豪華でスリリング!?舞台「るつぼ」のキャストをピックアップ!

いよいよ10月7日から東京Bunkamuraシアターコクーンで舞台「るつぼ」が上演されます。アーサーミラーの傑作戯曲を広田敦郎の新訳で届けてくれる今作ですが、豪華出演者も話題になっています。今回は舞台「るつぼ」の主要キャストをご紹介します。

アメリカの大劇作家アーサー・ミラーの20世紀を代表する傑作「るつぼ」が、2016年10月7日から30日まで、東京のシアターコクーンで上映されます。

佐藤健さんと石原さとみさんが主演を務めた「ロミオ&ジュリエット」をはじめ、数多くの話題作を手がけてきたイギリスの演出家ジョナサン・マンビィが演出を担当するほか、豪華なキャスト陣も話題を呼んでいます。今回は、舞台「るつぼ」に出演する主要キャストをご紹介していきます。

舞台「るつぼ」のキャストその1 自らの原点は舞台~堤真一さん~

主人公で農夫のジョン・プロクター役を、舞台・ドラマ・映画・CMなど、幅広いフィールドで活躍を見せる俳優の堤真一さんが務めます。シリアスからコミカルまで、様々な役どころをこなす「演技派俳優」というイメージがある堤さんですが、高校卒業後は千葉真一さんが主宰を務める、アクション俳優やスタントマンを育成する養成所に研修生として入団をしています。

養成所に通っていた際に、「ラストサムライ」などでも知られる真田広之さんの付き人をしていたことがあり、今もなお、真田さんの前では緊張してしまうと語っています。その後、5代目坂東玉三郎さんが主演を務めた「天守物語」へ出演したことがきっかけとなり、本格的に役者を志すようになったそうです。下積み時代は極貧の生活を送り、かなり苦労していたという堤さんですが、ドラマ「ピュア」(1996年)や「やまとなでしこ」(2000年)の出演で知名度を上げ、今やテレビ・映画・演劇界では欠かせない存在となっていきます。

三國連太郎さん・柄本明さん・三浦友和さんに次ぎ、日本アカデミー賞の主演と助演の2部門を制していることからも、堤さんの演技力は多くの人々を作品の世界観に惹きこむ魅力に溢れています。そんな堤さんは、自らの原点は「舞台」であると公言しており、テレビや映画に数多く出演するようになってからも、毎年舞台を欠かさずにこなしています。舞台に対する思いや、舞台にかける思いが人一倍強い堤さんだからこそ、今回の「るつぼ」で、黒木華さん演じるアビゲイルと一夜の過ちを犯してしまい、罪の意識にさいなまれるプロクターという人間をどのように演じ、どのように表現するのかに注目が集まります。

舞台「るつぼ」のキャストその3 ため息が出るほどの美しさ~松雪泰子さん~

堤さん演じるプロクターの妻・エリザベス・プロクター役には、女優の松雪泰子さんが抜擢されました。堤さんとは、福山雅治さん主演の映画「容疑者Xの献身」でも共演しており、堤さん演じる天才数学者の石神哲哉が、松雪さん演じる花岡靖子に密かに思いを寄せるという関係。2人の迫真の演技が印象深かったという方も多いのではないでしょうか。

前述の「容疑者Xの献身」や「デトロイト・メタル・シティ」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しているほか、3年ぶりのドラマ出演となった「Mother」(2010年)では主演を務め、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞や、東京ドラマアウォード2010 主演女優賞を受賞するなど、ドラマや映画への出演が多い印象ですが、舞台へも出演しており、実際に観劇された方からは「ため息が出るほど美しい」「麗しい」といった声も聞こえてきます。

見ている人々を惹きつける魅力・美しさに溢れた松雪さんが、「るつぼ」の舞台で、エリザベスという役とどう向き合うかに注目が集まります。

舞台「るつぼ」のキャストその3 将来を期待される女優~黒木華さん~

また、前述の通り、17歳の少女アビゲイル・ウィリアムズ役には女優の黒木華さんが抜擢されました。黒木さんは2010年に舞台デビューを果たして以降、「小さいおうち」や「母と暮せば」などの映画、「純と愛」・「リーガルハイ」・「花子とアン」・「天皇の料理番」などのドラマに出演しており、今年4月から放送された「重版出来!」では連続ドラマ初主演も果たしています。

また、前述の映画2作品でいずれも日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞しており、史上2人目の連覇という快挙を果たしていることからも、女優として将来を期待されていることがうかがえます。日々成長を見せる黒木さんが、「るつぼ」の舞台でどのように躍動するのかに注目が集まります。

舞台「るつぼ」のキャストその4 役づくりにかける強い思い~溝端淳平さん~

ヘイル牧師役は、俳優としての活躍も目ざましい溝端淳平さんが務めます。2006年に行われた「ジュノン・スーパーボーイコンテスト」でグランプリとボルテージ賞を獲得し、翌年に放送されたドラマ「生徒諸君!」で俳優デビューを果たします。

その後も数多くのドラマ・映画に出演し、映画「赤い糸」(2010年)では、日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞しています。着実にステップアップし、力をつけている溝端さん。かつて、自らが演じるキャラクターのイメージを追求するために6キロの減量を行ったり、髪形を維持するために毎日ミリ単位でヘアカットをしたりと、役づくりにかける思いは人一倍強いものがあります。

ルックスだけでなく、演技力にも定評がある溝端さんが、ヘイル牧師という役とどのように向き合うのかにも注目です。

舞台「るつぼ」のオススメ記事はこちら

豪華なキャストがつくりだす舞台「るつぼ」から目が離せない!

舞台「るつぼ」には、このほかにも小野武彦さんをはじめとする豪華なキャスト、フレッシュなキャストが名を連ねています。公式サイトで「スリリングな顔ぶれ」と表現されているように、豪華で個性的なキャスト陣が、この作品でどのような化学反応を見せるかは、まさに未知数と言えるかもしれません。上演が近づくにつれて期待が高まる舞台「るつぼ」。実際に足を運んで、作品の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。るつぼ 舞台のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。