シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』ってどんな舞台?キャスト・あらすじ・会場などを解説!

トム・ストッパードによる傑作戯曲『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』。『ハムレット』のスピンオフともいえるこの舞台作品は、ストッパード自身の手で映画化もされている人気作です。2017年10月から11月、この『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』がシス・カンパニー公演として上演されることが決定。生田斗真さんと菅田将暉さんら豪華キャストが名を連ね、世田谷パブリックシアターという会場での上演となります。今回は、シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』のあらすじ・キャスト・会場の情報などの舞台情報をまとめます。

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』上演決定!

【画像:フリー素材写真AC

シェイクスピアの名作『ハムレット』の最後、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の一言だけ登場する2人組を主役にした異色の傑作戯曲『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』。突飛な設定とあらすじを持つトム・ストッパードによるこの傑作戯曲は、1966年の初演以来世界中で頻繁に上演されており、1990年にはストッパード自信の手で映画化もされている人気作です。

2017年10月から11月、この舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』が小川絵梨子さん翻訳・演出によってシス・カンパニー公演として上演されることになりました。ローゼンクランツ役とギルデンスターン役を演じるキャストは、それぞれ生田斗真さんと菅田将暉さん。会場は、世田谷パブリックシアターになります。今回は、シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』のあらすじ・キャスト・会場の情報などの舞台情報をまとめます。

シス・カンパニー他のオススメ記事

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』概要

まずは、シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』の公演概要を見てみましょう。

公演日程

2017年10月30日(月)~11月26日(日)

会場

東京都 世田谷パブリックシアター

スタッフなど

作:トム・ストッパード
翻訳・演出:小川絵梨子

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』あらすじは?

『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』とは、一体どのようなストーリーなのでしょうか?簡単なあらすじをご紹介します。

あらすじ

物語の主人公は、ローゼンクランツとギルデンスターンという2人の青年。彼らは、コインの裏表を賭けながら、森の中を進んでいきます。デンマーク国王であるクローディアスに呼び寄せられたからです。

クローディアスの甥であり、彼らの友人である王子ハムレットが正気を失ったのかどうかを確かめろというのが、2人に与えられた任務。しかし、どうやって目的を果たせばよいのか分からず、彼らはあたふたするばかりです。

結局、なすすべもないままに流されていく2人でしたが、そうこうしている間にも『ハムレット』の策略は進行。ローゼンクランツとギルデンスターンは、死という運命に向かって翻弄されていき……。

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』キャストは?

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』に出演するキャストは超豪華。まずは、キャスト一覧をご紹介しましょう。

生田斗真さん
菅田将暉さん
林遣都さん
半海一晃さん
安西慎太郎さん
田川隼嗣さん
林田航平さん
本多遼さん
章平さん
長友郁真さん
松澤一之さん
立石涼子さん
小野武彦さん

ローゼンクランツ役:生田斗真さん

ローゼンクランツ役を演じるのは、生田斗真さんです。映画版では、ゲイリー・オールドマンが演じていました。「演劇って面白い!」、「舞台ってこんなに夢がある!」ということを伝えたいという生田斗真さんは、この翻訳劇でどのような演技を見せてくれるのでしょうか?

ジャニーズ事務所に所属した当初から、子役としてドラマやバラエティ番組で活躍していた生田斗真さんは、舞台経験も豊富。劇団☆新感線の作品からブロードウェイミュージカル、チェーホフ作『かもめ』のような本格的な翻訳劇など、多種多様な作品に出演してきました。今回初めてタッグを組む小川絵梨子さんの演出による化学反応に期待しましょう。

ギルデンスターン役:菅田将暉さん

ローゼンクランツの相棒であるギルデンスターン役を演じるのは、菅田将暉さんです。映画版ではティム・ロスが演じていました。3年ぶりの舞台出演となる菅田将暉さんは、小川絵梨子の演出を楽しみにしているそう。生田斗真さんとの演技の相性も気になるところです。

菅田将暉さんは、いま最も注目を集めている若手俳優のひとり。仮面ライダーWで知名度を広げ、映画『共喰い』や『そこのみにて光輝く』で高い評価を得ます。独特の雰囲気と確かな演技力で、様々なドラマや映画で大活躍している菅田将暉さんですが、6月7日に歌手としてメジャーデビューを果たしたことも話題となりました。

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』会場について

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』の会場は、世田谷パブリックシアターです。

三軒茶屋駅直結のキャロットタワーの中にある劇場で、総座席数は約600。演劇と舞踏を中心に利用されている劇場です。オープンしたのは1997年4月。2002年からは野村萬斎さんが芸術監督を務めており、良質なコンテンツで多くのファンを獲得しています。1999年には、アメリカ劇場技術協会劇場建築部門優秀賞を受賞。

アクセス

【住所】

東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー3F

【電車】
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」より直結

 

座席

世田谷パブリックシアターは3層構造になっており、舞台形状に合わせて客席勾配を変化させることができるのが大きな特徴。客席と舞台との境界線のないオープン形式と、一般的な演劇で使用される額縁型のプロセニアム形式という2種類の形状に変化させることができる作りとなっています。

客席は1列ずつずらして配置され、どこからでも観劇しやすいように工夫されています。階段を生かしたロビーの装飾も独特。世田谷パブリックシアターならではの空間を楽しむことができます。

シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』は必見!

生田斗真さんと菅田将暉さんがコンビを組む舞台、シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』のあらすじ・キャスト・会場などの舞台情報をまとめてきました。気鋭の演出家である小川絵梨子さんのもと、2人がどのような演技を見せてくれるのか、期待が高まります。

トム・ストッパードによるユニークな発想とあらすじ、主演の2人をはじめとした極上のキャスト、良質なコンテンツで演劇ファンの心を掴んで離さない世田谷パブリックシアターという会場。シス・カンパニー公演『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』は必見です

シス・カンパニー他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。