シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』シアタークリエ上演舞台過去作品の代表作まとめ

2017年11月に10周年を迎える東京・日比谷にあるシアタークリエ。その記念公演として、シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』が2018年1月に上演されます。2部構成で上演されるシアタークリエ10周年記念公演『TENTH』。週替わりで内容が変わる第一幕は、1つの舞台作品のダイジェスト上演です。上演されるのは、シアタークリエで上演された舞台の過去作品のうち、代表作といわれている3作品。今回は、『TENTH』で上演される3作品をはじめとした、シアタークリエの代表作と言われる舞台作品をまとめます。

シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』上演決定!

【画像:photoAC

2017年11月に10周年を迎える東京・日比谷にあるシアタークリエ。その記念公演としてシアタークリエ10周年記念公演『TENTH』が2018年1月に上演されます。

2部構成で上演されるシアタークリエ10周年記念公演『TENTH』ですが、週替わりで内容が変わる第一幕は、1つの舞台作品のダイジェスト上演。上演される演目は、シアタークリエで過去に上演された舞台作品のうち、「ネクスト・トゥ・ノーマル」、「ニュー・ブレイン」、「この森で、天使はバスを降りた」の3本です。

今回は、10周年を迎えたシアタークリエとはどのような劇場なのかに加えて、『TENTH』で上演される3作品をはじめとしたシアタークリエの代表作と言われる舞台作品をご紹介します。

シアタークリエ10周年記念公演「TENTH」関連のおススメ記事はこちら

開場10周年を迎えるシアタークリエとは?

多くの劇場が集まる東京の中でも、特に大きな劇場が密集している日比谷。帝国劇場、日生劇場、東京宝塚劇場、東京国際フォーラムなどが立ち並ぶ中で、最も規模の小さい劇場がシアタークリエです。総キャパは600人強。ステージを間近で感じられるサイズ感で、大劇場ではなかなか観ることができない繊細な描写を必要とする舞台作品が数多く上演されています。

10周年を迎えるシアタークリエの代表作は?

今回のシアタークリエ10周年記念コンサート『TENTH』は2部構成。第一幕は週替わりで、シアタークリエの過去作品の中からシアタークリエで日本初演の舞台の幕が上がった3作品のダイジェスト版が上演されます。

『ネクスト・トゥ・ノーマル』

まず最初にご紹介する作品は、2013年9月6日から2013年9月29日まで上演された『ネクスト・トゥ・ノーマル』です。シアタークリエの過去作品の中でも、特に複雑で繊細な心の機微を描いた舞台で、大評判となりました。

『ネクスト・トゥ・ノーマル』の初演は、2008年のオフ・ブロードゥエイ。2009年にはブロードウェイに進出し、高い評価を得ます。トニー賞の他、ピューリッツァー賞戯曲部門も受賞しました。精神疾患、子供の喪失、記憶といった複雑なテーマを扱った作品で、それまでのミュージカルの常識に一石を投じる作品となったのは間違いありません。

【ストーリー】

郊外に住む平凡な一家の主婦のはずのダイアナは双極性障害を患っており、薬物依存状態にあります。ダイアナは亡くした息子の幻影と共に生きていて、娘であるナタリーの存在を受け入れることができません。ダイアナを献身的に支える夫・ダンもまた、何が正解なのかが分からなくなっていました。深い喪失と苦しみを抱えた家族は、再生することができるのでしょうか……?

『ニュー・ブレイン』

2009年3月11日から2009年4月29日まで上演された『ニュー・ブレイン』もまた、新しい感覚のミュージカル作品です。

1998年にオフ・ブロードウェイで上演された『ニュー・ブレイン』。音楽、作詞、共同脚本を手がけたのは、昨年ブロードウェイでリバイバル版が大絶賛された『FALSETTOS』のウィリアム・フィンです。日本版は、劇団四季のスターだった石丸幹二さんが劇団退団後初出演した作品として話題になりました。

【ストーリー】

NYに住む作曲家ゴードンは、ブロードウェイへの進出を目指しながらも、子供番組の仕事で何とか生活している日々。ある日、ゴードンは激しい頭痛に襲われて病院へ運ばれ、開頭手術を受けることになります。

母親や恋人、そして上司などが駆けつけますが、手術を控えたゴードンの脳裏には様々なことが思い浮かんでいきます。ゴードンは手術後も音楽を創り出すことができるのでしょうか……?

『この森で、天使はバスを降りた』

2009年5月5日から2009年5月31日まで上演された『この森で、天使はバスを降りた』は、開幕してから口コミでどんどんと評判が広がっていった作品です。

『この森で、天使はバスを降りた』は同名の映画のミュージカル化作品。2001年にオフブロードウェイで上演されました。淡々とした中に生まれる感情のドラマと、美しい音楽が印象的な名作です。

【ストーリー】

パーシーは仮釈放で刑務所を出所した後、まったく知らない田舎町の小さなレストランで働き始めます。秘密めいた新たな住人に向けられる町の人々の視線に戸惑いながらも、徐々に周囲の人々と心を通わせていくパーシー。しかし、事件が起こってしまいます……。

その他のシアタークリエ過去作品の代表作

シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』第一幕で上演される3作品以外にも、シアタークリエはこれまでに数多くの代表作を上演してきました。

何度も上演されているミュージカル『RENT』や、故・森光子さんの代表作だった『放浪記』、若手俳優を中心に何度も上演されている『宝塚BOYS』などの作品の他、『CLUB SEVEN』シリーズや、『ピアフ』『ダディ・ロング・レッグズ』など数え切れないほどの名作舞台を上演し続けてきたシアタークリエ。これからも多くの名作舞台を上演し続けていってくれることでしょう。

シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』で過去公演を振り返ろう

こけら落としから10周年を迎え、過去公演作の中から3つの作品を上演するシアタークリエ10周年記念公演『TENTH』。

ここでまとめた3作品を以前観た方はもちろん、その評判を耳にしながらも当時観ることができなかったミュージカルファンにとっても、貴重な機会となる今回の『TENTH』。10年の間、良質な舞台を世に送り出し続けてきたシアタークリエの歴史に想いを馳せながら、シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』を楽しみましょう

シアタークリエ10周年記念公演「TENTH」関連のおススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。