『ロミオ&ジュリエット』を最高に楽しめる座席表は?公演情報もあわせてご紹介はこれを読めば大丈夫!

2017年1月のTBS赤坂ACTシアターでの公演を皮切りにスタートする『ロミオ&ジュリエット』。今回は会場情報やおすすめの座席表、アクセス、開場・開演時刻など公演当日までにチェックしておきたいポイントについてご紹介します。公演当日に見返したくなること間違いなしでしょう!

【東宝ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』に期待が高まる!】

主役だけでもこんなに豪華なメンバーで講演される『ロミオ&ジュリエット』。9月にミニライブとともに制作発表が行われてから、「公演が待ちきれない!」とわくわくして待っているファンの方も多いでしょう。

実力派俳優キャストたちの出演と、斬新な演出が魅力の通称『東宝版ロミジュリ』。その歴史は1597年の初版発行が始まりで、全世界で有名な純愛ストーリーとして語り継がれています。有名な物語を題材にしたミュージカルなだけに、9月のミニライブ付き制作発表から公演を心待ちにしていたファンも多いのではないでしょうか。

今回は一体どんなステージを見せてくれるのか期待が高まります。好きなミュージカルの公演には、しっかりと事前に必要な情報をチェックして臨みたいですよね。ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の公演会場や座席表、アクセス、開場・開演時刻など公演当日までにチェックしておきたいポイントを集めてご紹介します。

【Wキャストの主演が豪華!】

実力派の若手が集結し、Wキャストでの公演が話題を集めている『ロミオ&ジュリエット』。ロミオ役には『エリザベート』や『黒執事』など話題のミュージカルに多数出演されているの古川雄大さんと、それからNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の清役を演じ、舞台でも映像でも活躍する大野拓朗さんが抜擢されました。

壮大なセットで華麗に演じる二人のロミオ役。きっとどの座席から観ても美しいのでしょう。

また『ロミオ&ジュリエット』のヒロイン、ジュリエット役には乃木坂46として活躍しながらもでありながらミュージカル『リボンの騎士』主演で高評価を得た生田絵梨花さんと、さらに2015年日本テレビの『全日本歌唱力選手権歌唱王』で決勝に残った木下晴香さんが抜擢されました。

一体どんな演技をみせてくれるのでしょうか。是非ともいい座席でその活躍を楽しみたいところです。

【『ロミオ&ジュリエット』の東京公演会場。東京公演TBS赤坂ACTシアター】

赤坂サカス内にある赤坂ACTシアターは、1階が890席で2階が434席の合計1,324席の会場です。サイズとしては中規模の劇場となりますが、2008年のオープンから300万人の入場者数を記録している都心のでは有名な劇場です。

開場周辺はイタリアンやフレンチだけでなくおしゃれなカフェが多く軒を連ねており、飲食店や赤坂サカスなどのショッピングモールエンタメ施設などもが多く賑やかな雰囲気。夕方以降の公演ならイルミネーションも楽しめます。

アクセス

〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-2 赤坂サカス内

  • ・東京メトロ千代田線「赤坂駅」3b出口から徒歩1分
  • ・東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」10番出口より徒歩8分
  • ・東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」7番・10番出口より徒歩7分

赤坂駅の3b出口を出るとすぐ、右手に赤坂BLITSが見えます。ブリッツの奥の建物がアクトシアターTBS赤坂ACTシアターなので、初めてでも迷うことはないでしょう。

会場のポイント

  • ・コインロッカーは大300円、小100円
  • ・ACTカフェにてオペラグラスの販売あり
  • ・ひざ掛けの貸し出しあり
  • ・駐車場・駐輪場はなし。電車などを利用しましょう。

公演スケジュール

【2017年1月】

  • 1月15日(日)17:30〜
  • 1月16日(月)18:30〜
  • 1月17日(火)休演日
  • 1月18日(水)13:30〜、18:30〜
  • 1月18日(水)
  • 1月19日(木)13:30〜、アフタートーク
  • 1月20日(金)13:30〜、アフタートーク
  • 1月21日(土)12:30〜、17:30〜
  • 1月21日(土)
  • 1月22日(日)12:30〜、17:30〜
  • 1月22日(日)
  • 1月23日(月) 休演日
  • 1月24日(火)13:30〜
  • 1月25日(水)13:30〜、アフタートーク
  • 1月26日(木)18:30〜
  • 1月27日(金)13:30〜
  • 1月28日(土)12:30〜、17:30〜、アフタートーク
  • 1月28日(土)
  • 1月29日(日)13:30〜
  • 1月30日(月)13:30〜
  • 1月31日(火) 休演日

【2017年2月】

  • 2月1日(水)13:30〜、18:30〜
  • 2月1日(水)
  • 2月2日(木)18:30〜
  • 2月3日(金)13:30〜
  • 2月4日(土)12:30〜
  • 2月4日(土)17:30〜、アフタートーク
  • 2月5日(日)13:30〜
  • 2月6日(月)13:30〜
  • 2月7日(火) 休演日
  • 2月8日(水)13:30〜
  • 2月9日(木)13:30〜(学生団体が観劇するのでA席/B席の販売はなし)
  • 2月10日(金)18:30〜
  • 2月11日(土・祝)12:30〜、17:30〜
  • 2月11日(土・祝)
  • 2月12日(日)13:30〜
  • 2月13日(月)13:30〜、18:30〜
  • 2月13日(月)
  • 2月14日(火)13:30〜

