2017再演決定!ミュージカル「王家の紋章」の評判やキャストなど詳細まとめ

2016年8月に東京の帝国劇場で上演され、連日大盛況のうちに大団円をむかえたミュージカル「王家の紋章」。いよいよ満を持して2017年の再演が決定しました!何回も観にいったけどまた観たい方、そして見逃してしまったが今度こそ…という方のために、2017年再演の情報を詳しくおとどけします。もちろん、いまだ評判さめやらぬ2016年公演の中身も、詳細の詳細まで振りかえります。公演の舞台を2箇所に増やして、魅力も倍増したミュージカル「王家の紋章」にそなえてください!

【ミュージカル「王家の紋章」2017年再演の詳細だけでなく、2016年公演の振りかえりもまとめていっきにお届け!】

2016年8月、約20日間に渡って東京の帝国劇場で上演され、歴史にのこる大盛況ぶりを見せたミュージカル「王家の紋章」

原作者である細川智栄子あんど芙〜みんさんによる重厚でロマンティックなストーリーと、巨匠シルヴェスター・リーヴァイさんによる壮大な音楽、そして荻田浩一さんによる幻想的な演出、最高のキャスト陣…と、紹介しきれないほどの見どころ満載で、大変な評判をよびました。

あの惜しまれつつ大団円をむかえた傑作舞台が、2017年春に帰ってきます!しかも今回の再演は、東京の帝国劇場だけでなく大阪の梅田芸術劇場でも上演されるのです!事前情報などをチェックしながら詳細を楽しみにしている関西の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのミュージカル「王家の紋章」2017年再演の詳細情報と、いまだ冷めやらぬ2016年公演の評判、感想など、さまざまな情報をまとめてお届けします!

【2017年再演にそなえてチェック!ミュージカル「王家の紋章」とは?】

2016に上演され、2017年に再演されることが決まったミュージカル「王家の紋章」。原作は、細川智栄子あんど芙〜みんさんによる、累計発行部数4000万部を超えるロングランコミック「王家の紋章」です。

古代エジプトにタイムスリップしてしまった主人公キャロルが、元々もっていた「考古学の知識」と「現代の知識」を武器に、さまざまな困難に立ち向かっていくストーリー。史実を織り交ぜながらも、登場人物たちのドラマティックな愛憎劇や策略劇、壮大なロマンスなど、ひとことでは語れない魅力が盛りだくさんです。

ストーリーの詳細にはあえて触れませんが、壮大な物語が3時間弱の上演時間にぎゅっと濃縮された本舞台は、何度でも観る価値のある名舞台となっています。

【2017年再演にそなえてチェック!ミュージカル「王家の紋章」2016年公演の評判、感想まとめ】

(出典:photoACより)

ミュージカル「王家の紋章」の2016年公演を実際に観にいったファンたちの、感想をみてみましょう!

ミュージカル「王家の紋章」2016年公演の評判、感想

ファンからも「今までみたことがない演技」といわれるほど力が入っている宮野真守さんは、イズミルを演じています。要注目ですね。

ミュージカル「王家の紋章」2017再演のチケットをゲットできたファンの方ですが、さらにまた応募したいという感想です。やはり、ファンにとっては二度、三度と観ても足りないほどの魅力があるようです。荻田浩一さんがつくりあげた世界を、「キラキラな舞台」と評していますね。ストーリーや演出など詳細ネタバレをしたあともまた観たいのですから、よほどの魅力のようです!

キャロル役の宮澤佐江さんと「同じ釜の飯を食った」仲の、AKB渡辺麻友さんも観にいったのですね。宮澤キャロルが可愛すぎるとの感想!また、シルヴェスター・リーヴァイさんの音楽が本当に美しいとのことです。

ミュージカル「王家の紋章」の音楽を担当している巨匠シルヴェスター・リーヴァイさんが紡ぎだす旋律は、美しく、そしてワクワクするような魅力に溢れています。その旋律の素晴らしさと、それを見事に歌いきってみせる演者陣の歌唱力が見どころですが、なんとリーヴァイさんが新曲を作っているという情報が!詳細は分かりませんが、これは2017再演での更なるパワーアップに期待大ですね。

ファンにとっては、まず「王家の紋章」がミュージカルとして舞台化されたことが奇跡、そしてイズミル王子を宮野真守さんが演じることも奇跡、と奇跡づくしのようです!

