365000の空に浮かぶ月にいく前知りたい!本多劇場座席表特集!

劇団UNIT 乱-run-365000の空に浮かぶ月が本多劇場で開催されます。すべて、本多劇場になります。今回はまだ観覧に行かれたことのない人のために、本多劇場の座席表についてご紹介したいと思います。

劇団UNIT 乱-run-365000の空に浮かぶ月が本多劇場で開催されます。

開催日程はこちらになります。

  • 2014/12/31 (水) 19:00 (東京)
  • 2015/01/02 (金) 14:00 (東京)
  • 2015/01/02 (金) 18:00 (東京)
  • 2015/01/03 (土) 14:00 (東京)
  • 2015/01/03 (土) 18:00 (東京)
  • 2015/01/04 (日) 14:00 (東京)
  • 2015/01/05 (月) 19:00 (東京)
  • 2015/01/06 (火) 14:00 (東京)

すべて、本多劇場になります。今回はまだ観覧に行かれたことのない人のために、本多劇場の座席表についてご紹介したいと思います。365000の空に浮かぶ月を見に行かれる方も、本多劇場に御用の方も、芝居好きの方も、ぜひご覧ください。

本多劇場へのアクセス、365000の空に浮かぶ月の座席表①

本多劇場は、一等地である下北沢にあります。住所は東京都世田谷区北沢2-10-15となっています。小田急線の下北沢駅から徒歩5分程度でつきますので、駅からは非常に近いです。

文化の町らしく、近くには本多劇場グループの劇場がいくつかあります。ここでは、本多劇場そのものについてお伝えしようと思います。

本多劇場は、舞台を前面にし、縦がA~Qまでの17行、横が最大24列となっています。座席は入れ子にはなっていませんが、全体が斜めになっていて後ろの座席のほうが高いという形状になっていますので、舞台全体を楽しみたい方は後部座席、役者さんの息づかいを感じたい方は前のほうの座席をおすすめいたします。

365000の空に浮かぶ月の座席表②

本多劇場は小さな小屋ですが、映画館と同様で、中央の座席のほかに、両端の通路を挟んで、4席ほどのブロックもあります。ですので、極小声での会話を楽しみたいカップル、一人で静かに見たい人などは、こちらの座席をおすすめいたしますよ。

私も本多劇場ユーザーですが、この通路の4列はオススメです!映画館でもこの端の4列になるべく座るようにしているのですが、われながら通だなと思っております。また、全体が傾斜になっておりますので、前の人の頭を気にせずに観覧することが出来るのですが、どうしても後ろのほうだと役者さんが小さくなってしまいます。

細かな表情、息づかい、変化などを確認したい場合は、前のほうの座席をお勧めいたします。前列の中央などは、やはり競争率が高くなってしまいますが、なんとしてでも良席を取っていただきたいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。