スーパー歌舞伎2「ワンピース」歌舞伎界若手の期待の星!市川猿之助の代役を務める尾上右近とは?徹底解説!

スーパー歌舞伎「ワンピース」主演 市川猿之助、怪我で降板 ルフィ役に尾上右近が出演。2017年10月、11月の新橋演舞場歌舞伎公演のスーパー歌舞伎2「ワンピース」。10月9日(月・祝)に、主演の市川猿之助が左腕を骨折し、以降の主役を降板することとなりました。そこで抜擢されたのが若手注目株の尾上右近。代役で主演に選ばれた若手歌舞伎俳優、尾上右近とはどんな方なのでしょうか。

スーパー歌舞伎「ワンピース」市川猿之助、怪我で休演ルフィ代役に尾上右近

2017年10月、11月の新橋演舞場歌舞伎公演のスーパー歌舞伎2「ワンピース」。10月9日(月・祝)に、主演の市川猿之助が左腕を骨折し、当面主役を降板することとなりました。そこで抜擢されたのが若手注目株の尾上右近。代役で主演に選ばれた若手歌舞伎俳優、尾上右近とはどんな方なのでしょうか。

 

市川猿之助主演!型にとらわれないスーパー歌舞伎2

市川中車こと香川照之の父、先代の3代目市川猿之助(現・2代目市川猿翁)が始めたスーパー歌舞伎。宙乗り(フライング)や早替え(別の役への早着替え)など、古典歌舞伎の常識を破り現代風演出を加えた歌舞伎を上演する公演です。

2012年、4代目を襲名した市川猿之助がプロデュースするスーパー歌舞伎2が誕生しました。目玉企画の1つに歌舞伎俳優以外のキャスティングがあります。過去には、佐々木蔵之介や福士誠治が客演として出演しました。2017年のスーパー歌舞伎2「ワンピース」再演ではエース、シャンクスの2役で、大河ドラマ「真田丸」の武田勝頼を演じた平岳大が参加します。

 

大ヒット!スーパー歌舞伎2「ワンピース」

2014年、尾田栄一郎の大人気コミック「ワンピース」を歌舞伎で表現した前代未聞の作品です。コミックスの50巻から61巻に相当する「頂上戦争篇」が休憩時間込みで4時間15分の舞台に凝縮されています。原作漫画でも1、2を争う名場面、人気キャラクター・エースの処刑シーンを中心としたストーリーは涙なしには見られません。ド派手な舞台演出は、歌舞伎を良く知らない方や初めて見る方も楽しめる演目です。

 

スーパー歌舞伎2「ワンピース」再演初の試み!特別マチネ「麦わらの挑戦」ルフィ役を演じた尾上右近

注目の若手役者にもっと見せ場を作るとの趣旨で、「麦わらの挑戦」と題した特別公演が目玉企画として設定されました。全78公演のうち、昼の部のみ13公演を若手中心の配役に変更した特別マチネ「麦わらの挑戦」。2014年から麦わら一味ゾロ役の坂東巳之助、同じくサンジ役の中村隼人を筆頭に、若手歌舞伎俳優の登竜門「新春浅草歌舞伎」の面々が名を連ねています。

新キャスト~尾上右近と坂東新悟~

市川猿之助がシャンクスを演じる特別マチネ「麦わらの挑戦」。市川猿之助に変わってルフィとハンコックの2役へ尾上右近が抜擢されました。初演は女形で名高い市川春猿(現在は河合雪之丞に改名)が演じたナミとサンダーソニアの2役は、坂東新悟が挑戦します。
より原作のキャラクターの年齢に近い、フレッシュな新生ルフィとナミは開幕前から注目の的でした。

スーパー歌舞伎2「ワンピース」ルフィ・ハンコック役、尾上右近

ルフィ代役、尾上右近の注目ポイント①~歌舞伎と浄瑠璃の両刀使い~

生年月日は1992年5月28日、6代目尾上菊五郎のひ孫にあたります。曾祖父の6代目尾上菊五郎に憧れて6歳で歌舞伎の初舞台を踏みました。
歌舞伎の伴奏も請け負う江戸浄瑠璃の清元宗家、7代目家元・清元延寿太夫の次男でもあります。2018年2月には父、延寿太夫の前名である清元栄寿太夫の7代目を襲名する予定です。将来的には家元につながる名を継がれることとなります。
歌舞伎俳優として活躍しながら浄瑠璃の太夫も両立という、いまだかつてない所業を成し遂げようとしています。

ルフィ代役、尾上右近の注目ポイント②~踊り、唄、絵画・・・とにかく多才多芸~

尾上右近といえば踊り、と誉れ高い若手歌舞伎俳優きっての踊りの名手です。華のある、切れの良い踊りには子役のころからファンがつくほど高い評価を得ています。特に2017年の二月花形歌舞伎で演じた「連獅子」の子獅子の精には、ネット上での好意的な評価が多数見受けられました。

父・清元延寿太夫の元で幼いころから唄の修行をしてきた尾上右近。清元の特徴とも言える高音を出すことのできる歌声の持ち主です。

数年に1度開催される歌舞伎の祭典では、パンフレットの表紙やオリジナルTシャツのイラストデザインを手がけたこともあります。

こちらの着物の墨絵もご自身で描かれたとのこと。

2017年お笑い芸人ダウンタウンの浜田雅功が司会のバラエティ番組、プレバトに2度出演しました。芸能人がさまざまな分野での才能を競う才能査定ランキングにて、6月1日の放送では俳句と生け花でともに2位と好成績。特に生け花ではその才能を開花させ、假屋崎省吾からも才能ありとのお墨付きを受けました。

ルフィ代役、尾上右近のポイント③~多様な演じ分け~

市川猿之助がルフィ・ハンコックを務める回では、東京初演時にはいなかった追加キャラクターのサディちゃん、マルコの2役を演じていた尾上右近。今公演最多の主要4役を演じ分けています。女形も立ち役もこなすお芝居は細やかで、とても器用な役者です。

ルフィ代役、尾上右近のポイント④~自主公演の主催~

2015年より毎年夏に開催される尾上右近自主公演「研の會」。主催の尾上右近自身が演目等をプロデュースし、1から作り上げています。

「普段、年齢より老けて見られることが多く、自分でも若い役に苦手意識があります」(中略)やりたいものばかりでなく、苦手なことにあえて挑戦していくことも、自分の会だからこそと意気込みを見せました。

(出展;歌舞伎美人より)

チャレンジ精神旺盛な姿勢がファンの心を掴んで離さない理由の1つではないでしょうか。

既に2018年も開催を予定しています。次はどんな役を見せてくれるのか楽しみですね。

 

スーパー歌舞伎「ワンピース」必見!尾上右近のルフィ

主演の市川猿之助が怪我で休演してしまったスーパー歌舞伎2「ワンピース」。当面の公演が全て「麦わらの挑戦」の配役となりました。ルフィ役の尾上右近は、若手でもっとも勢いのある役者の1人です。また、坂東巳之助、中村隼人、坂東新悟たち若手歌舞伎俳優の奮闘する姿が存分に味わえます。若さあふれるスーパー歌舞伎2「ワンピース」と尾上右近から目が離せません。

 

スーパー歌舞伎「ワンピース」おすすめ関連記事

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。