注目の舞台「地獄のオルフェウス」出演者&あらすじをご紹介

テネシー・ウィリアムズの「地獄のオルフェウス」が5月にBunkamuraシアターコクーンにて上演されることが決定しました!今回は、大竹しのぶ×三浦春馬の初共演が話題の舞台「地獄のオルフェウス」の出演者やあらすじなど見所をご紹介します。

テネシー・ウィリアムズの「地獄のオルフェウス」が、5月にBunkamuraシアターコクーンにて上演されることが決定しました!

今回は、大竹しのぶ×三浦春馬の初共演が話題の舞台、「地獄のオルフェウス」の出演者やあらすじなど、見所をご紹介したいと思います。

「地獄のオルフェウス」のあらすじは?

アメリカ現代演劇界に確固たる地位を築いたテネシー・ウィリアムズ。彼が絶頂期の1957年に発表した「地獄のオルフェウス」は、1940年に初演された「天使のたたかい」をなんと17年の歳月をかけて改訂した衝撃の問題作ともいわれている、T・ウィリアムズの代表作のひとつです。

偏見と監修に囚われた小さなコミュニティの中で、愛のない結婚をして淡々と日々を送っている女の前にひとりの青年が現れます。彼の存在はひときわ違和感を放ちながら、人々の欲望を触発してゆくのです。

人物造形は繊細、セリフは詩的に。青春の痛み、情熱を呼び起こされるような気持ちになる、T・ウィリアムズの魅力の一つである、あの独特の熱くこみ上げる感情をじっくりと味わうことができるでしょう。

(※文章の参照・引用:BunkamuraシアターコクーンHP)

「地獄のオルフェウス」の出演者は?

主人公レイディ・トーランスを演じるのは、大竹しのぶ。「欲望という名の電車」でブランチ役を見事に演じている実績アリなので、T・ウィリアムズとの相性の良さは保証付きです。

そして、自由な魂の象徴として描かれている青年ヴァルには三浦春馬。映画やドラマはもちろんのこと、舞台は、地球ゴージャスや劇団☆新感線でみっちりと鍛え上げてきています。華があるのに、陰のある演技も得意とする才能の持ち主が、今回、どんなパフォーマンスで、人々の心をそして、共演者の心を虜にしていくのか見ものです。

また、劇中ではギターを奏でるシーンがあるということ。ギリシャ神話に登場するオルフェウスといえば、竪琴の名手として知られています。その音色は、動物だけではなく、草木や岩をも聞き惚れると。三浦くんが奏でる音色も観客を虜にすること間違いなし!でしょう。

自然に心のままに生きようとする女・キャロルには水川あさみ。のびのびとした彼女の演技にも注目です。また、ヴァルの美しさに心を奪われるもう一人の女性・ヴィーには三田和代が決定。さらに、峯村リエ、猫背椿と個性豊かなメンバー演技派俳優が大集合している注目の作品、ステージ上での熱い演技合戦が期待できそうです。

舞台「地獄のオルフェウス」上演情報

「地獄のオルフェウス」

【スタッフ】

作=テネシー・ウィリアムズ 演出=フィリップ・ブリーン 翻訳=広田敦郎

【キャスト】

大竹しのぶ/三浦春馬/水川あさみ/峯村リエ/猫背椿/三田和代 ほか

東京公演

  • 日程: 5/7(木)~5/31(日)全28回
  • 会場: Bunkamuraシアターコクーン

大阪公演

  • 日程: 6/16(土)~6/14(日)全10回
  • 会場: 森ノ宮ピロティホール

公式HPはこちら

注目の舞台「地獄のオルフェウス」を見に行こう!

いかがでしたか?舞台での演技にも定評のある2人の共演は見ごたえがありそうですね。チケットキャンプ(チケキャン)では舞台「地獄のオルフェウス」のチケットを取り扱い中です。熱い演技をお見逃しなく!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。