2017年度版「ミュージカル 王家の紋章」の各キャストや評価はどうなの?キャラクター別に紹介♪

2016年に初の舞台化が決まった「ミュージカル 王家の紋章」。初演の反響も大きく、2017年には早くも再演が決定しました!さらに初演のキャストが続投とあって、前回作品を見逃した方にも朗報ですね。また東京公演は現在上演中とあって、2017年版「ミュージカル 王家の紋章」を見た観客の声が続々と挙がっています!そこで、ここでは2017年版「ミュージカル 王家の紋章」の各キャストへの評価や感想をまとめてお伝えします♪

再演中の2017年版「ミュージカル 王家の紋章」に出演するキャストの評価まとめ!

2016年に初演された「ミュージカル 王家の紋章」。エジプトが舞台のファンタジーな作品は、長年連載されている少女漫画が原作となっています。長年親しまれている作品の舞台化となり、大変話題を集めました!そして大成功を収めた初演から約半年後に、待望の再演が決定。
2017年版「ミュージカル 王家の紋章」は2017年4月8日(土)~5月7日(日)まで東京の帝国劇場にて上演中。また5月13日(土)~5月31日(水)まで大阪の梅田芸術劇場メインホールにて上演を予定しています。

初演と同じキャストが演じる2017年度版「ミュージカル 王家の紋章」。2度目とだけあって、各キャストの演技にも注目したいところですね。そこで、今回は2017年度版「ミュージカル 王家の紋章」を観劇した方による、各キャストの評価や感想をまとめ、それぞれの演技や外見などの魅力をご紹介していきます!

2017年度版「ミュージカル 王家の紋章」のストーリー

2017年度版「ミュージカル 王家の紋章」のキャストによる評価や感想の前に、まずは作品のあらすじからご紹介します。

ミュージカル 王家の紋章のあらすじ紹介

エジプトの考古学を研究していた、アメリカ人のキャロル。研究の一環で古代エジプトの王であるメンフィスの墓の発掘に立ち会うことに。発掘により兄のメンフィスを愛する妹アイシスの呪術にかかり、古代エジプトにタイムスリップしてしまいます。アメリカ人の容姿は当時のエジプトでは珍しい存在。エジプトの王宮の目に留まり、そこで古代王のメンフィスと出会うことに。王宮で過ごすうちに王家を狙う策略や陰謀に次第に巻き込まれていきます。

現代から過去へタイムスリップするファンタジーは、30年以上も続く人気漫画が原作!その世界観を引き継ぎ、エジプトの壮大できらびやかな雰囲気を表現した「ミュージカル 王家の紋章」。2017年度版では各キャスト、どのような評価を受けたのでしょうか?

2017年版「ミュージカル 王家の紋章」各キャストの評価や感想をチェック!

2016年の初演の人気を受け、再演となった2017年版の「ミュージカル 王家の紋章」。初演に引き続き、同じキャストが勢ぞろいしています!ここではすでに観劇した方の意見を取り上げつつ、個性的なキャラクターを演じた各キャストの感想や評価をチェックしてみましょう。

イムホテップ役 山口祐一郎さん

エジプト王宮の宰相イムホテップ。王となったメンフィスを陰で支えながら、突然現れたキャロルの才能を認めてくれる存在です。キャストは劇団四季出身のミュージカル俳優山口祐一郎さん。名作ミュージカルの主役を数々つとめあげ、ドラマなどでも活躍する名俳優です。

キャストに関する感想や評価は?

登場シーンから大物感を感じたという感想や、歌唱力のすごさなどが評価されていました。

アイシス役 濱田めぐみさん

メンフィスの異母姉であり、キャロルを古代エジプトへタイムスリップさせた張本人。美しい外見とは裏腹に弟を愛するあまり嫉妬に狂ってしまいます。キャストは劇団四季出身のミュージカル俳優、濱田めぐみさん。美女と野獣やライオンキングなどの人気作でのヒロイン経験もあり、歌唱力や演技力を兼ね備えた俳優さんです。

キャストに関する感想や評価は?

物語では悪役となるアイシスですが、ミュージカルで鍛え抜かれた歌唱力に対する評価が高く、「初めて姿を見てファンになった」という感想もありました!

ウナス役 木暮真一郎さん

メンフィスの臣下でありキャロルの護衛役になるウナス。真面目な青年ですが、たびたびキャロルに振り回される苦労人な役回り。キャストは初演時に舞台デビューを飾った新人の木暮真一郎さん。音大生でもあり、数々のミュージカルで活躍しています。

キャストに関する感想や評価は?

護衛役として優しくキャロルを気遣う仕草などの細かな演技に対する評価や、「ウナスのかわいらしいキャラクターに惹かれる」といった感想が多くありました。

ルカ役 矢田悠祐さん

ウナスとともにキャロルの護衛役でありつつも、敵国のスパイであるルカ。キャロルを敬う一方で、上司のイズミルに対する忠誠心も持っています。キャストはモデル出身の俳優矢田悠祐さん。ミュージカルテニスの王子様では不二周助役を演じ、人気を博しました。

キャストに関する感想や評価は?

