舞台「るつぼ」を観る前に知りたい!Bunkamuraシアターコクーンの座席まとめ

いよいよ2016年10月に舞台【るつぼ】が上演されますね。豪華な出演者も話題になっている今作ですが、今回は上演される劇場「Bunkamura シアターコクーン」の座席を調査してみました。ぜひ観劇前の座席予習にお使いください。

2016年10月に上演が決まった舞台【るつぼ】。豪華キャスト勢揃いということで注目している方が多いのではないでしょうか。今回は上演される劇場「Bunkamura シアターコクーン」の座席について、ご紹介します。観劇する前に座席をチェックして準備万端で行きましょう。

舞台【るつぼ】の座席をチェックする前に劇場へのアクセスを確認しよう

舞台【るつぼ】が上演される「Bunkamura シアターコクーン」は、運行する路線が多くターミナル駅となっている渋谷駅の近くです。【るつぼ】を観劇する方は、迷わないようにアクセスを確認しておきましょう。

徒歩

  • JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分
  • 東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分
  • 東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より徒歩5分

無料シャトルバス

渋谷駅・宮益坂口(東急東横店)と本店(Bunkamura)との循環バスが、9:50~20:15の間に12~15分間隔で運転。
[本店発10時~20時15分、東横店発9時50分~20時]

舞台【るつぼ】の座席について

「Bunkamura シアターコクーン」へのアクセスを確認したところで、舞台【るつぼ】の座席について説明していきます。今回、販売されている席種は下記の通りです。

  • S席:10,500円
  • A席:8,000円
  • コクーン席:5,000円

「コクーン席」が通常より観劇しにくい席となっています。とりあえず雰囲気に触れたい方や、とにかく舞台【るつぼ】を観たいという方にオススメです。お手元のチケットを見て、では早速、座席を確認していきましょう。

1階席

「Bunkamura シアターコクーン」の大部分を占め、一番多く席数があります。1階席前方の両側はバルコニー席です。舞台を正面から観劇できる席です。「Bunkamura シアターコクーン」は舞台から1階席最後列までが24mですので、比較的、どの位置からでも舞台が近いと感じやすいでしょう。座席が傾斜になっていて、後方列でも障害物が少ないつくりです。

中2階 バルコニー席

1階席と2階席の間にあります。劇場の両側、縦に座席が配置されています。舞台を斜めから見下ろす座席です。1階席よりも高い位置にありますので、舞台全体を眺めるのに適しています。後方の列は、それだけ舞台から遠ざかりますので、オペラグラスを用意しておいた方が無難かもしれません。

2階席 正面

1階席後方を覆う位置にあります。こちらも舞台を正面から観劇できる席です。1階席や中2階バルコニー席より高さがありますので、役者や演出の細かい箇所まで把握したい場合はオペラグラスを使うと良いでしょう。

2階 バルコニー席

2階席前方の両側、中2階 バルコニー席の上にあります。中2階バルコニー席同様、舞台を斜めから見下ろす座席です。こちらもオペラグラスを用意した方が安心でしょう。座席に構わず観劇したい方や、他の座席に飽きてしまい別角度から観劇したい方にオススメです。

オペラグラスを用意して出かけよう!

「Bunkamura シアターコクーン」ではオペラグラスの貸出しを行っておりません。観劇する前に、各自、しっかり準備して行きましょう。

舞台【るつぼ】の座席を確認したら、あとは観劇するだけ

今回は話題の舞台【るつぼ】の座席について説明しました。それぞれに特徴があり、長所も短所もあります。どの座席からでも舞台を楽しめるよう、オペラグラスなどの準備は忘れないようにしましょう。「るつぼ」のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。