三谷幸喜作/演出、片岡愛之助主演の「酒と涙とジキルとハイド」2018年春に再演決定!キャスト・あらすじ・日程・会場などの公演概要を詳しくご紹介します!

三谷幸喜が作・演出を手がけた「酒と涙とジキルとハイド」。2014年の初演時に三谷幸喜の新たなコメディ傑作と謳われたその「酒と涙とジキルとハイド」が2018年春に初演時のままのキャストで待望の再演を迎えることが決定しました! ジキル博士を演じる片岡愛之助、役者のビクター役を務める藤井隆、さらにジキル博士の婚約者・イヴ役の優香、博士の助手プール役・迫田孝也による上質な喜劇再演を前に気になるそのキャストやあらすじ、日程、会場など公演概要をまとめてをご紹介します!

三谷幸喜作/演出「酒と涙とジキルとハイド」初演キャストで再演決定!

2017年秋の紫綬褒章を受章した三谷幸喜が手がけ、2014年に初演されたコメディ喜劇「酒と涙とジキルとハイド」が2018年春に再演されることが決定しました! 

さらに今回の再演キャストは大好評のうちに幕を下ろした初演時キャスト勢ぞろい、さらに東京公演に先立ち、毎年旧正月明けに台湾・台北の4つの国立劇場を会場として開催される「台湾国際芸術節」への参加・上演も同時に決定しています!

今から耳目を集めるこの「酒と涙とジキルとハイド」、果たしてどんな舞台なのかをご紹介します!

三谷幸喜作/演出「酒と涙とジキルとハイド」気になるあらすじは

今回4年ぶりの再演となる「酒と涙とジキルとハイド」。そのあらすじはというと・・・

物語の舞台は19世紀末のイギリス・ロンドン。ある日ジキル博士は、元々は1人の人間の中に混在するはずの「善」と「悪」それぞれの人格をすっぱりと分離することができる世にも稀な新薬を発明したと世間に発表します。

そしてその薬の大々的なお披露目となる学会の発表をいよいよ明日に控えたその時、ひとたび薬を服用すれば、たちどころに「悪の権化」ハイド氏へと人格が変わるはずであったその薬に全く効果がないことに気付いたジキル博士。

つかみかけた栄光と、失うに違いない名声を思い、パニックになったジキル博士は、窮余の一策として役者のビクターを雇い、「悪の権化・ハイド氏」を演じさせることを思いつきます。ほとんど詐欺のようなその計画の片棒を担がされることを不承不承ながら引き受けたビクター。

2人は急遽翌日の学会発表に備えて「ジキル博士」と「ハイド氏」としての演技の打ち合わせを始めますが、そこへ何も知らないジキル博士の婚約者・イヴが博士を訪ねてきてしまいます。

狼狽し慌てふためくジキル博士とビクターをかばうため、博士の忠実な助手プールがとっさに繰り出した機転で何とかその場の体裁はとりつくろったものの、その機転がさらに次の事態を引き起こすきっかけに、というドミノ倒しのようなドタバタが始まってしまい・・・

2002年の市村正親、浅野和之、戸田恵子による「You Are The Top ~今宵の君~」、2011年の藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵による「ろくでなし啄木」に引き続いての三谷幸喜による、ホリプロプロデュースへの書き下ろし作となった「酒と涙とジキルとハイド」。

2015年、2016年と韓国でも韓国キャストで上演されるなど、そのテンポの良いストーリーの巧みさや上質な笑いのセンスはさすが三谷幸喜作品と言えるこの作品、今回の再演にあたっては2015年に蜷川幸雄の「ハムレット」が上演されたことでも知られる台湾国際芸術節での上演も決まっており、初演にも増して注目を集めています!

三谷幸喜作/演出「酒と涙とジキルとハイド」初演キャストで再演!

それでは、この「酒と涙とジキルとハイド」に出演するキャストをご紹介していきます!

