『新・幕末純情伝2016』のあらすじと見どころ紹介

2010年に逝去した日本を代表する劇作家、つかこうへい。その代表作のひとつである『幕末純情伝』は、つかこうへいの死後は『新・幕末純情伝』として上演されてきました。そして2016年6月、新たなヒロインを迎えて再度上演が決定しています。『新・幕末純情伝』のあらすじと見どころ、そして今回のキャスティングについて紹介します。

2010年に逝去した日本を代表する劇作家、つかこうへい。その代表作のひとつである『幕末純情伝』は、つかこうへいの死後は『新・幕末純情伝』として上演されてきました。そして2016年6月、新たなヒロインを迎えて再度上演が決定しています。『新・幕末純情伝』のあらすじと見どころ、そして今回のキャスティングについて紹介します。

『新・幕末純情伝』ってどんな舞台?

パワフルかつハイテンションな作風で、演劇界に旋風を巻き起こした劇作家兼演出家の、つかこうへい。『蒲田行進曲』『熱海殺人事件』と並んで、つかこうへいの代表作に数えられる『幕末純情伝』は、「沖田総司が女性だった」という奇抜な発想のもとにつくられた、オリジナリティあふれる作品です。歴代の沖田総司役には広末涼子や石原さとみなど、名だたる女優陣が名を連ねていて、上演のたびに体当たりのラブシーンが話題になってきました。

つかこうへい作品らしい、膨大な量のセリフと軽快でスピーディな会話が見どころの『新・幕末純情伝』ですが、幕末の物語なのに主人公がジャージを着ているなど、時代考証をも超越する飛び抜けた世界観も魅力。下ネタやアドリブもバンバン入れていく、ライブ感あふれるパワフルなステージは、舞台ファンはもちろん、幕末ファンや演劇初心者からも絶賛されてきました。過去には映画化もされています。

『新・幕末純情伝』のあらすじは?

『新・幕末純情伝』の舞台は、幕末の京都。近藤勇率いる新撰組のなかに、男として育てられた美貌の女剣士、沖田総司がいました。動乱の世のなかで、土方歳三への愛を胸に人を斬り続ける総司の前に、坂本龍馬があらわれます。土方歳三と坂本龍馬との恋の行方、そして幕末の志士たちの想いはどこに向かうのか?総司をめぐる愛憎劇を中心に、殺陣やダンスをふんだんに盛り込みながら時代の夜明けを描きます。

2016年度版『新・幕末純情伝』沖田総司役は元SKE48の松井玲奈!

男として育てられ、人を斬ることに喜びを感じるという設定の沖田総司役には、今までそうそうたる面々が名を連ねてきました。藤谷美和子、広末涼子、石原さとみ、鈴木杏、河北麻友子、いずれの女優も、体当たりの演技が話題となりました。そして今回、2016年度版沖田総司役に選ばれたのは、元SKE48松井玲奈です。

2015年8月にSKE48を卒業した松井玲奈は、前クールの深夜ドラマ『ニーチェ先生』に出演し、元アイドルらしからぬ振りきった演技を披露するなど、女優としての才能を順調に開花させています。『新・幕末純情伝』では、膨大な台詞の応酬やラブシーンに加えて、激しい殺陣にも挑戦します。

2016年度版『新・幕末純情伝』坂本龍馬役にはNON STYLEの石田明

沖田総司の相手役となる坂本龍馬役は、NON STYLEの石田明が演じます。石田明はお笑い芸人でありながら、2009年から数々の舞台に出演し、最近では演出まで手掛けている舞台人でもあります。他にも、人気若手俳優の細貝圭や、早乙女太一の弟である早乙女友貴、D-BOYSの荒井敦史など、魅力あふれるキャストが発表されています。

2016年度版『新・幕末純情伝』は見逃せない!

つかこうへいの七回忌を迎えるにあたり上演される『新・幕末純情伝』は、日本の演劇界を代表する名作であると同時に、本格的に女優としてスタートを切った松井玲奈の女優魂が試される作品でもあります。この機会にぜひ、独特のつかこうへいワールドを体感してみてください。

2016年度版『新・幕末純情伝』の公演情報はこちら

つかこうへい7回忌特別公演『新・幕末純情伝』

会場:天王洲銀河劇場(東京)
日時:2016年6月23日(木)〜7月3日(日)
チケット料金:S席6,800円、A席5,800円

会場:紀伊国屋ホール(東京)
日時:2016年7月6日(水)〜7月17日(日)
チケット料金:全席指定6,800円

梅田芸術劇場メインホール(大阪)
2016年7月22日(金)〜7月24日(日)
チケット料金:S席6,800円、A席5,800円

松井玲奈らの好演に期待!舞台『新・幕末純情伝』のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

2016年度版『新・幕末純情伝』のオススメ記事はこちら

主演は松井玲奈!『新・幕末純情伝2016』キャストを紹介

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。