シスカンパニー舞台『近松心中物語』あらすじや過去公演を解説!

秋元松代さん作、蜷川幸雄さん演出で1979年に初演された舞台『近松心中物語』は、日本演劇史に残る名作のひとつ。そんな『近松心中物語』が、いのうえひでのりさんの演出によって2018年に再びシスカンパニー公演とひて上演されます!今回は、シスカンパニー舞台『近松心中物語』のあらすじや、過去公演についてまとめます。近松門左衛門による世話物『冥途の飛脚』『ひぢりめん卯月の紅葉』『跡追心中卯月のいろあげ』を大胆に構成し直した舞台『近松心中物語』のあらすじとは、一体どのようなものなのでしょうか?

シスカンパニー舞台『近松心中物語』2018年1月~2月上演!

【画像:フリー画像AC

秋元松代さん作、蜷川幸雄さん演出で1979年に初演された舞台『近松心中物語』は、日本演劇史に残る名作のひとつ。海外公演も含めて現在まで何度も上演されており、その都度大絶賛を浴びています。

そんな『近松心中物語』が、いのうえひでのりさんの演出によって2018年に再び上演されます!主演をつとめるのは、堤真一さんと宮沢りえさん。蜷川幸雄さんが誕生させた伝説に、新たなページが加わることになります。

今回は、シスカンパニー舞台『近松心中物語』のあらすじや、過去にの公演についてまとめます。近松門左衛門による世話物『冥途の飛脚』『ひぢりめん卯月の紅葉』『跡追心中卯月のいろあげ』を大胆に構成し直した舞台『近松心中物語』のあらすじとは、一体どのようなものなのでしょうか?

シスカンパニーのおすすめ記事はコチラ!

舞台『近松心中物語』とは?

蜷川幸雄さん演出の代表作である舞台『近松心中物語』は、近松門左衛門という古典を題材にしていながら、全く新しい現代作品として演劇界に衝撃を与えた傑作です。初演は1979年の帝国劇場。菊田一夫演劇賞など、国内の演劇賞を数多く受賞しているのはもちろん、1989年のイギリス公演の際にはローレンス・オリヴィエ賞にもノミネートされ、海外でも高い評価を得ました。

あらすじ

気弱でうだつの上がらない小道具商傘屋の婿養子・与兵衛は、姑のお今に家を追い出されて廓に身を沈めていましたた。お今は、娘であり与兵衛の女房であるお亀が心配して嘆き悲しむのを見て、与兵衛を連れ戻すことにします。

一方、真面目な飛脚屋亀屋の養子・忠兵衛は、店の丁稚が拾った封書に入っていた金を届けるために、新町に足を踏み入れます。執拗な誘いを固辞して帰ろうとする忠兵衛でしたが、出先から戻って来た遊女・梅川と運命的に出会ってしまうのでした。それ以来、梅川の元に通い続けるようになってしまった忠兵衛。

ある日、幼馴染の与兵衛のもとに、忠兵衛がやってきます。梅川の見請け話が持ち上がったので、手付の金だけでも貸してくれと与兵衛に頼み込みに来たのでした。同情した与兵衛は、店にあった大金を忠兵衛に渡してしまうのですが……。

舞台『近松心中物語』過去の上演について

舞台『近松心中物語』は、1979年の初演以来、今回のシスカンパニーによる公演以前にも度々上演を重ねてきました。帝国劇場、明治座、博多座、近鉄劇場、日生劇場といった全国の名だたる劇場で上演され、その度に新たな伝説を生み出してきたのです。

1979年から1986年までの過去公演で忠兵衛を演じたのは、平幹二朗さん。梅川役は、大地喜和子さんが演じました。公演期間中に腰痛で倒れた平幹二朗さんの代役として、当時無名だった本田博太郎さんが忠兵衛に抜擢され絶賛されたことも伝説となっています。そして、続く1986年のベルギー・イギリス公演で忠兵衛を演じたのは井上倫宏さん。梅川役は田中裕子さんでした。

1995年から1999年までの公演では、10代目坂東三津五郎さんが忠兵衛を演じました。梅川は、樋口可南子さんと高橋惠子さんがつとめています。2001年には平幹二朗さんが忠兵衛役に返り咲き、梅川役は富司純子さんと高橋恵子さんが演じました。

そして、蜷川幸雄さん演出での最後の上演となった2004年の舞台『近松心中物語』では、阿部寛さんが忠兵衛、寺島しのぶさんが梅川を演じ、その情念溢れる熱演が大絶賛を浴びました。

2018年バージョンの劇場は?

2018年に上演されるシスカンパニー公演『近松心中物語』が上演される劇場は、新国立劇場 中劇場。『近松心中物語』の過去公演では上演されたことがない劇場になります。

シスカンパニー舞台『近松心中物語』は必見!

新たな演出家、新たな劇場、そして新たなキャストを迎えて上演されるシスカンパニー公演『近松心中物語』は、2018年最大の期待作のひとつ!蜷川幸雄さんの手によって何度も生まれ変わり、その都度大絶賛を浴びてきた舞台『近松心中物語』を、いのうえひでのりさんはどのように蘇らせるのでしょうか?ドラマや映画での活躍はもちろん、舞台でも高い評価を浴びている堤真一さんと宮沢りえさんの演技にも注目です。シスカンパニー公演『近松心中物語』は必見です

シスカンパニーのおすすめ記事はコチラ!

 

 

 

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。