2国を股にかけるルカの表情の使い分けなどの演技力の評価とともに、「その美しさに魅せられた」という感想もありました!

ナフテラ役 出雲綾さん

王宮の官女をまとめる女官長であり、キャロルの母親的な存在のナフテラ。心優しい彼女を演じるキャストは宝塚出身の出雲綾さん。宝塚在籍時は2度組長を経験するなど、演技力や歌唱力ともに優れた俳優です。

キャストに関する感想や評価は?

キャロルへ優しいまなざしを向け心優しいナフテラを見事に表現していたという評価や、宝塚で培った歌唱力に対する感想が多くを占めました。

ミタムン役 愛加あゆさん

ヒットタイト王国の王女で、イズミルの妹であるミタムン。メンフィスに恋をしたことからアイシスの怒りを受けて、非業の死を遂げます。キャストは宝塚で娘役トップをつとめた愛加あゆさん。子役としても活躍し、多くの舞台を経験しています。

キャストに関する感想や評価は?

「可憐なミタムンがかわいい!」とキャラクターに対する評価や、「鍛え抜かれた腹筋がすごい!」という感想がありました。

ライアン役 伊礼彼方さん

キャロルの兄であり、実業家として会社を引っ張る若き才能の持ち主のライアン。妹のキャロルを溺愛しており、身を案じています。キャストはミュージカルテニスの王子様出身の俳優、伊礼彼方さん。ボーカルとして音楽活動の経験もあり、多くのミュージカルに出演しています。

キャストに関する感想や評価は?

初演よりも出番が多いというライアン。妹であるキャロルの身を案じながらも報われない姿を見事に演じたという評価や、その姿に心を痛めたという感想がありました。

イズミル役 宮野真守さん

ヒットタイト王国の美しき王子イズミル。エジプトで妹ミタムンを殺害され、王宮に対して強い恨みを持ちますが、キャロルに惹かれてしまいます。Wキャストとなるイズミルを演じる1人は、人気声優としても知られる宮野真守さんです。ほかにも俳優や歌手活動をこなし、マルチな才能を発揮しています。

キャストに関する感想や評価は?

宮野さん演じるイズミルは「初演時よりパワーアップしていた!」という評価や、「復讐にかられる怖さを感じた」という感想がありました。

イズミル役 平方元基さん

長髪の美しい王子イズミルを演じるもう1人のキャストは、ドラマや数々のミュージカルで活躍する俳優の平方元基さん。ミュージカルではWキャストをこなすことも多いですね。

キャストに関する感想や評価は?

「イズミルの静かな怒りを見事に表現していた」という評価や、多くのミュージカルを経験した歌唱力にやられたという感想が多くありました!

キャロル役 新妻聖子さん

古代エジプトにタイムスリップし、メンフィスをはじめとした多くの男性に愛されるヒロインのキャロル。彼女を演じるのはWキャストの1人、新妻聖子さん。2003年から舞台活動をはじめ、歌番組で見せた歌唱力と音程の正確さで一気に知名度を上げることとなりました。

キャストに関する感想や評価は?

「若く聡明なキャロルを品よく演ていじた」「キャロルの成長の過程が感じられた」など、歌唱力はもちろんですが演技に対しての評価もたくさんありました。

キャロル役 宮澤佐江さん

古代エジプトと現代を行き来するヒロインのキャロルを演じる、Wキャストの1人、宮澤佐江さん。アイドルグループAKB48の二期生であり、昨年4月に卒業したばかり!初演が初舞台となりました。

キャストに関する感想や評価は?

キャロルの好奇心旺盛なキャラクターがストーリーのドキドキ感を盛り立てくれるという感想や、「歌いっぱなしなのに声量がすごい!」などの歌唱力に対しての評価が多くありました。

メンフィス役 浦井健治さん

エジプトの若き王であり、異母姉のアイシスや敵対のきっかけとなるヒットタイト王国の王女ミタムンなど、多くの女性の心を奪う美男子メンフィス。激しい気性であり、キャロルに惹かれてからは一心に愛を捧げます。キャストは「仮面ライダークウガ」でデビュー後、数々のミュージカルで主演をつとめる俳優の浦井健治さんです。

キャストに関する感想や評価は?

多くの女性の憧れであるメンフィス。舞台でも荒々しい美しさを見事に表現し、「メンフィスになっている!」と絶賛する評価が多くありました!

ミュージカル 王家の紋章のおすすめ記事はこちら

2017年版「ミュージカル 王家の紋章」キャストはさらにパワーアップしたと高評価!

(出典:ACより)

2016年の初演に続き、2017年に再演が決まった「ミュージカル 王家の紋章」。初演から続投となった各キャストの評価や感想をまとめてご紹介しました!古代エジプトを舞台に、愛・嫉妬・復讐などさまざまな感情が動いていく舞台「ミュージカル 王家の紋章」。2017年版を観劇した方によると各キャストの評価も高く、原作ファンならずとも足を運びたくなる作品へと仕上がっているようですね!

現在も2017年版「ミュージカル 王家の紋章」は上演中!大阪公演も予定されていますので、気になった方はぜひ会場で生のキャストの迫力を体験してみてくださいね♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。