舞台『里見八犬伝』2017年公演の日程や会場の座席表・アクセス方法など、お役立ち情報まとめ!

舞台『里見八犬伝』2017年公演の日程や会場の座席表・アクセス方法まとめ!2017年春より公演が行われる舞台『里見八犬伝』の日程をチェックするとともに、主な会場の座席表やアクセス方法周辺施設の紹介など、お役立ち情報をまとめてお伝えします!

【舞台『里見八犬伝』の主要会場を解説】

待ち遠しい舞台『里見八犬伝』の2017年公演が迫っていますね。

今回は日程など公演の基本概要に続いて、主な会場の座席表解説、アクセス方法、周辺施設の紹介など、お役立ち情報をまとめてお伝えします!

【舞台『里見八犬伝』公演概要・日程】

『里見八犬伝』はド迫力のアクションエンターテインメントを楽しめる舞台。今回の公演は、前回より2年4ヶ月ぶりとなるファン待望の再演となります。まずは公演概要をまとめてチェックしておきましょう!

公演概要

脚本・演出

  • 脚本:鈴木哲也
  • 演出:深作健太

主なキャスト

  • 犬塚信乃役:山﨑賢人
  • 犬山道節役:青木玄徳
  • 犬川荘助役:玉城裕規
  • 犬田小文吾役:和田雅成
  • 犬江親兵衛役:西銘駿
  • 犬坂毛野役:松島庄汰
  • 犬飼現八役:荒井敦史
  • 犬村大角役:丸山敦史
  • 浜路役:青野楓
  • 左母二郎役:栗山航
  • ゝ大法師役:松田賢二
  • 玉梓・伏姫役:比嘉愛未
  • 里見義実役:後藤光利
  • 房八役:八百谷直斗
  • ぬい役:川島鈴遥
  • 悪四郎役:横山一敏

日程

  • 2017年4月15日(土)千葉県 千葉県南総文化ホール 大ホール 開演:13:00〜
  • 2017年4月16日(日)千葉県 千葉県南総文化ホール 大ホール 開演:14:00〜
  • 2017年4月18日(火)東京都 文京シビックホール 大ホール 開演:18:30〜
  • 2017年4月19日(水)東京都 文京シビックホール 大ホール 開演:14:00〜/18:30〜
  • 2017年4月20日(木)東京都 文京シビックホール 大ホール 開演:14:00〜/18:30〜
  • 2017年4月21日(金)東京都 文京シビックホール 大ホール 開演:14:00〜
  • 2017年4月22日(土)東京都 文京シビックホール 大ホール 開演:13:00〜/17:30〜
  • 2017年4月18日(日)東京都 文京シビックホール 大ホール 開演:13:00〜/17:30〜
  • 2017年4月24日(月)東京都 文京シビックホール 大ホール 開演:14:00〜
  • 2017年4月29日(土・祝)大阪府 梅田芸術劇場 メインホール 開演:13:00〜/17:30〜
  • 2017年4月30日(日)大阪府 梅田芸術劇場 メインホール 開演:13:00〜/17:30〜
  • 2017年5月3日(水・祝)香川県 レクザムホール 開演:14:00〜
  • 2017年5月5日(金・祝)高知県 高知県立県民文化ホール 開演:14:00〜
  • 2017年5月7日(日)長崎県 長崎ブリックホール 開演:14:00〜
  • 2017年5月10日(水)福岡県 福岡サンパレス 大ホール 開演:18:30〜
  • 2017年5月13日(土)石川県 本多の森ホール 開演:14:00〜
  • 2017年5月16日(火)広島県 広島文化学園HBGホール 開演:18:30〜
  • 2017年5月20日(土)愛知県 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール 開演:12:00〜/16:30〜
  • 2017年5月21日(日)愛知県 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール 開演:13:00〜
  • 2017年5月24日(水)青森県 リンクステーションホール青森 開演:18:30〜
  • 2017年5月27日(土)宮城県 東京エレクトロンホール宮城 開演:14:00〜

続いては、主な会場の座席表やアクセス方法、周辺施設についてお伝えしていきます!

