風間俊介出演!シス・カンパニー公演『黒塚家の娘』注目キャストを一挙紹介!

シス・カンパニー公演『黒塚家の娘』の制作・キャストが発表されました。今回は2017年 5月12日(金)~6月11日(日)に上演される、その『黒塚家の娘』に出演する注目のキャスト情報をまとめていきます。

【シス・カンパニー公演『黒塚家の娘』に風間俊介出演決定!】

(出典:pixabayより)

シス・カンパニー公演『黒塚家の娘』は、2017年 5月12日(金)~6月11日(日)に上演される、シス・カンパニー公演、日本文学シアターVol.4作品です。

作・北村想・演出・寺十吾。希代の劇作家北村想が、能『黒塚』より構想を得た、奇々怪々なファンタジーホラーがここに開幕!

今回はその『黒塚家の娘』のキャストについて情報をまとめていきます。

【シス・カンパニー公演『黒塚家の娘』キャストプロフィール詳細】

それでは早速、シス・カンパニー公演『黒塚家の娘』のキャストについてまとめていきます。現在発表となっているキャストは、風間俊介、趣里、高橋克実、渡辺えりの4名です。

役柄等の発表はまだありませんが、公式サイトにて公表されているイメージ写真、及びチラシでは、風間俊介と趣里が親密そうに寄り添う姿と、高橋克実、渡辺えりが威圧的にたたずむ姿が対照的な仕上がりとなっています。

『黒塚家の娘』のモチーフとなった『黒塚』は元々、鬼婆の伝説を元にしたもの。いったいどんな仕上がりになるのか、彼らの関係がどのような物語を描き出すのか、今から楽しみでなりませんね。

風間俊介

キャストプロフィール

  • 名前:風間俊介(かざま しゅんすけ)
  • 生年月日:1983年6月17日(33才)
  • 血液型:A型
  • 出身:東京都

風間俊介は、ジャニーズ事務所所属の俳優・タレント。生田斗真と同じく、歌って踊るアイドルではなく俳優として活動を続けるジャニーズ事務所内では異質の存在の一人。

『3年B組金八先生 第5シリーズ』では、日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞した。また声優では『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』主人公武藤遊戯役を務めていることでも有名。また、2016年には、舞台『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』にてテリー役を演じたことでも話題となりました。

他にも『ベター・ハーフ』『男の花道』など、数々の舞台に出演。その演技力は確かなものと評価される一方、リオ・パラリンピックでのレポートも高評価を得ていました。

趣里

キャストプロフィール

  • 名前:趣里(しゅり)
  • 生年月日:1990年9月21日(26才)
  • 血液型:O型
  • 出身:東京都

趣里は、トップコート所属の女優です。父親はあの俳優の水谷豊。母親は元キャンディーズの伊藤蘭です。

オーディションに勝ち抜き『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』にて女優デビュー。特技は幼い頃から習っていたクラッシックバレエで、特技はフィギュアスケート。

『メトロポリス』や、『アルカディア』『大逆走』など、多くの舞台で活躍。シス・カンパニーの昨年公演『アルカディア』でも少女役を始めた経歴を持ちます。

高橋克実

キャストプロフィール

  • 名前:高橋克実(たかはし かつみ)
  • 生年月日:1961年4月1日(55才)
  • 血液型:A型
  • 出身:新潟県三条市

高橋克実は、シス・カンパニー所属の個性派俳優です。1987年に、「劇団離風霊船」に入団。映画『ウェルター』にてデビューを果たしました。

1998年から放送されたテレビドラマ『ショムニ』の寺崎人事部長役でブレイクを果たし、今や映画やドラマだけにとどまらず、バラエティやCMといった幅広い舞台で活躍を見せる俳優の一人。

日本文学シアター作品には、Vol.1『グッドバイ』以来の出演となります。

渡辺えり

キャストプロフィール

  • 名前:渡辺えり(わたなべ)
  • 生年月日:1955年1月5日(62才)
  • 血液型:O型
  • 出身:山形県山形市

渡辺えりは、演出家、劇作家もこなすシス・カンパニー所属の多才女優。

『ゲゲゲのげ 逢魔が時に揺れるブランコ』では、第27回岸田國士戯曲賞を受賞。シス・カンパニー舞台『瞼の母』では演出も担当しています。2006年4月には、関東学院大学工学部客員教授に就任。

2016年3月1日には、日本劇作家協会副会長にも就任しました。交友関係も幅広く、18代目中村勘三郎や、美輪明宏、宇梶剛士などとも交友があります。

シス・カンパニー他のオススメ記事

【シス・カンパニー公演『黒塚家の娘』から目が離せない!】

(出典:pixabayより)

シス・カンパニー公演、日本文学シアターVol.4『黒塚家の娘』のキャストをお伝えしてきました。『黒塚家の娘』は、劇作家北村想が、能の『黒塚』という作品をモチーフに脚本を演出した舞台です。『黒塚』とは、その昔、旅人を襲って喰らったという鬼婆伝説をもとにした、鬼女と山伏のお話。そこに劇作家北村想が着想を得て作り上げるこの舞台は、独特の世界観・演出間違いなし。舞台ファンなら押さえておきたい作品です。そんな北村想の世界を演じるのは、風間俊介、趣里、高橋克実、渡辺えりといった豪華キャスト陣。それぞれ個性的な魅力を持つ俳優だけに今から期待が止まりません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。