実力者ぞろいのキャスト陣への評価はもちろんですが、荻田浩一さんが情熱をかけて創りあげた幻想的な世界と、シルヴェスター・リーヴァイさんによる美しい音楽にも、皆さん心を打たれてしまったようです。ミュージカル「王家の紋章」の詳細をつづっているファンブログなどを見ても、なにより全体的な世界観が印象に強くのこった、という感想が多くなっています。

ほぼ同じキャスト陣、同じ演出家、同じ音楽家の手による2017再演にも期待が高まりますね!

【演者交代はある?ミュージカル「王家の紋章」2017年再演のキャスト&スタッフをチェック!】

幻想的な世界のなかで熱演を魅せてくれる豪華キャスト陣を、さっそく見てみましょう!

ミュージカル「王家の紋章」キャスト(敬称略)

メンフィス役

浦井健治(2016、2017)

キャロル役(Wキャスト)

宮澤佐江(2016、2017) / 新妻聖子(2016、2017)

イズミル役(Wキャスト)

宮野真守(2016、2017) / 平方元基(2016、2017)

ライアン役

伊礼彼方(2016、2017)

アイシス役

濱田めぐみ(2016、2017)

イムホテップ役

山口祐一郎(2016、2017)

ミタムン役

愛加あゆ(2016、2017)

ナフテラ役

出雲綾(2016、2017)

ルカ役

矢田悠祐(2016、2017)

ウナス役

木暮真一郎(2016、2017)

ミヌーエ将軍

川口竜也(2016)
松原剛志(2017)

セチ役

工藤広夢(2016、2017)

まだまだこんなにいる豪華役者陣!

(2016、2017)
天野朋子 / 熊澤沙穂 / 栗山絵美 / 小板奈央美 / 島田彩 / 藤咲みどり / 横関咲栄 / 青山航士 / 岡田誠 / 輝海健太 / 加賀谷真聡 / 上條駿 / 齋藤桐人 / 笹岡征矢 / 千田真司 / 長尾哲平 / 橋田康 / 若泉亮

(引用:王家の紋章2016王家の紋章2017)

どうやら、ミュージカル「王家の紋章」再演で演者が交代になったのはミヌーエ将軍役のみのようですね。川口竜也さんの凛とした歌声も魅力的でしたが、多才な松原剛志さんが生みだす新しいミヌーエ将軍も楽しみです。

上記以外にも新しい情報が出てくるかもしれませんので、引き続き詳細を楽しみにしましょう!

【見逃せない!ミュージカル「王家の紋章」2017年再演の東京、大阪全日程&会場をチェック!】

ミュージカル「王家の紋章」の2016公演は、8月5日から8月27日までの間、東京の帝国劇場で上演されました。ほぼ同スタッフ、同キャストでおこなわれる2017年再演は、東京の帝国劇場と大阪の梅田芸術劇場の2箇所で上演されます!日程や会場などの詳細をみてみましょう。

ミュージカル「王家の紋章」2017年再演 日程と会場

▼2017年4月8日(土)~2017年5月7日(日)
・東京 帝国劇場

▼2017年5月13日(土)~2017年5月31日(水)
・大阪 梅田芸術劇場メインホール
(引用:王家の紋章)

ミュージカル「王家の紋章」のその他関連記事

【詳細をチェックし終わったら、ミュージカル「王家の紋章」2017年再演を観にいくだけ!】

(出典:photoACより)

ミュージカル「王家の紋章」の2016年公演と2017年再演について、内容やキャスト、ファンの感想や評判、スケジュールなどの詳細情報をおとどけしました。演劇ファンの間でも、そして原作ファンの間でも大変評価の高い本公演。もしかしたら同キャストの熱演が見られるのは2017年再演が最後になってしまうかもしれません!

この機会を逃さずに、詳細情報をチェックするだけでは決して伝わらないミュージカル「王家の紋章」の生の魅力をぜひ味わってください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。