【舞台『里見八犬伝』2017年公演の主要会場解説①文京シビックホール 大ホール(東京都)】

文京シビックホール 大ホールは、今回最も多い公演数となる東京の会場です。音響反射板・花道反射板とホール客席側面の一体化によりクオリティの高い音響空間となっているため、クラシックコンサートを中心とした音楽イベントの開催が多くなっています。会場までの行き方も地下通路を使えば簡単です。

日程

4月18日(火)〜4月24日(月)

座席表(1階1,242席/2階560席)

1階は全部で32列あり、18列と19列の間は通路です。1〜12列目くらいまでは会場の形の都合上、左右の座席が削られ席数が後方より少なくなっています。各列ともに1〜6番(最左)、7〜16番(左)、17〜28番(中央)、29〜38番(右)、39〜44番(最右)という並びです。

2階は全部で21列。1〜8列目が左右壁沿いの席で、前方にせり出しています。横の並びは1階とほとんど変わらず、左右のエリアで区切りの番号が多少前後する程度です。

良席

空間が大きいため、役者の表情などが見られることを考えると1階の1〜6列目くらいまでの中央寄りを確保したいところです。2階の場合は、サイドですが1〜8列目は距離が近いのでおすすめです。

アクセス

所在地

東京都文京区春日1-16-21

最寄り駅から徒歩

  • 東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅より直結
  • 都営地下鉄三田線・大江戸線「春日」駅(文京シビックセンター前)より直結(文京シビックセンター連絡通路を利用)
  • JR中央・総武線「水道橋」駅より徒歩10分

周辺情報

すぐ近くに東京ドームシティがあります。ショッピングやグルメを楽しむのはもちろんのこと、気軽に利用できるスパのラクーアで一休みするのもおすすめです。さまざまなイベントを開催しているので、ぜひチェックしてみてください。

【舞台『里見八犬伝』2017年公演の主要会場解説②梅田芸術劇場 メインホール(大阪府)】

梅田芸術劇場 メインホールは西日本方面で最も活気がある都市、大阪の会場です。2005年4月に開業した劇場で、日頃からミュージカル、演劇、コンサートなど多彩なジャンルの公演に使われています。

日程

4月29日(土・祝)、4月30日(日)

座席表(1階1077席/2階420席/3階408席)

各階ともに、座席はやや扇状に広がっています。1階は全26列、13列目と19列目の後ろが通路です。5〜13番(最左)、14〜25番(左)、26〜37番(中央)、38〜49番(右)、50〜58番(最右)の並びです。

2階と3階は全7列。横は26〜30番を中心に左右に広がっています。通路は2階が4列目の後ろ、3階が3列目の後ろにあります。

良席

やや距離を感じてしまいやすい会場なので、1階であっても8列目より前方の26〜37番を確保したいところです。よって、それ以上に遠い2階と3階の場合は最前列が良席といえるでしょう。

アクセス

所在地

大阪府大阪市北区茶屋町19-1

最寄り駅から徒歩

  • 阪急電車「梅田」駅茶屋町口より徒歩3分、東出口より徒歩10分
    JR線「大阪」駅御堂筋北口より徒歩8分
    地下鉄御堂筋線「梅田」駅1号出口より徒歩5分
    地下鉄御堂筋線「中津」駅3号出口より徒歩5分
    地下鉄谷町線「東梅田」駅1号出口より徒歩7分
    地下鉄四ツ橋線「西梅田」駅3号出口より徒歩11分

    周辺情報

    梅田駅の徒歩圏内、すぐ隣は大阪駅。近隣にはさまざまな店舗が集中しています。梅田駅直結の阪急三番街をはじめ、大丸梅田店、阪急うめだ本店、阪神梅田本店など百貨店も多数あり、時間調整に困ることはまずありません。

    【舞台『里見八犬伝』2017年公演の主要会場解説③刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール(愛知県)】

    刈谷市総合文化センター アイリス 大ホールは東海地方で唯一公演が行われる会場で、最新設備を備えた刈谷市最大規模の多目的ホールです。客席はゆったりとしており、前の座席の人による視界の妨げを配慮した配置となっています。駅から直結で行き方も簡単です。

    日程

    5月20日(土)、5月21日(日)

    座席表(1階1,186席/2階席355席)

    1階は扇状に客席が広がっており、縦は1〜10列、通路を挟んで11〜20列、再び通路を挟んで最後方の28列目まで続きます。横は1〜18番(左)、19〜32番(中央)、33〜50番(右)の並びです。

    2階はやや弧を描いた配置。全7列で、横の並びは1階と共通です。また、やや下がった位置で左右の壁に沿ってせり出したL1〜6、R1〜6と表記される座席があります。

    良席

    空間が大きいため、1階であれば最前ブロックの1〜5列くらいまでがベストです。2階の狙い目はL1〜6、R1〜6の座席。人が少なく隔離された感じになるので、よりゆったりと鑑賞できますよ。

