劇団四季「サウンドオブミュージック」2018年に札幌公演決定!日程・会場・キャスト一覧など公演概要と見どころをチェック

2018年夏に「サウンドオブミュージック」が上演されます。2010年東京公演以降、大阪、名古屋、福岡の4都市で公演されてきた劇団四季「サウンドオブミュージック」。この度札幌で初めて上演され、劇団四季専用劇場のある5都市制覇となります。劇団四季「サウンドオブミュージック」の日程や会場などの公演概要をまとめました。過去のキャスト一覧、見どころもあわせて確認してみましょう。

劇団四季「サウンドオブミュージック」2018年札幌に初上陸!

2018年夏に「サウンドオブミュージック」が上演されます。2010年東京公演以降、大阪、名古屋、福岡の4都市で公演されてきた劇団四季「サウンドオブミュージック」。この度札幌で初めて上演され、劇団四季専用劇場のある5都市制覇となります。劇団四季「サウンドオブミュージック」の日程や会場などの公演概要をまとめました。過去のキャスト一覧、見どころもあわせて確認してみましょう。

劇団四季「サウンドオブミュージック」あらすじ

#TheSoundofMusic #サウンドオブミュージック #1965 . #アメリカ

A post shared by @rim_831 on

舞台は第二次世界大戦直前のオーストリア。修道院の見習いで問題児のマリアは、修道院長の推薦でトラップ大佐の家の7人の子どもたちの家庭教師になります。早くに母を亡くした子どもたちは軍人の父により軍隊方式の教育を受け、遊ぶことも知らずにいました。マリアとの出会いで歌声の響く明るい家庭に変わっていくトラップ家。しかしトラップ家にナチスの手が…実話を元に描かれたミュージカルです。

劇団四季「サウンドオブミュージック」札幌公演概要

会場:北海道四季劇場

日程:2018年7月7日(土)~2018年10月28日(日)

ロングラン公演が多い劇団四季ですが、「サウンドオブミュージック」札幌公演は3か月の短期公演であることが決定しています。

劇団四季「サウンドオブミュージック」過去キャスト一覧

2017年11月現在、札幌公演のキャストは発表されていません。HPに掲載されている舞台写真をもとに、現在も劇団四季に在籍する過去の出演キャストを振り返ってみましょう。

マリア

江畑晶慧、平田愛咲、鳥原ゆきみ

すでに退団したキャストが多く、「サウンドオブミュージック」HPには2013年参加の江畑晶慧と2015年の平田愛咲の舞台写真が掲載されています。

トラップ大佐

芝清道、深水彰彦、村俊英

2010年初演から2015年東京3回目までキャストを追加することなく続けてきたトラップ大佐。悪役など重役が多いベテランがそろい踏みです。芝清道は2012年以降出演していませんが、人気キャストなだけに戻ってくることが期待されます。

修道院長

秋山知子、原田真理、佐和由梨、織笠里佳子

初演に出演した原田真理、2013年まで出演していた佐和由梨、2015年が初参加の織笠里佳子、そして初演から最新まで長く務める秋山知子が在団しています。

エルザ

西田有希、八重沢真美

2010年初演から出続けている西田有希、2013年以降参加の八重沢真美野2名の候補がいます。

マックス

勅使瓦武志、石波義人、味方隆司

初演から続けている勅使瓦武志はスーパーバイザーも務めています。大阪公演以降、2013年まで勅使瓦1人で演じていたことも。初演に出演していた石波義人、2015年参加の味方隆司も出演の可能性があります。

シュミット

はにべあゆみ、大橋伸予

両者とも初演から変わらずに演じている役です。2015年は大橋伸予1人で全公演を務めました。

フランツ

川地啓友、青山裕次、池田英治、諏訪友靖、南圭一朗、鈴木周

シスター・ベルテ

久居史子、原田真理、佐和由梨、倉斗絢子

シスター・マルガレッタ

矢野侑子、松本菜緒、奥平光紀、大澤ゆかり

シスター・ソフィア

あべゆき、遠藤珠生、山本志織、西浦歌織、土居愛実

ロルフ

飯田達郎、岸佳宏、斎藤洋一郎、小林清孝、小林唯

20代で主演にも抜擢されるようなキャストが選ばれる傾向にあります。劇団四季のネクストブレイク枠とも言えるでしょう。

リーズル

五所真理子、勝田理沙、吉良淑乃、若栄まりえ、井上希美、長谷川彩乃

ロルフと同じく20代のキャストが演じてきました。リーズル役の後に他作品のヒロインとなった人ばかりです。

リーズル以外のフリードリッヒ、ルイーザ、クルト、ブリギッタ、マルタ、グレーテルのトラップ一家の子どもたちはオーディションにて決定します。
書類の応募は2017年12月22日(金)17時締め切り、本選は2081年1月13日(土)・14日(日)にサッポロファクトリーホールにて開催予定です。

劇団四季「サウンドオブミュージック」の見どころは?

誰もが1度は聞いたことのある耳に残る曲

小学校の教科書にも掲載されている「ドレミの歌」「エーデルワイス」、テレビCMでお馴染みとなった「私のお気に入り」などどこかで耳にしたことがあるような名曲の数々が揃っている「サウンドオブミュージック」。「王様と私」や「南太平洋」を手掛けたリチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマスタイン2世作詞の、トニー賞の常連による合作です。

映画にて追加された曲もあり、劇団四季で公演されるのは「オペラ座の怪人」や「CATS」でもお馴染みの、アンドリュー・ロイド・ウェバープロデュースしたバージョンになります。

 毎公演オーディションで決定する子役たち

毎回オーディションで決定する子役たち。2018年5月まで札幌の四季劇場にて上演している「ライオンキング」にもヤングシンバ、ヤングナラの子役が登場します。ネットでは「ライオンキング」に出演している子役が「サウンドオブミュージック」にも出演するのではないかとの予想の声が上がっています。

過去の公演には、やはり「ライオンキング」に出演していた子役が「サウンドオブミュージック」にも出演していたことがあります。

また、劇団四季「アラジン」「ノートルダムの鐘」主演の海宝直人の弟で、現在はジャニーズJr.として活躍する海宝潤も初演時にはフリードリッヒとして出演していました。

劇団四季「サウンドオブミュージック」を見に札幌へ行こう!

2015年の東京公演以来、3年ぶりの上演となる劇団四季「サウンドオブミュージック」。2018年7月~10月の3か月限定で、札幌にて開催されます。誰もが1度は聞いたことのある曲は、初めてミュージカルを見る人でも親しみを持てる作品です。ベテラン俳優、入団間もないフレッシュな俳優、オーディションを勝ち抜いた子役などクオリティの高い配役は、劇団四季通の方も楽しめる作品です。2018年の夏は札幌で避暑を楽しみつつ「サウンドオブミュージック」も一緒にいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。