劇団四季『ノートルダムの鐘』稽古キャスト一覧を紹介!

2016年12月11日から、ついに劇団四季によるミュージカル『ノートルダムの鐘』がはじまります!目下稽古中の劇団四季『ノートルダムの鐘』。カジモドやフロロー、エスメラルダなどキャスト一覧や稽古の様子、また一覧にあるそれぞれの役柄や、稽古キャストの過去の出演作品など解説します。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』の魅力あふれる稽古キャストたちに注目!】

世界的文豪ヴィクトル・ユゴーの代表作『ノートルダム・ド・パリ』から製作されたディズニー長編アニメーション作品『ノートルダムの鐘』は、ディズニー映画の中ではシリアスかつ過酷な状況を描いているので楽しさには欠けるものの、素晴らしい音楽とともに高い評価を得ている名作です。

この映画をもとにつくられたミュージカル『ノートルダムの鐘』もまた、目を見張るセットや重厚な音楽で高く評価され、2016年12月11日からは、ついに劇団四季による翻訳公演が実現します!目下稽古中の劇団四季『ノートルダムの鐘』の稽古キャスト一覧や稽古の様子、また一覧にあるそれぞれの役柄や、稽古キャストの過去の出演作品など解説します。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』あらすじ】

まずは、劇団四季『ノートルダムの鐘』のあらすじを簡単にご紹介します。

舞台は15世紀のパリ。ノートルダム大聖堂の鐘突き塔に、カジモドという醜い男が住んでいました。彼の世話をしていた大聖堂の聖職者フロローは、カジモドに外出を禁じていました。閉じ込められたカジモドは、毎日鐘を突いては空想に浸っていました。そんなある日、年に一度の「らんちき祭り」の日がやってきました。カジモドは、塔を出て街に行きます。

街で差別を受けショック受けながら塔に戻ったカジモドはフロローの怒りを買い、再び閉じ込められます。しかし、街で起こった出来事に責任を感じたジプシー娘のエスメラルダがやってきて、カジモドに語りかけます。カジモドは誠実なエスメラルダに恋をしました。そんなエスメラルダを見て、フロローも邪な願望を抱きました。

そこで、聖堂の警備隊長フィーバスにジプシー排除を命じ、エスメラルダを見つけ出そうとします。しかし、フィーバスもまたエスメラルダに恋をしてしまいます。

命令に背いエスメラルダを助けてしまったフィーバスは、フロロ―に刺されてしまいます。重傷を負ったフィーバスと共に大聖堂に逃げ込むエスメラルダ。エスメラルダは愛するフィーバスをかくまってくれるようカジモドに頼み、カジモドは受け入れます。

別れ際に、ジプシーの隠れ家の地図が暗示されたペンダントをカジモドに託し、エスメラルダは去りました。大聖堂に戻ったフロロ―は、カジモドを罠にかけます。そして、結果的にフロロ―に場所を明かしてしまうことになってしまい……。

ディズニー映画版の世界観などは踏襲しているものの、劇団四季『ノートルダムの鐘』は原作に忠実な内容となっています。よりダークで哀しいストーリーが展開されるため、少し驚いてしまう人もいるかもしれません。それでは、さっそく稽古キャストの一覧をみてみましょう!すでに稽古は開始していて、稽古の様子なども公開されています。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』稽古キャスト一覧】

稽古キャスト一覧 カジモド:海宝 直人(外部キャスト)・飯田 達郎・田中 彰孝

カジモドは、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住み、鐘を突き続けてきた孤独な青年です。異形の姿をしていますが、心優しいキャラクターです。そんなカジモドという役柄の候補になっているのが、外部キャストの海宝直人、飯田達郎、田中彰孝の3人。

海宝直人と田中彰孝に共通する過去の出演作品は『ライオンキング』で、2人ともシンバを演じています。特に田中彰孝はシンバを代表する存在といってよく、劇団四季の顔のひとりです。飯田達郎は『キャッツ』のラム・タム・タガーなどを演じる歌唱力に定評あるキャスト。今回登板すれば、記念すべき主役デビューになります。

稽古キャスト一覧 フロロ―:芝 清道・野中 万寿夫

フロローは、劇団四季『ノートルダムの鐘』における悪役です。ノートルダム大聖堂で神に仕えるカトリック聖職者でありながら、エスメラルダに恋をしてしまったことで常軌を逸した行動に出てしまうという難しいキャラクターです。非常に高い歌唱力を必要とする役柄で、稽古キャストの2人もやはり歌唱力に定評のある実力派です。

芝清道は『ライオンキング』ムファサ役など威厳のある声質を生かした役柄で印象的なキャストです。野中万寿夫は『ライオンキング』『美女と野獣』というディズニーものの過去の出演作品でも悪役を演じています。

稽古キャスト一覧 エスメラルダ:岡村 美南・宮田 愛

劇団四季『ノートルダムの鐘』のヒロインであるエスメラルダは、情熱的で魅力あふれるジプシーの娘です。稽古キャストのひとりである岡村美南は、どこかエキゾチックな魅力のある実力派スター女優で、過去の出演作品でもヒロインを数多く演じています。

もうひとりの宮田愛もダンスに定評があり、やはり多くのヒロインを演じてきました。公開されている稽古の様子でも、彼女たちの凛とした美しい様子に目を奪われてしまいます。

劇団四季「ノートルダムの鐘」のオススメ記事はこちら

【劇団四季『ノートルダムの鐘』開幕まであと少し!】

劇団四季によるディズニーミュージカルの新作『ノートルダムの鐘』の稽古キャスト一覧をご紹介しました。ダークでシリアスなストーリーと、見た瞬間にあっと驚くほどの美術セット、個性豊かなキャラクター、そして美しすぎる重厚な音楽とハーモニー。まさに大人のためのミュージカルになるようです。稽古の様子を見ても、傑作になる予感しかしないほどしっくりきているのが分かる『ノートルダムの鐘』。稽古キャストの中で初日を飾るのは果たして誰なのでしょうか?いまから期待に胸は高まります。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。