2017年春に再演決定! 舞台「里見八犬伝」の会場・座席表情報まとめ

2012年に舞台化され、2014年には俳優の山崎賢人さんが初舞台・初主演を務めたことでも話題となった「里見八犬伝」。2017年の春、およそ2年4か月ぶりに山崎賢人さん主演で再演されます。今回は、舞台「里見八犬伝」の会場ごとの座席表の情報を中心にご紹介していきます。

【山崎賢人主演舞台「里見八犬伝」が帰ってくる!】

2012年にAAA(トリプル・エー)の西島隆弘さん主演により舞台化された「里見八犬伝」。2014年には初舞台・初主演となった俳優の山崎賢人さんをはじめ、キャスト陣を一新し、リニューアル版が上演されたことも話題となりました。

そして2017年春、山崎賢人さんが再び主演を務める形での再演が決定し、作品の舞台として知られる千葉県館山市公演を皮切りに12都市を駆け巡ります。今回は、2017年春に上演される舞台「里見八犬伝」について、会場ごとの公演スケジュールや座席表、アクセス情報などを中心にご紹介していきます。

座席ごとの見え方や良席の解説、各会場の最寄り駅や駐車場情報についてもまとめていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【舞台「里見八犬伝」の日程・会場をおさらい】

まずは、舞台「里見八犬伝」の日程・会場についてまとめていきます。冒頭でお話ししたように、千葉県館山市をはじめとして、全国の12都市で公演が行われる予定となっています。日程と会場は以下の通りです。

舞台「里見八犬伝」の日程・会場一覧

・千葉県・千葉県南総文化ホール4月15日(土)14:00・16日(日)13:00
・東京都・文京シビックホール(S・A)4月18日(火)18:30・19日(水)14:00/18:30・20日(木)14:00/18:30・21日(金)14:00・22日(土)13:00/17:30・23日(日)13:00/17:30・24日(月)14:00
・大阪府・梅田芸術劇場 メインホール(S・A)4月29日(土・祝)13:00/17:00・30日(日)13:00/17:00
・香川県・レクザムホール(S・A)5月3日(水・祝)14:00
・高知県・高知県立県民文化ホール5月5日(金・祝)14:00
・長崎県・長崎ブリックホール(S・A)5月7日(日)14:00
・福岡県・福岡サンパレス(S・A)5月10日(水)18:30
・石川県・本多の森ホール(S・A)5月13日(土)14:00
・広島県・広島文化学園HBGホール5月16日(火)18:30
・愛知県・刈谷市総合文化センター5月20日(土)12:00/16:30・21日(日)13:00
・青森県・リンクステーションホール青森(S・A)5月24日(水)18:30
・宮城県・東京エレクトロンホール宮城(S・A)5月27日(土)14:00
(引用:舞台「里見八犬伝」公式サイト)

舞台「里見八犬伝」は12都市で公演が行われる予定となっていますが、会場によって「S席」・「A席」の2種類の座席が展開されるパターンと、席種が設定されていないパターンの大きく2つに分けられます。上記日程欄に(S・A)という表記がある会場は2種類の座席が展開されるパターン、それ以外は座席が1種類のパターンとなっています。

なお、「広島県・広島文化学園HBGホール」公演と「青森県・リンクステーションホール青森」公演では、終演後に出演者(山崎賢人・青木玄徳・玉城裕規・和田雅成・西銘 駿・松島庄汰・荒井敦史・丸山敦史)によるアフタートークショーが行われる予定となっています。

【舞台「里見八犬伝」<千葉>千葉県南総文化ホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

冒頭でもご紹介したように、舞台「里見八犬伝」は原作の故郷として知られる千葉県館山市の千葉県南総文化ホール公演よりスタートします。同ホールは、各種舞台はもちろんのこと、演歌やクラシックなどのコンサートや高校文化祭の合唱コンクールなどにも使用される地域密着型の施設です。

千葉県南総文化ホールの座席表・良席解説

大ホールの座席数は、最大で1200席となっており、1階席~3階席までが展開される形となっています。

千葉県南総文化ホールの座席表はコチラ

https://twitter.com/hirot2511/status/275034838011113472?lang=ja

千葉県南総文化ホールは、他のホールとは異なる少し面白い構造であることが特徴です。さきほど、座席が1階~3階まであるとお話ししましたが、「3つの階に分かれている」という感覚は、あまりないのではないでしょうか。