ジキル博士/ 片岡愛之助

ジキル博士を演じるのは歌舞伎役者としてだけでなく、ドラマ「半沢直樹」やNHK大河ドラマなどですっかりお茶の間でも人気の片岡愛之助。

このジキル役初演時のインタビューでは

「(三谷さんが演出された)PARCO歌舞伎の出演者から、台本が進化していくと聞きました。やっぱり舞台は生き物ですから、三谷さんが演出して下さる中でどんどん変わって行く…というのは、役者として楽しみです」

(出典:woman excite )

と答えていた片岡愛之助。この「酒と涙とジキルとハイド」初演後も三谷幸喜が手がけた大河ドラマ「真田丸」で大谷吉継役を好演するなど、役者としてもさらに成長を遂げた片岡愛之助が再演の舞台でどんなジキル博士を演じてくれるのか楽しみですね。

役者ビクター/ 藤井隆

ジキル博士に片棒をかつがされる羽目になる役者のビクター役を務める藤井隆。TVでのお笑いのイメージしかなかった、という人も片岡愛之助や迫田孝也などと共演した三谷幸喜脚本の「真田丸」での佐助役での演技ぶりに驚かされたのでは。

実はこれまでにも宮沢りえや古田新太と共演したNODA・MAP「 ザ・キャラクター」や妻夫木聡、深津絵里との同じくNODA・MAP「エッグ」などのさまざまな舞台に出演している藤井隆。

さらに三谷作品にはこの「酒と涙とジキルとハイド」初演の2年前に上演された三谷版「桜の園」にも迫田孝也と共に出演しており、今回の再演で舞台だけでも通算3度目となる三谷作品への参加となる藤井隆が、4年ぶりにどんなビクターを演じてくれるのかも楽しみです!

ジキル博士の婚約者イヴ/ 優香

初演時の「酒と涙とジキルとハイド」が舞台初経験だった優香。その伸びやかな演技ぶりはまさに嬉しい驚きを持って賞賛されました。

その後今年2017年に上演された「不信~彼女が嘘をつく理由」で再び三谷作品に挑んだ優香。その記者会見では

やっぱりドキドキしながら毎日を過ごしていますが、お客さんが盛り上がってくれるとこっちも気持ちがよくなって一体感が生まれ、『舞台って楽しいな』って思う瞬間がちょっとだけありますね

(出典:  woman excite)

と2度目の舞台への意気込みを語っていましたが、今回再演を迎え、優香自身3度目となる「酒と涙とジキルとハイド」では気心知れたキャストたちとどんな一体感を持って舞台を盛り上げてくれるかにも注目したいですね。

博士の助手プール / 迫田孝也

ジキル博士の助手プールを演じるのは個性派俳優の迫田孝也。三谷幸喜作品初出演は2008年の映画「マジックアワー」で、それ以降「ステキな金縛り」「清洲会議」など数々の三谷作品に出演。

この「酒と涙とジキルとハイド」後、片岡愛之助、藤井隆らと共に三谷幸喜の「真田丸」に矢沢三十郎頼幸役で出演し、一躍お茶の間での認知度を高めました。その「真田丸」撮影時のインタビューでは

(自分を抜擢してくれた) 三谷さんに恩返しもしたいと思いますし、三谷さんをびっくりさせたいという気持ちもあります。三谷さんが思い描いているイメージを超えていきたいという、気概もあります。(中略) 役者としてより重心を落として構えられるようになったというか、安定したというか、自信がついたというか。そういう気持ちで芝居をすると、ぶれない芝居ができて、それがまた自信につながる。

(出典:ORICON NEWS)

と答えていた迫田孝也。その言葉通り4年という年月と経験を経ての再演でどんな成長ぶりを見せてくれるか期待が高まりますね。

三谷幸喜作/演出「酒と涙とジキルとハイド」の2018年公演概要は

(出典:pixabayより)

「酒と涙とジキルとハイド」2018年台湾公演概要

  • 上演期間: 2018年3月30日~2018年4月1日
  • 会場: 國家兩廳院 國家戲劇院 (台北)

「酒と涙とジキルとハイド」2018年東京公演概要

  • 上演期間: 2018年4月27日~2018年5月26日
  • 会場: 東京芸術劇場 プレイハウス

 

三谷幸喜作/演出「酒と涙とジキルとハイド」2018年春の再演お見逃しなく!

三谷幸喜作・演出による大人のための上質コメディ劇「酒と涙とジキルとハイド」再演は2018年春! 初演時からのキャスト陣による息の合った舞台をどうかお見逃しなく!

「酒と涙とジキルとハイド」関連のおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。