あの楳図かずおの世界がミュージカル化!『わたしは真悟』の概要とあらすじを解説!

楳図かずおさんの人気作『わたしは真悟』が2016年12月2日からミュージカルとして上演されることになりました。ツアー場所は東京・浜松・富山・京都の全5都市(プレビュー公演含む)となっています。さて本日は公演前の予習として『わたしは真悟』のあらすじを解説していきます。

『漂流教室』や『まことちゃん』などで有名な漫画家・楳図かずおさんの世界が、この冬、ミュージカルとして表現されることが決定しました。

公演は、2016年12月2日神奈川にて行われるプレビューを皮切りに、2017年1月26日まで行われます。

公式サイトによれば、ツアー場所は東京・浜松・富山・京都の全5都市(プレビュー公演含む)となっています。

ミュージカル化される作品は、人気漫画の『わたしは真悟』。演出・振り付けはアルベールビル冬季オリンピックにて開閉会式の演出を手がけ、世界から賞賛された名クリエイターのフィリップ・ドゥクフレさんです。

今回は『わたしは真悟』のあらすじを解説していきますので、ぜひ楳図かずおさんのホラーの世界と、魅惑的な芸術の世界が混ざり合う奇跡の瞬間をあなたも体感してみてはいかがでしょうか。

『わたしは真悟』って、どんな作品?

わたしは真悟(1) (ビッグコミックス)をAmazonでチェック!

今回ミュージカル化される『わたしは真悟』は、1982年から1986年までの間、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載されていた楳図かずおさんの作品です。

楳図かずおさんの代表作といえば、映画やドラマ、舞台にと幅広いメディアミックスが展開された『漂流教室』がありますね。こちらの作品のあらすじなら知っているという方も多いのではないでしょうか?

『わたしは真悟』は、過去にラジオドラマとしてメディアミックスされたことがありますが、役者さんが生でそのキャラクターを演じられるのは初めてのことです。

特徴的なのは、楳図かずおさんの作品の中では比較的恐怖要素が抑えられているということ。そして大人の世界を、別の目線から捉えていること。

ですので、あまり怖すぎるホラーはちょっと……、という方にも楽しみやすい作品といえるでしょう。

メインキャストは、高畑充希さんと門脇麦さん。他にも重要な役どころとして、小関裕太さんや大原櫻子さん、成河さんなどが出演されます。

高畑充希さんはNHK連続テレビ小説・通称朝ドラ『ごちそうさん』での歌声が話題となったあの実力派のミュージカル女優さんです。

実力派俳優陣が『わたしは真悟』の世界をどのように演じられるのか、今から楽しみですね。

続いて『わたしは真悟』の原作をご存じでない方にも分かりやすくあらすじを解説してみますので、観覧の参考にしてみてください。

『わたしは真悟』のあらすじ解説!

それでは『わたしは真悟』のあらすじを解説していきましょう。

主人公は、小学校6年生の男の子『近藤悟(さとる)』と少女『山本真鈴(まりん)』。そしてその2人の子どもとなる『真悟(しんご)』です。

悟を門脇麦さん、真鈴を高畑充希さん。そして真悟を成河さんが演じられます。

悟と真鈴は子どもではありますが、だからこそとも言える純粋な恋に落ちます。しかし町工場労働者の息子である悟と、外交官の娘である真鈴の間には身分の壁がありました。

悟の父親は町工場へロボットが参入してきたことにより職を失い、妻を失い自暴自棄になっていきます。一方外交官である真鈴の父親は海外へと転勤。

母もまた社会的地位を非常に気にする女性であったため、2人の恋は周囲の大人によって無残にも引き裂かれていくのです。

そんななか、悟と真鈴は『大人』になることを拒否。子どものまま、2人の子どもをつくろうと決意します。

2人に指令を与えたのは、町工場にある農機具のモーターを組み立てる産業用ロボット『モンロー』でした。モンローは、ただのアーム型の作業用ロボットです。

しかし2人の秘密の遊び道具であり、彼らはたびたびモンローのプログラムを勝手にいじっていました。それがきっかけとなり、モンローは意識と呼べるものを手にしたのです。

モンローの指令に従って、2人は、東京タワーの頂上へと登ります。そして救助にきたヘリコプターに飛び移ります。

その瞬間、“奇跡”が起き、モンローは自我の進化を開始させ2人の子どもとして目を覚まします。

2人の名前をとって『真悟』と名前を変えたモンロー。彼は引き裂かれ、離れ離れになってしまった悟と真鈴のために再び奇跡の進化を初め――。

「奇跡は誰にでも一度おきる。だがおきたことには誰も気がつかない」
(引用:『わたしは真悟』公式サイト)

という謎めいたフレーズを軸に展開される、大人と子ども、そしてロボット。奇跡とは神とは何かを問う物語。それが『わたしは真悟』です。

『わたしは真悟』まとめ

楳図かずおの名作漫画「わたしは真悟」のあらすじは伝わりましたでしょうか。原作はビッグコミックス版にて全10巻という大作のためミュージカル版ではどこまで描かれるのか、その可能性はまだ未知数です。

ですが奥深いこの作品を、ミュージカルという舞台で観られるのが今から楽しみでなりませんね。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。