1階席は傾斜があまりないため、前の人の頭で視界が遮られてしまうケースが出てくるかもしれません。そういう意味では、2階席の前方(7列・8~19列の中央寄り、20列の中央付近)が、舞台全体をしっかりと見渡すことのできる良席であると考えられます。

千葉県南総文化ホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

千葉県南総文化ホールの最寄り駅はJR館山駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

電車の場合

  • ・東京駅よりJR内房線特急さざなみ号にて112分「館山駅」下車、徒歩15分

高速バスの場合

  • ・東京駅より高速バス(房総なのはな号)にて129分「千葉県南総文化ホール前」下車、徒歩3分
  • ・千葉駅より高速バス(南総里見号)にて99分 「千葉県南総文化ホール前」下車、徒歩3分
  • ・横浜駅より高速バス(京浜急行バス)にて105分「館山駅」下車、徒歩15分

また、車でアクセスする場合は、千葉県南総文化ホール専用の駐車場と館山市管理共有駐車場を無料で利用することが可能です(計400台)。

【舞台「里見八犬伝」<東京>文京シビックホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

ハイレベルな音響空間に定評のある大ホールを持つ文京シビックホール。オーケストラコンサートをはじめ、オペラやミュージカル、バレエなど、幅広いジャンルの公演が行われています。

文京シビックホールの座席表・良席解説

大ホールの座席数は最大で1,802席となっており、1階に1,242席(うち、車いす6席)、2階に560席が設置される形となっています。


https://twitter.com/__miku1022/status/803531712730759168?lang=ja

1階席の前方は傾斜があまりないため、前の人の頭で視界が遮られてしまうケースが出てくるかもしれません。このホールは椅子が特徴的で、お尻が沈み込むような構造となっているため、それが要因となって見えづらさを感じる可能性もあります。後方になると、ステージから多少距離を感じるため、1階席では中央付近、特にも目の前が通路となっている19列の17番~28番あたりが良席と考えられます。

2階席に関しては他のホールと比べ高さがあり、9列目以降は3階にいるような感覚を持つ人もいるかもしれません。比較的高さを感じることなく、ステージからの距離も近い両サイドにせり出した部分(特にも1~3列目)が良席であると考えられます。

文京シビックホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

文京シビックホールの最寄り駅は東京メトロ丸ノ内線・南北線の「後楽園駅」となります。後楽園駅の5番出口に直結する形となっていますので、迷うことはあまりありません。主なアクセス方法は以下の通りです。

電車でのアクセス

  • ・東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>【直結】
  • ・都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)>文京シビックセンター連絡通路【直結】
  • ・JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩約10分】

なお、駐車場については、文京シビックホールがあるシビックセンターの地下1階・2階に130台分駐車可能な有料パーキングがあります(30分250円)。

【舞台「里見八犬伝」<大阪>梅田芸術劇場 メインホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

大阪市北区の「ちゃやまちアプローズ」内にある梅田芸術劇場。メインホールとシアター・ドラマシティの2つから成り、それぞれの劇場でミュージカルやコンサート、落語会や宝塚公演などが行われています。今回の舞台「里見八犬伝」はメインホールで行われます。

梅田芸術劇場 メインホールの座席表・良席解説

メインホールの座席数は最大で1,905席となっており、1階席:1,077席、2階席:420席、3階席:408席といった構成になっています。

どの階も、比較的段差がしっかりと設けられているものの、1階の後方や2階・3階席はステージから多少距離を感じるかもしれません。また、サイドの席はステージの一部が見えない可能性も出てきますので、できるだけ中央付近の席をおすすめします。1階席であれば4列目~14列目の中央付近、2階・3階席であれば前列付近が良席であると考えられます。

梅田芸術劇場 メインホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

梅田芸術劇場の最寄り駅は阪急電車「梅田駅」となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

電車でのアクセス

  • ・阪急電車「梅田駅」茶屋町口より徒歩3分
  • ・JR線「大阪駅」御堂筋北口より徒歩8分
  • ・地下鉄御堂筋線「梅田駅」1号出口より徒歩5分
  • ・地下鉄御堂筋線「中津駅」3号出口より徒歩5分
  • ・地下鉄谷町線「東梅田駅」1号出口より徒歩7分
  • ・地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」3号出口より徒歩11分
  • ・阪神電車「梅田駅」東出口より徒歩10分

