百鬼オペラ『羅生門』開幕!全国ツアーの会場と公演グッズを解説

柄本佑さん、満島ひかりさん、吉沢亮さんらが出演する舞台、百鬼オペラ『羅生門』が2017年9月8日(金)に東京で開幕しました!芥川龍之介の代表作のエッセンスと、芥川龍之介自身の人生を絡ませながら表現する百鬼オペラ『羅生門』は、早くも多くの観客の絶賛を浴びています。百鬼オペラ『羅生門』とはどのような作品なのでしょうか?今回は、百鬼オペラ『羅生門』の作品解説、東京の後に続く全国ツアーの日程や会場などの概要、さらに他の舞台の公演グッズとは一味ちがう百鬼オペラ『羅生門』の公演グッズの詳細について解説します。

百鬼オペラ『羅生門』Bunkamura シアターコクーンにて開幕!

【画像:フリー画像AC

百鬼オペラ『羅生門』が2017年9月8日(金)に東京で開幕しました!芥川龍之介の代表作「羅生門」「藪の中」「蜘蛛の糸」「鼻」のエッセンスと、芥川龍之介自身の人生を絡ませながら表現する百鬼オペラ『羅生門』は、早くも多くの観客の絶賛を浴びています。

百鬼オペラ『羅生門』とはどのような作品なのでしょうか?今回は、百鬼オペラ『羅生門』の作品解説、東京の後に続く全国ツアーの日程や会場などの概要、さらに他の舞台の公演グッズとは一味ちがう百鬼オペラ『羅生門』の公演グッズの詳細について解説します。

関連するおすすめ記事

百鬼オペラ『羅生門』個性豊かな才能が送る奇想天外なツアー!

「100万回生きたねこ」で深田恭子が初舞台に挑む!

HANDSOME FESTIVAL(ハンサムフェスティバル)2016と過去のコンテンツも!神木隆之介など出演者一覧、日程、会場まとめ

百鬼オペラ『羅生門』とは?

百鬼オペラ『羅生門』は、芥川龍之介をテーマにした作品です。芥川龍之介の代表作と、彼自身の人生を絡ませて描く男女の物語は、唯一無二のファンタジックな世界観。歌やダンスも取り入れた独特の幻想的なステージは、観る者に衝撃を与えます。

脚本を手がけたのは、てがみ座の長田育恵さん。演出・振付・美術・衣裳を担当するのは、ミュージカル『100万回生きたねこ』で日本演劇界に強烈なインパクトを残したコンビ、イスラエルのアブシャロム・ポラックとインバル・ピントです。また、阿部海太郎さんを中心に生み出されたオリジナル楽曲が、生演奏で奏でられるという贅沢な舞台でもあります。

また、百鬼オペラ『羅生門』はキャストも豪華。柄本佑さん、満島ひかりさん、吉沢亮さんをはじめとする人気・実力ともに兼ね備えた一流のキャストたちが、様々な役どころを演じます。

百鬼オペラ『羅生門』全国ツアー概要:日程と会場

それでは、百鬼オペラ『羅生門』全国ツアーの日程と会場を見ていきましょう。現在上演中の東京公演を皮切りに、全国4か所を回る予定となっています。

東京公演

日程:9月8日(金)~9月25日(月)
会場:Bunkamura シアターコクーン

兵庫公演

日程:10月6日(金)~10月9日(月・祝)
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

静岡公演

日程:10月14日(土)・10月15日(日)
会場: 富士市文化会館 ロゼシアター 大ホール

愛知公演

日程:10月22日(日)
会場:愛知県芸術劇場 大ホール

百鬼オペラ『羅生門』公演グッズについて

百鬼オペラ『羅生門』は、公演グッズも他の舞台と一線を画しています。なんと、演出家の1人であるインバル・ピントによる各キャラクターの衣裳画、美術画をデザインとして採用しているのです。まめ皿やタイツなど、通常の公演グッズにはない珍しいアイテムも!観劇の際は、ぜひグッズもチェックしてみてください。

公演プログラム 価格1,500円

ダンスや音楽を巧みに使用し、幻想的で深淵な世界を生み出した百鬼オペラ『羅生門』の公演プログラムは、読み応え十分の内容です。クリエイターたちの製作意図やミュージシャンたちの詳しい紹介など、舞台の記憶を思い起こしながら熟読してください。

トートバッグ 価格1,200円

舞台の公演グッズといえばお馴染みの、トートバッグも用意されています。白地にワンポイントのシンプルなデザイン。他のグッズを入れるバッグとしてもゲットしたいアイテムです。

Tシャツ 価格2,500円

Tシャツは、グレーのユニセックスタイプ(サイズ展開:S/M/L)と、オートミール色のレディースタイプ(フリーサイズのみ)の2種類です。ユニセックスタイプだけではなく、襟ぐりが大きく開いた女性らしいレディースタイプが用意されているのは嬉しいですね。

ハンカチ 価格1,600円

ハンカチは、500mm×500mmサイズ。薄いブルー地にインバル・ピントによるデザインイラストが、所狭しと並べられています。舞台の公演グッズとは思えないほどハイセンスなデザインになっているので、思わず購入したくなる方が多いのではないでしょうか。

まめ皿 価格900円

百鬼オペラ『羅生門』の公演グッズの中でも、目を引くのがまめ皿です。直径100mmの可愛らしい丸皿で、中心部にインバル・ピントのイラストがプリントされています。3種類展開。

手帳型スマホケース 価格3,000円

全機種対応のスマホケースは、ハンカチと同じタイプの薄いブルー地のデザインです。いつでもどこでも百鬼オペラ『羅生門』の世界を思い出していたいという方におすすめ。

タイツ 価格2,800円

タイツというのも、公演グッズでは珍しいアイテム。80デニールのタイツは、これから寒くなる季節にピッタリです。表と裏で色が異なる個性的なデザインなので、オシャレ上級者の方はぜひとも挑戦してみてください。

クリアファイル 価格500円

お手頃価格のクリアファイルもあります。こちらは薄いブルーではなく、赤ベース。鑑賞の記念にどうぞ。

マスキングテープ 価格600円

公演グッズとしてメジャーになってきたマスキングテープ。インバル・ピントによる衣裳デザインが並べられた25mm幅のテープは、オシャレで可愛らしく、使い勝手がよさそうです。

缶バッジセット 価格900円

4種類1セットの缶バッジのサイズは、それぞれ32mm。トートバッグの外側にまとめてつけると存在感が出るのではないでしょうか?

百鬼オペラ『羅生門』は必見!

実際に観た方が揃って大絶賛している百鬼オペラ『羅生門』。『100万回生きたねこ』で日本演劇界をあっと驚かせたアブシャロム・ポラックとインバル・ピントが再び送り出す本作は、また人々の記憶に強く残る作品となるに違いありません。また、百鬼オペラ『羅生門』は公演グッズも個性的。他の舞台の公演グッズとは一味も二味も違う、オシャレでハイセンスなアイテムも一緒に楽しんでみてください。幻想的でファンタジックな舞台、百鬼オペラ『羅生門』は必見です

関連するおすすめ記事

百鬼オペラ『羅生門』個性豊かな才能が送る奇想天外なツアー!

「100万回生きたねこ」で深田恭子が初舞台に挑む!

HANDSOME FESTIVAL(ハンサムフェスティバル)2016と過去のコンテンツも!神木隆之介など出演者一覧、日程、会場まとめ

三島由紀夫最後の戯曲「ライ王のテラス」が上演決定!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。