カミーユ・ボワテルは現代サーカスにおいて異端児と称されるアーティストである。フランスで「ヌーヴォー・シルク」と呼ばれる現代サーカスは日本のサーカスとは違い大人を対象とした芸術だ。カミーユ・ボワテルはその身体能力はもちろんのこと、常識を覆すパフォーマンスと可能性の追求で国内外にて高く評価されている。幼い頃は家族3人で車中生活をしながらストリートパフォーマンスの技を磨いていたカミーユ。その後、チャップリンの孫でヌーヴォー・シルクとコンテンポラリーダンスの融合で活躍していた演出家ジェームズ・ティエレと出会い自分の作品を作ることとなっていった。2002年、カミーユ・ボワテルはヨーロッパの優れたアーティストを奨励する第1回「サーカスの若き才能」コンクールで優勝を果たしている。

カミーユ・ボワテルの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

カミーユ・ボワテルについて

カミーユ・ボワテルとは

現代サーカスにおいて異端児と称されるカミーユ・ボワテル。フランスで「ヌーヴォー・シルク」と呼ばれる現代サーカスは日本のサーカスとは違い、独特のアート芸術として発展を遂げた大人を対象とした分野だ。カミーユ・ボワテルは幼い頃から培った身体能力はもちろんのこと、常識を覆すパフォーマンスと可能性の追求で高く評価されている。

チャップリンの孫でヌーヴォー・シルクとコンテンポラリーダンスの融合で活躍していた演出家ジェームズ・ティエレと出会い、その才能を開花させていった。
2003年には自身初のソロ作品「ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'homme de Hus」を発表。テアトル・ドゥ・ラ・シテ・アンテルナショナルがサポートしたこの作品はフランスで上演されるやいなや大きな評判を呼び話題となった。
その後、カミーユ・ボワテルは京都にも滞在。この時に「リメディア」の構想を得て、フランス有数のフェスティバルMIMOSにて最優秀賞を受賞、2014年には日本で上演している。

2016年、再来日し「ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'homme de Hus」を上演。彼の原点とも言える作品の日本公演に期待が寄せられている。

カミーユ・ボワテルが好きな方はこんなチケットもおすすめ