なお、劇場専用の駐車場はありませんので、近隣にある市営の有料駐車場、コインパーキングを利用する形となります。

【舞台「里見八犬伝」<香川>レクザムホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

香川県高松市にある、県内最大規模のホールとして知られるレクザムホール。大ホールと小ホールを備えており、コンサートはもちろん、演劇やバレエ、ミュージカルなどの公演が行われています。

レクザムホールの座席表・良席解説

大ホールの座席数は最大で2,001席となっており、1階席:1,359人(車椅子7席を含む) 2階席:392人(親子室を含む)、3階席:250人という構成になっています。

収容人数が2,000人を超える比較的規模の大きいホールですが、座席構成からも分かるように、1階席が大きな割合を占める形となっています。段差はしっかりと設けられているものの、1階の後方はステージから遠いと感じる方もいるかもしれません。

そのため、1階では前方かつ、前が通路となっている6列や17列の中央付近が良席であると考えられます。2階・3階席の中央ブロックは座席数が少ないため、極端に見え方に差はありませんが、両サイドにせり出しているブロックのほうがステージに近づく形となるため、より見やすいと考えられます。

レクザムホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

レクザムホールの最寄り駅はJR高松駅または琴電高松築港駅(いずれも会場まで徒歩8分)となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

  • ・高松中央インターから車で15分
  • ・高松西インターから車で20分
  • ・JR高松駅より徒歩8分
  • ・琴電高松築港駅より徒歩8分
  • ・高松空港より車で約30分

なお、ホール専用の駐車場はないものの、ホール北側に333台収容可能な「玉藻町駐車場」があるほか、周辺に有料駐車場が設置されています。ただし、台数に限りがありますのでできる限り、公共交通機関の利用がおすすめです。

【舞台「里見八犬伝」<高知>高知県立県民文化ホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

オレンジホールとグリーンホールの2ホールが展開されている高知県立県民文化ホール。舞台「里見八犬伝」が行われるオレンジホールは、客席上部の船型天井が可動式となっているのが特徴で、クラシックコンサートはもちろん、様々な用途に対応できるホールとなっています。

高知県立県民文化ホールの座席表・良席解説

オレンジホールの座席数は最大で1,507席(車椅子席8席含む)となっており、1階席:1,001席、2階席:506席という構成になっています。

2011年に改修が行われており、椅子の幅が50㎝となったほか、1階中央部が千鳥配列となったことで、より見やすさに配慮した作りとなっています。どの席からでも比較的見やすく、ステージからの距離もそこまで遠く感じることはありません。

高知県立県民文化ホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

高知県立県民文化ホールの最寄り駅はJR高知駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

車でのアクセス

  • ・高知自動車道南国I.C.から約30分、高知I.C.から約20分

電車でのアクセス

  • ・JR高知駅から車で約10分
  • ・とさでん交通路面電車 はりまや橋乗り換え(県庁前下車)約20分 徒歩数分

高知県立県民文化ホールには駐車場がありますが、こちらは主催者やホール関係者用となっています。来場者はホール周辺にある有料駐車場やコインパーキングを利用する形となります。

【舞台「里見八犬伝」<長崎>長崎ブリックホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

シンガーソングライターのさだまさしさんが名誉館長であることで知られる長崎ブリックホール。各種コンサートや舞台はもちろん、大学の入学式や卒業式の会場としても使用されています。

長崎ブリックホールの座席表・良席解説

大ホールの座席数は最大で2,002席(車椅子8席を含む)となっており、1階:1,225席、2階:769席という構成になっています。

収容人数が2,000人を超える比較的規模の大きいホールですが、横に広い作りとなっているため、後方の席でもステージとの距離をそこまで極端に感じることは少ないはずです。ただ、見やすさを考える上では、やはり両端よりは、できるだけ中央付近の席をおすすめします。

長崎ブリックホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

長崎ブリックホールの最寄り駅はJR浦上駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

電車・バスでのアクセス

  • ・JR浦上駅から徒歩5分
  • ・路面電車・バス茂里町停留所下車徒歩3分

なお、ホール専用の駐車場はありませんが、市営の有料駐車場が隣接しています(152台収容可能)。

【舞台「里見八犬伝」<福岡>福岡サンパレスの座席表・アクセス・駐車場情報】

九州最大規模を誇るコンサートホールとして知られる福岡サンパレス。各種コンサートはもちろんのこと、オペラやバレエ、演劇や講演会など幅広く利用できる多目的ホールです。

