劇団四季『オペラ座の怪人』、人気を支える制作背景とは

名古屋でロングランが続いている劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』。とうとう今年8月に千秋楽を迎えることが決定しました。劇団四季の演目のなかでも、『オペラ座の怪人』は、なぜこんなに人気が高く、人々の心をとらえて離さないのでしょうか?その秘密は制作背景にありました。

名古屋でロングランが続いている 劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』。とうとう今年8月に千秋楽を迎えることが決定しました。劇団四季の演目のなかでも『キャッツ』『ライオンキング』に並ぶヒット作である『オペラ座の怪人』は、なぜこんなに人気が高く、人々の心をとらえて離さないのでしょうか?その秘密に迫ります。

劇団四季『オペラ座の怪人』の背景

19世紀に建設され、当時パリの貴族たちにとっては社交場として愛された歌劇場・オペラ座(オペラ・ガルニエ)。その美しいオペラ座を舞台に、オペラ座の怪人とプリマドンナ・カルロッタの物語が紡ぎだされました。作家、ガストン・ルルーによる幻想的な原作が、音楽と舞台演出によって壮大な物語へと具現化されたのです。

劇団四季『オペラ座の怪人』の音楽

劇団四季の『オペラ座の怪人』が観る者に深い感動を与える理由のひとつとして、「音楽」があげられます。通常、ミュージカルにとって楽曲は命ですが、それでもメインテーマを中心に繰り広げられていくものです。しかし、劇団四季『オペラ座の怪人』では、すべての楽曲がメインとなりうるクオリティーとなっています。

それらの名曲を生み出したのは、『キャッツ』『エビータ』など、数多くのミュージカル楽曲を手がけたことで名高い作曲家、ロイド・ウェバー。劇中のオペラも、実際の19世紀オペラを連想させるようにパロディ化されていて、オペラ楽曲と時代背景に対する造詣の深さと探求心を感じさせます。

劇に説得力を与える劇団四季『オペラ座の怪人』の衣装

劇団四季『オペラ座の怪人』の舞台衣装デザインを務めるマリア・ビョルンソン。彼女が衣装に追求したのは、とにかく「本物」であること。観客席からは、衣装の細部までを見ることはできません。それでも彼女は、19世紀に実際に着られていた衣装を細部まで再現することにこだわりました。衣装は徹底した時代考証によってデザインされ、イギリスで仕立てをおこなわれました。このことにより劇団四季『オペラ座の怪人』の舞台には、まるで19世紀のフランスがそのまま現れたかのようなリアリティがあるのです。

劇団四季『オペラ座の怪人』観劇体験はあなたの財産になる

舞台美術、衣装、演出、演奏、もちろん役者陣のパフォーマンスも、すべて一流のプロフェッショナルによって練り上げられた一流のエンターテイメントが、劇団四季の『オペラ座の怪人』なのです。ぜひこちらのミュージカルを観にいって、感動満載の特別な観劇を体験してみてください。これから先、ずっと心の奥深くを占領する作品となるかもしれません。

劇団四季『オペラ座の怪人』の他のオススメ記事

劇団四季『オペラ座の怪人』の情報はこちらから

劇団四季『オペラ座の怪人』チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。8月の千秋楽までに、ぜひとも劇場に足を運んでみて!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。