    アクセス

    所在地

    愛知県刈谷市若松町2-104

    最寄り駅から徒歩

    • JR東海道本線・名鉄三河線「刈谷」駅南口よりウイングデッキ直結徒歩3分

    周辺情報

    すぐ隣にショッピングセンターみなくる刈谷があるほか、駅周辺にカフェやレストランなどが点在しています。電車で20分ほど名古屋方面に行くと熱田神宮などがある熱田駅なので、出かけるついでにお参りに立ち寄るのもいいでしょう。

    【舞台『里見八犬伝』2017年公演の主要会場解説④東京エレクトロンホール宮城(宮城県)】

    東京エレクトロンホール宮城は東北地方最大の都市、仙台での会場で、公演の千秋楽にあたります。1964年に作られた歴史のあるホールです。地下1階・地上6階建てで会議室や展示室なども多数備わっており、幅広い芸術関連の活動に使われています。

    日程

    5月27日(土)

    座席表(1階1,206席/2階209席/3階175席)

    1階は全26列。後ろに通路がある17列目までは、1〜10番(最左)、11〜22番(左)、23〜34番(中央)、35〜46番(右)、47〜58番(最右)の5ブロックになっています。18列目以降は1〜12番(最左)、13〜24番(中央左)、25〜36番(中央右)、37〜48番(最右)の4ブロックです。

    2階と3階は細かくブロック表記されます。各ブロックのほとんどが2〜3列で、2A〜2C、2I〜2K、3A〜3C、3I〜3Kは左右の壁沿いにせり出すバルコニー席のようなエリアです。横の並びはブロックごとの通し番号で、番号が若いほど前列になります。

    良席

    1階は7列目くらいまでを確保したいところ。2階と3階の場合は距離があるので、少しでも近いように先に述べたバルコニー席のようなエリアのA〜CとI〜Kがおすすめです。

    アクセス

    所在地

    宮城県仙台市青葉区国分町3-3-7

    最寄り駅から徒歩

    • 市営地下鉄南北線「勾当台公園」駅出口「公園2」より徒歩15分

    周辺情報

    周辺にはグルメ店などがありますが、電車で5分くらい乗車すれば仙台駅なので、時間調整などはさまざまな店舗が揃っている仙台駅のほうがいいかもしれません。ちなみに、仙台から会場まで歩くと30分ほどかかります。

    【舞台『里見八犬伝』2017年公演の主要会場解説⑤福岡サンパレス 大ホール(福岡県)】

    最後にご紹介するのは、福岡サンパレス 大ホール。複合施設の一角にあります。アジアの拠点となる大都市らしく、大きな収容力でコンサートから国際会議まで幅広い利用が可能なホールです。会場までの主な行き方がバスなので余裕を持って行きましょう。

    日程

    5月10日(水)

    座席表(1階1,468席/2階360席/3階488席)

    1階は1〜4列、通路を挟んで5〜24列、再び通路を挟んで25〜32列となります。横並びは1〜11番(最左)、12〜22番(左)、23〜34番(中央)、35〜45番(右)、46〜56番(最右)の5ブロックです。

    2階は1〜11列、3階は1〜9列が左右の壁に沿ってせり出す形です。2階の8列目までと3階の4列目までは1席ずつしかありません。11番までと46番以降は左右のサイド寄りの座席と考えたほうがいいでしょう。23〜34番が中央にあたります。

    良席

    1階なら少なくとも7列目くらいまでを確保したいところです。先述したように2階8列目までと3階4列目までは1席のみなので、かなりプライベート感があって快適に鑑賞できます。

    アクセス

    所在地

    福岡県福岡市博多区築港本町2-1

    最寄り駅からバス利用

    • JR博多駅「博多駅シティ銀行前」Fのりば99番博多埠頭行き乗車「国際センターサンパレス前」下車すぐ
    • JR博多駅「博多駅シティ銀行前」Fのりば88番/西鉄・地下鉄天神駅「ソラリアステージ前」2Aのりば80番中央埠頭行き乗車「国際会議場サンパレス前」下車すぐ

    周辺情報

    福岡サンパレス内に展望レストランなどがあり、ちょっと贅沢なランチやディナーができます。その他はあまり見るものなどがないので、大きな博多駅周辺で時間調整するのが賢明でしょう。

    【各会場で最高のエンターテインメント舞台『里見八犬伝』を楽しもう】

    (出典:イラストACより)

    待ち遠しい舞台『里見八犬伝』2017年公演の日程など基本概要をはじめ、主な会場について座席表やアクセス方法、周辺施設の情報をまとめてお届けしました。多くの人を感動させた人気の舞台が主演・山崎賢人の再演で蘇ります!ぜひお近くの会場に足を運んでみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。