福岡サンパレスの座席表・良席解説

大ホールの座席数は、最大で2316席(1階 :1468席、2階:360席、3階:488席、車椅子コーナー:6席)となっています。

どの席からも比較的見やすい形となっていますが、1階後方や3階席はステージからの距離を多少感じるかもしれません。全体的なバランスを考えた場合は、1階の前方~中央の席に加え、2階の前方中央付近(12列12番~45番)が良席であると考えられます。

福岡サンパレスへのアクセス(行き方)・駐車場情報

福岡サンパレスの最寄り駅は地下鉄箱崎線の呉服町駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

バスでのアクセス

  • ・JR博多駅より西鉄バス博多ふ頭行きに乗車→「国際センター・サンパレス前」より西鉄バス中央ふ頭行きに乗車→「国際会議場・サンパレス前」で下車

車でのアクセス

  • ・福岡市都市高速築港ランプより約2分

なお、駐車場についてはコンサートホール前にある第1駐車場(99台収容)、都市高速高架下にある第2駐車場(75台収容)の利用が可能です。

【舞台「里見八犬伝」<石川>本多の森ホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

石川県の本多の森公園内にある本多の森ホール。コンサートや舞台はもちろん、式典や講演会なども行われるホールです。

本多の森ホールの座席表・良席解説

本多の森ホールの座席数は最大で1,707席となっており、1階と2階に座席が配置される形となっています。

座席は扇形のように広がっていく配置となっているのが特徴です。1階の座席比率が大きいため、後方では多少ステージが見えづらいと感じる可能性もありますが、段差もしっかりと設けられており、どの席からでも比較的見やすい形となっています。縦・横ともに通路が多く設けられているため、ゆったりとした印象がありますね。

本多の森ホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

本多の森ホールの最寄り駅はJR北陸本線の金沢駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

電車でのアクセス

  • ・JR北陸本線金沢駅より車で約15分

バスでのアクセス

  • ・金沢駅東口バスターミナル7番乗り場からバスで約20分 出羽町下車 徒歩3分

なお、ホール周辺には620台収容可能な石川県兼六駐車場をはじめ、有料駐車場が7か所ほど設置されています。

【舞台「里見八犬伝」<広島>広島文化学園HBGホールの座席表・アクセス・駐車場情報】

広島市内でも最大の収容人数を誇る広島文化学園HBGホール。各種コンサートや舞台を中心に、様々なイベントが行われています。

広島文化学園HBGホールの座席表・良席解説

広島文化学園HBGホールの座席数は最大で2,001席、1階:1144席、2階:857席という構成になっています。

さきほどご紹介した本多の森ホールよりも列数は少ないものの、後方の場合はやはり見えづらいと感じるケースも出てくる可能性があります。1階席の場合は4~13列あたりの席、特にも13列は前が通路となっているため良席であると考えられます。2階席の場合は、極端に見え方が変わるということはないと考えられますが、できるだけ前方(1~4列)の中央付近の席がおすすめです。

広島文化学園HBGホールへのアクセス(行き方)・駐車場情報

広島文化学園HBGホールの最寄り駅は広島電鉄の市役所前駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

バスでのアクセス

  • ・広島バス24番吉島行(吉島病院)南口Aホーム3番乗場より乗車 →「加古町」下車(所要時間25分)

電車でのアクセス

  • ・広島電鉄 広島港(宇品)1番線南口乗り場→「市役所前」下車、徒歩12分

なお、95台収容可能な施設専用駐車場がありますが、ホテルや会議室、宴会場・結婚式場・レストランなどを併設している施設のため、混雑する可能性があります。

【舞台「里見八犬伝」<愛知>刈谷市総合文化センターの座席表・アクセス・駐車場情報】

「アイリス」の愛称で親しまれている愛知県の刈谷市総合文化センター。プロセニアム形式の大ホールでは、コンサートや舞台が行われており、市民の芸術文化活動の拠点としての機能を果たしています。

刈谷市総合文化センターの座席表・良席解説

大ホールの座席数は最大1,541席で、1階:1186席、2階:355席となっています。

座席の多くは1階に展開されているため、後方の場合は多少ステージとの距離を感じる可能性もあります。ただ、段差がしっかりと設けられていることに加え、列ごとの間隔にゆとりがあるため、どの席でもゆったりと鑑賞することが可能となっています。全体のバランスを考えた場合は、1階の中央ブロック+後方ブロックの最前列(11~21列)が良席であると考えられます。