【TBS赤坂ACTシアターおすすめの座席表とは?】

赤坂ACTシアターの座席表は映画館や文化会館のような造りで千鳥配列になっているため、真ん中のブロックから右側と左側のブロックの席はステージが見やすいよう少し内側に配置されています。1階がA列〜Y列、2階席はA列〜K列で1列あたり約40席という構成。基本的にどの座席からも舞台が見やすくいように作造られています。

基本的にどの席からでも楽しめる作りとなっていますが、やはり『ロミオ&ジュリエット』キャストたちの細やかな表情もしっかり楽しみたいということであれば、舞台ステージから近い席がおすすめです。ちなみに2階席の場合はキャストの表情が見えにくいことデメリットもありますが、キャスト全員の動きや演出が見やすいというメリットもあります。

『ロミオ&ジュリエット』を楽しむのにおすすめな座席。それは1階席D列とH列の14〜28番です。D列はステージから4番目、H列は8番目に位置し、14〜18番はセンターブロック席に該当します。そのため、ステージ全体を見渡せるだけでなく、肉眼でもキャストたちの表情を確認することができるでしょう。

ちなみに、2階席であれば、一番前のA席14〜28番がおすすめです。1階席にはない開放感と臨場感を思う存分楽しめるのではないでしょうか。

【『ロミオ&ジュリエット』の大阪公演会場。大阪公演梅田芸術劇場メインホール】

梅田芸術劇場メインホールのキャパシティ座席表の造りは1階席1077席、2階席420席、3階席408席の合計1,905席です。1階にはSOLVIVAというおしゃれなレストランもがあり、食事を楽しんでから観劇をたのしむことも可能です。地下には「シアター・ドラマシティ」というもう一つの会場があるので、間違えないようにしましょう。

ちなみに周辺には綱敷天神社やショッピングモールのNU茶屋町などがあり、『ロミオ&ジュリエット』の公演前後も近隣施設で楽しむことができます。

アクセス

〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-1

阪急電車

  • ・「梅田駅」茶屋町口より徒歩3分JR線
  • ・「大阪駅」御堂筋北口より徒歩8分地下鉄
  • ・御堂筋線「梅田駅」1号出口から徒歩5分
  • ・御堂筋線「中津駅」3号出口から徒歩5分
  • ・谷町線「東梅田駅」1号出口から徒歩7分
  • ・四ツ橋線「西梅田駅」3号出口から徒歩11分阪神電車
  • ・「梅田駅」東出口から徒歩10分

阪急電車 「梅田駅」茶屋町口から徒歩3分程度。梅田駅出口の階段を降りたら道路を渡り、右に曲がります。100m程歩き、右に曲がると到着です。

会場のポイント

  • ・無料のコインロッカーあり
  • ・駐車場・駐輪場はなし。電車などを利用しましょう。

公演スケジュール

【2017年2月】

  • 2月22日(水)18:30〜
  • 2月23日(木)13:30〜
  • 2月24日(金)13:30〜、アフタートーク
  • 2月25日(土)12:30〜、17:30〜、アフタートーク
  • 2月25日(土)
  • 2月26日(日)12:30〜、17:30〜
  • 2月26日(日)
  • 2月27日(月)13:30〜、アフタートーク
  • 2月28日(火)休演日

【2017年3月】

  • 3月1日(水)13:30〜、18:30〜
  • 3月1日(水)
  • 3月2日(木)13:30〜
  • 3月3日(金)13:30〜、アフタートーク
  • 3月4日(土)12:30〜、17:30〜
  • 3月4日(土)
  • 3月5日(日)13:30〜

【梅田芸術劇場おすすめの座席表とは?】

梅田芸術劇場メインホールはクラシカルで重厚なイメージの会場。ロミジュリミュージカル『ロミオ&ジュリエット』を楽しむのにはうってつけの雰囲気です。座席表は1階〜3階で構成されており、オペラのコンサートホールのような迫力が魅力。実際に、ミュージカルだけでなくオペラの公演も行われているようです。

1階席が26列、2・3階席が7列で、1列あたり約60席ほどの配置で構成されています。そんな、梅田芸術劇場メインホールのおすすめ座席表はやはり1階席です。

ベストな座席表は、1階席4列目の中央ブロックに該当する26〜37番でしょう。ステージ全体を見渡しつつも、キャストの表情をしっかりと楽しめるはずです。また、1階席8列目の26〜37番もおすすめです。こちらの席も『ロミオ&ジュリエット』全体の動きを確認しつつ、肉眼でキャストの表情を確認できるのではないでしょうか。

ちなみに非常に大型な会場なので、3階席や2階席では、座席の位置によって舞台の端が見えにくい可能性もあるかもしれません。例えば、3階1列目と2列目の両サイドの席1〜10番が該当します。全体の雰囲気を掴んだり、普段は見られないところが見られるとプラスにとらえて楽しみましょう!

『ロミオ&ジュリエット』・東宝ミュージカルの他のオススメ記事

【情報をしっかりチェックして!当日は『ロミオ&ジュリエット』を堪能しよ思う存分楽しもう!】

(出典:イラストACより)

公演や会場の座席表情報などを事前に把握しておけば、当日は開演までの時間を余裕を持って過ごせ、時間を無駄なく活用することができます。せっかく好きなミュージカルを観に行くなら、開演前に人気のカフェやレストランで食事をしたり、会場周辺を巡るなど公演前後も含めた1日のスケジュールを立てて、最大限に楽しみましょう。、特別な1日としていつも頑張っている自分へのご褒美にしてもいいでしょう。実力派若手俳優たちが活躍する『ロミオ&ジュリエット』を観てミュージカルにはまったら、彼らが活躍している他の公演情報もあわせてチェックしてみましょうてはいかがでしょうか

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。