ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は名曲の宝庫!

1992年上映の映画「天使にラブ・ソングを・・・」。その大ヒット映画を基にしたミュージカル「天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜」は映画の曲は全く登場しないものの、数々の名曲が詰まっています。本日はその中でいくつか代表曲をご紹介します。

1992年の大ヒット映画『天使にラブ・ソングを・・・』を基にしたミュージカル『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』は、『リトル・マーメイド』や『アラジン』などディズニーの映画音楽を多数手がけ、アカデミー作曲賞を何度も受賞しているアラン・メンケンが作曲を手がけています。

映画に登場する音楽は一切出てきませんが、耳に残り元気になる名曲がたくさん詰まっているミュージカル『天使にラブ・ソング~シスター・アクト~』。その中でも、いくつかの代表曲をご紹介します。

神様への求愛ソング!『Take Me to Heaven』(天国へ行かせて)

『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は、主人公デロリスがナイト・クラブで熱唱するシーンでスタートします。それが『Take Me to Heaven』です。そして、この曲は命を狙われ修道院に匿われたデロリスが、聖歌隊の指導者となり初めてミサで歌を披露したときにも登場します。

『♪あなたが欲しい我慢の限界』『♪すべてあげる命さえ』といった熱烈な求愛の歌詞が、ミサのシーンでは修道女たちが神への捧げる愛の歌として解釈可能になっていて、ワザあり!と叫びたくなる1曲です。

修道女たちの覚醒の歌『Raise Your Voice(さあ、声を出せ!)』

デロリスが修道女たちに初めて指導するシーンの曲が『Raise Your Voice』です。酷いハーモニーだった聖歌隊のメンバーに正しい発声法を教え、それぞれの個性を見極めて潜在的な力を引き出していくデロリス。特に、おとなしい見習い修道女のメアリー・ロバートが素晴らしい美声を発見する瞬間は、映画同様に強いインパクトと感動を与えてくれます。

ゴスペルの真骨頂!『Sunday Morning Fever(日曜の朝のフィーバー)』『Spread the Love Around(愛を広めよ)』

デロリスの尽力により、斬新で盛り上がるアレンジと見事なハーモニーを聴かせてくれる聖歌隊は評判を呼び、日曜のミサは毎回大入りの満員!教会には多くの寄付金が集まるようになります。『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の醍醐味ともいえるミサでのゴスペルシーンで歌われるのが、『Sunday Morning Fever(日曜の朝のフィーバー)』や『Spread the Love Around(愛を広めよ)』です。

特に、舞台の最後、オールキャストで歌われる『Spread the Love Around(愛を広めよ)』は豪華絢爛で大盛り上がり必至のキラーチューンとなっています。

ソロバラードも必聴!『Sister Act(シスター・アクト)』『The Life I Never Led(私が生きてこなかった人生)』

盛り上がる楽曲が多い『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』ですが、じっくり聴かせるソロバラードも秀逸です。追い詰められたデロリスが、仲間になったシスターたちを思って歌う『Sister Act(シスター・アクト)』は、『♪望みが変わった 与えたい 望まれたいのよ あなたたちに』と、自分中心だった自分がシスターたちと出会って変化した気持ちを切々と歌う感動的なナンバーです。

そして、デロリスに感化されたメアリー・ロバートは、『The Life I Never Led(私が生きてこなかった人生)』で『♪扉は目の前で 私を待ってる その先は分からない 見つけるわ 怖れずに ためらわず踏み出していくわ』と、今までのような受け身の生き方ではなく、自らの意志で人生を歩んでいくことを誓います。

ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』を観に行こう!

ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は名曲揃いのハッピーな作品!

ご紹介した曲以外にも、男性陣が歌うナンバーや修道院長が歌うナンバーなど、まだまだ書き切れない名曲が数多く登場するミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』。耳なじみが良くキャッチーなメロディ、分かりやすいストーリー、パワフルなキャラクターと、元気をもらえる要素がギュギュっと詰まったハッピーなミュージカルです。シスターたちと一緒になって、あなたも熱いひとときを過ごしてみませんか?そんな注目の『シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜』のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。