刈谷市総合文化センターへのアクセス(行き方)・駐車場情報

刈谷市総合文化センターの最寄り駅はJR東海道本線・名鉄三河線の刈谷駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

電車でのアクセス

  • ・JR東海道本線・名鉄三河線 刈谷駅南口よりウイングデッキ直結徒歩3分

車でのアクセス

  • ・伊勢湾岸自動車道豊明ICより約20分・豊田南ICより約25分

なお、刈谷市総合文化センターには610台収容可能な専用駐車場が設置されています。近隣にあるバロー(みなくる刈谷)駐車場と間違えてしまうケースが多いようですので、注意が必要です。

【舞台「里見八犬伝」<青森>リンクステーションホール青森の座席表・アクセス・駐車場情報】

東北の中でも最大規模のホールとして知られるリンクステーションホール青森。2006年のリニューアルオープン以降も、コンサート舞台、講演会・各種コンクールなど様々にイベントに利用されています。

リンクステーションホール青森の座席表・良席解説

大ホールの座席数は最大で2,031席(うち、移動席160席)となっており、1階:1,095席、2階:936席という構成です。

座席数は1階・2階ともほぼ同じ比率となっているため、2階席はステージから結構離れているという感覚を持つ方も多いかもしれません。ただ、全体を見下ろす形で舞台を見たいという場合は2階の前列もおすすめです。1階に関しては、「た列」の18番~28番付近が良席であると考えられます。

リンクステーションホール青森へのアクセス(行き方)・駐車場情報

リンクステーションホール青森の最寄り駅はJR青森駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

バスを利用する場合

  • ・JR青森駅正面口(東口)から市営バス2番乗り場「東部営業所行き」または「県立中央病院前行き」乗車→「文化会館前」停留所下車、バス進行方向へ徒歩1分(バス所要時間約10分)

なお、ホール専用の地下駐車場(114台収容)があります。満車の場合は近隣にも有料駐車場が設置されていますので、そちらを利用する形になります。

【舞台「里見八犬伝」<宮城>東京エレクトロンホール宮城の座席表・アクセス・駐車場情報】

1階から5階までが吹き抜け構造となっている東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)。劇団四季や仙台フィルハーモニー管弦楽団の定期公演をはじめ、多彩なジャンルのイベント・公演が行われています。

東京エレクトロンホール宮城の座席表・良席解説

大ホールの収容人数は最大で1,590席となっており、1階:1,206席、2階:209席、3階:175席という構成です。

1階に座席が集中する形となっているため、後方は多少見えづらさを感じるケースが出てくる可能性もあります。加えて、座席がすべて一直線の配列となっているため、座席によっては前の人の頭が視界を遮ってしまうことも考えられます。3階席は高さがあり、ステージからの距離もあるため、見やすさという点では1階の10列前後や18列、2階の中央付近のブロック(2E~2G)あたりが良席であると考えられます。

なお、2017年1月~4月末まで改修工事が行われているため、舞台「里見八犬伝」はリニューアルオープン後に上演される形となります。

東京エレクトロンホール宮城へのアクセス・駐車場情報

東京エレクトロンホール宮城の最寄り駅は仙台市営地下鉄南北線の勾当台公園駅となります。主なアクセス方法は以下の通りです。

地下鉄でのアクセス

  • ・仙台市営地下鉄南北線泉中央方面乗車→ 勾当台公園駅下車→出口「公園2」から徒歩300メートル(所要時間約15分)

バスでのアクセス

  • ・仙台市営バス、JR仙台駅西口60番乗り場から、定禅寺通り市役所前経由交通局大学病院行き乗車→定禅寺通り市役所前下車(所要時間約12分)

東京エレクトロンホール宮城の地下には駐車場が設置されていますが、9台分しか停めることができません。徒歩3分圏内に20件以上の駐車場があるため、近隣の有料駐車場を利用することも視野に入れたほうがよさそうです。

【舞台「里見八犬伝」の再演を見逃すな!】

 

(出典:photoACより)

 

今回は、舞台「里見八犬伝」について、会場ごとの公演スケジュールや座席表、アクセス情報などを中心にご紹介してきました。およそ2年4か月ぶりとなる再演は、よりパワーアップした見ごたえのある舞台となること間違いなしです。ぜひ会場へ足を運んで、その迫力・臨場感を味わってみてはいかがでしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。