舞台『るつぼ』 森ノ宮ピロティホール (大阪)公演での気になる席種や座席の詳細は?

シアターコクーン・オンレパートリー2016舞台『るつぼ』の大阪公演。11月03日(木)~11月06日(日)の間、森ノ宮ピロティホールにて行われます。本日はその大阪公演について会場&座席など気になる情報をまとめてみました。

2016年秋に行われる舞台シアターコクーン・オンレパートリー2016『るつぼ』は、アーサー・ミラー作、ジョナサン・マンビィ演出。

キャストには、堤真一さん、松雪泰子さん、黒木華さん、人気の溝端淳平さんなど、今話題の俳優陣が勢ぞろいする舞台です。公演場所は、東京・大阪の二箇所。

今回は、11月03日(木)~11月06日(日)の間、森ノ宮ピロティホール (大阪)にて行われる公演についてまとめてみました。座席表や席種など、チケットを購入される方はぜひ参考にしてみてください。

舞台『るつぼ』森ノ宮ピロティホール (大阪)公演での席種は?

シアターコクーン・オンレパートリー2016舞台『るつぼ』の大阪公演。舞台の行われる会場は、大阪城公園近くにあるホール。森ノ宮ピロティホールです。

公式サイトによればチケットは、全席指定の11,000円(未就学児の入場は不可)です。席種は1種類のみとなっており、座席のエリアは選べません。また席によって金額の違いもありません。

ホールの構成上2階席・3席、ボックス席といった区別がなく特に席種が設けられていないのもそのためのようですね。

同じく大阪にある三階層の劇場『梅田芸術劇場メインホール』の総収容人数は1905席ですが、そのうちの1077席が1階席にあたります。森ノ宮ピロティホール (大阪)の総収容人数は1030席。

1階は通常S席として販売されることが多い(後部はA席という上演もあります)お席ですので、どの席に当たっても観劇に不都合はないでしょう。

実際にチケットを手にするまで、座席の場所を推測するは難しいようですが、それもまた楽しみの1つにされてみてはいかがでしょうか。

森ノ宮ピロティホール (大阪)座席の詳細は?

そうは言っても、やはりいいお席で観劇したいというのがファンの心情ですよね。

シアターコクーン・オンレパートリー2016舞台『るつぼ』大阪公演の行われる森ノ宮ピロティホールの座席についてもまとめましたので、自分の席がどのあたりになりそうか、目星をつける参考にしてみてください。

森ノ宮ピロティホール (大阪)の総収容人数は1030席ですが、オーケストラピット使用の場合は、前方A列・B列・C列の108席が減り、計922席となります。

前方はA列からN列まで13列構成。後列はO列からZZ列までの13列構成。N列とO列の間に通路のあるつくりです。D列以降の座席にはなだらかな傾斜がつけられています。

初めて来訪されるかたは、大きな映画館の箱を更に一回り程大きくしたものを想像してみてください。イメージが掴みやすいのではないでしょうか。車いす用スペースは、前方最後尾N列の31番目からです。

座席は、舞台に面して左側から1番~6番・7番~18番・19番~30番・31番~42番・43番~48番のブロックに分けられます(各ブロック間に通路があります)。

前方A列~H列は3ブロック構成。I列~ZZ列は5ブロック構成(一部車いすエリア、扉エリアを除く)。

真正面から見られるエリアは、7番~18番・19番~30番・31番~42番となり、1番~6番・43番~48番のサイドエリアは舞台に対して少し角度がつきます。

一番真ん中のエリアは19番~30番です。後方の列であっても最も偏りなく舞台を観劇できるいいお席ですので、ぜひチケットを確認してみてくださいね。

舞台「るつぼ」のオススメ記事はこちら

最後に

シアターコクーン・オンレパートリー2016舞台『るつぼ』大阪公演の座席について確認することが出来ましたでしょうか。

ちなみに森ノ宮ピロティホール (大阪)の最寄り駅は、JR大阪環状線『森ノ宮駅』及び、地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線『森ノ宮駅』2番出口となっています。

どちらの駅からでも徒歩五分圏内ですので、慣れない人でも比較的迷わず到着出来る会場ですよ。

自信のない方は、大阪城公園、阪神高速13号東大阪線よりさらに南側(森ノ宮駅側)、もりのみやキューズモールBASEと大阪市子供センターの間にある薄黄色の建物と覚えておけば便利です。人気の舞台「るつぼ」のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。