモ音源「オズ」「空海」をYouTubeに配信し活動を始めた。ステージングはコムアイが単体で務め、その奇抜なパフォーマンスで大きな注目を浴びている。水曜日のカンパネラというユニット名は「水曜日に打ち合わせが多かったから」という理由と、その他いろいろな理由から決定したと言われている。2015年にはCM「ヤフオク!」に出演したことで知名度がさらに上昇し、ワンマンツアーもチケット完売が相次いだ。

彼女たちの一番の魅力は、何と言っても個性的なライブパフォーマンスだろう。コムアイの暴走気味のパフォーマンスや、会場のオーディエンスを引き寄せる求心力は圧倒的である。彼女の予測不可能なライブからは、特別なアーティストだけがもつカリスマ性を感じさせる。「クロールと逆上がり」や「桃太郎」「千利休」「マリー・アントワネット」など独特のタイトルの楽曲は、音楽チャートでも上位にランクインしている。2016年にはメジャーデビューを果たしており、ますます彼女たちの勢いは止まらない。水曜日のカンパネラの中毒性のある楽曲は、一度聴いたらやめられなくなること間違いなしだ。

水曜日のカンパネラが好きな方はこんなチケットもおすすめ