シアタークリエへのアクセス順路をお教えします!気になるキャパや座席からの見え方、クローク、ロッカー、トイレは?周辺施設・ホテル情報まとめ

日本のブロードウェイとも称される日比谷の小ぶりな劇場シアタークリエ。徒歩圏内には帝国劇場、日生劇場、東京宝塚劇場、国際フォーラムと大劇場が多い日比谷に、唯一存在する1000席以下の劇場です。広すぎず狭すぎない絶妙な大きさに、ゆったりとした座席は快適さを兼ね備えています。そんなシアタークリエへ初めていく方も安心のアクセス方法、キャパと座席の見え方、クロークやロッカー、トイレ情報。周辺施設やホテルなどのお役立ち情報を集めました。シアタークリエで観劇の前にぜひご参考ください。

日本のブロードウェイ・日比谷に存在する唯一の小劇場シアタークリエ

日本のブロードウェイとも称される一帯で、小ぶりな劇場シアタークリエ。徒歩圏内には帝国劇場、日生劇場、東京宝塚劇場、国際フォーラムと大劇場が多い日比谷に、唯一存在する1000席以下の劇場です。広すぎず狭すぎない絶妙な大きさに、ゆったりとした座席は快適さを兼ね備えています。そんなシアタークリエへ初めていく方も安心のアクセス方法、キャパと座席の見え方、周辺情報を集めました。シアタークリエで観劇の前にぜひご参考ください。

シアタークリエへのアクセス方法!道順も合わせて説明

地下鉄「日比谷駅」「有楽町駅」 A13出口 徒歩2分/A5 出口 徒歩3分

地下でつながっている「日比谷駅」と「有楽町駅」はどの線を使うかによって最寄りの出口が異なります。
東京メトロ千代田線を利用の際はA13出口は日生劇場の前に出るので、左折し東京宝塚劇場方面へそのまま直進すればたどり着きます。
東京メトロ日比谷線近くのA5出口はビル内に通じている為、1階から1度外へ出て、スターバックスを左手に直進します。

東京メトロ有楽町線、都営三田線からは少し離れており、階段の上り下りがあります。出口までたどり着くのにプラス5分を見込んでおきましょう。

地下鉄「銀座駅」C1出口 徒歩5分

東京メトロ丸の内線、銀座線の通う「銀座駅」C1出口は晴海通り沿いです。大通りを高架下へ抜けて直進し、角のセブンイレブンを左折するだけ。高架下にある居酒屋の間の小道を抜ければショートカットも可能です。

JR「有楽町駅」 日比谷口 徒歩7分

JR日比谷口を降りたら向かって左手の高架に沿って歩くと、晴海通りという大通りに突き当たります。
横断歩道をカラオケビックエコー側へ渡り右折、角のセブンイレブンを左折をすればあとは直進するのみです。

初めての方は道に迷うことが多いシアタークリエ。時間に余裕をもって行くことをおすすめします。

駐車場

シアタークリエ専用の駐車場はありません。
シアタークリエから徒歩3分の距離に、東宝ツインタワーの地下駐車場があります。煙突のような円柱が2本並んでいるのが目印の建物です。

営業時間は8時~23時、料金は30分250円です。観劇当日のチケット半券持参すると、1時間無料サービスを受けられます。

シアタークリエのキャパ、座席の見え方

ボックス席6席、車いす席2席を合わせて609席とミュージカルが上演される劇場としては小さめのキャパシティです。補助席は7席用意されており、当日券や当日引換券として販売されることもあります。
ボックス席のみ異なるフロアですが、ゆったりとした座席とワンフロアは映画館を彷彿とさせる快適さです。

座席は全席指定で10,000円前後に設定される事が多いですが、S席・A席と別の値段が設定されることもあります。

客席とステージの距離が近く、6列目からは傾斜もあり前の座席とは互い違いになっています。目が良い方は最後列でもオペラグラスなしで十分楽しめる距離感です。

シアタークリエのフロアサービス

クローク

1階エントランス右手の受付にて、無料ロッカーに入らない大きな荷物を預けることができます。客席階に行く前に預けるので忘れないように注意しましょう。

ロッカー

無料ロッカーは1階エントランス右手奥です。入ってすぐ右手にある受付のさらに奥、入口からは見えない死角の位置にあります。

トイレ

婦人用トイレは座席後方と1階受付側の2か所にあります。客席階は個室が18個あり下手側が入口、上手側が出口の一方通行です。列は下手を先頭に上手側が最後尾となるように形成されます。1階は無料ロッカーの奥に個室が4個です。
紳士用トイレは客席階上手側に1か所、車いす用トイレは地下1階ボックス席入口から見て左手にあります。

商業施設の日比谷シャンテともつながっているので、そちらのトイレを利用することも可能です。日比谷シャンテに行く際は、必ずチケットを持って出るのをお忘れなく。

 

シアタークリエの周辺施設

日比谷シャンテ

地下2階の座席階から直接入ることができます。日比谷シャンテでは上演中の作品とコラボ企画が目白押しです。

シアタークリエだけでなく、帝国劇場や東京宝塚劇場で上演中の作品の衣装、パネルの展示が常時開催されています。

#朝夏まなと #日比谷シャンテ #宙組 #展示中

A post shared by みっと@Japan (@kermit0226) on

日比谷シャンテ内の飲食店を利用すると、ポストカードやチケットホルダーなどの非売品と引き換えができることも。

カフェシャポーでは、上演作品や主人公をイメージしたケーキを食べることができます。かわいい見た目と裏腹に、とてもボリューミーであると話題に。残念ながら2017年11月末日に閉店してしまいます。

他にもアクセサリーショップ「ノミネーション」にてシアタークリエに出演中の役者さんがデザインしたブレスレットの販売や、観劇当日のチケットを提示すると割引やデザートなどの特典が受けられます。

シアタークリエおすすめ宿泊ホテル

日比谷レム

眠らない街で、眠る。#レム日比谷 #東京

A post shared by @kirokunomori on

天気の悪い日にキャリーケースを引いて歩くのはつらいものです。レム日比谷はシアタークリエの真上にあり、1階エントランスのロッカーコーナーからつながっておりそのまま入ることができます。チェックインして荷物を預けてから夜公演を楽しむことも可能です。

MUJI HOTEL

2019年春にオープン予定のMUJI HOTEL。有楽町駅からシアタークリエと反対側のマロニエゲート銀座2の裏に位置します。シアタークリエからは徒歩8分ほどの距離ですが、無印良品の家具やアメニティグッズが配置される予定です。普段から無印良品を愛用している方は、旅先でも家で過ごすのと変わらずリラックスできることでしょう。

シアタークリエで濃厚な時間を

今日はここ♪( ´▽`) #ふぉ〜ゆ〜 #シアタークリエ #GACHI

A post shared by くろす ちはる (@chihako_ksty) on

600席ほどの小さな劇場のシアタークリエは開演前や終演後も舞台を満喫できるスポット。日比谷シャンテとのコラボは目で見て、舌で味わって、非売品をゲットしてと全身で楽しめます。舞台やテレビで活躍する俳優さんを間近に見られる濃密な空間をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

シアタークリエおすすめ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。