ついに開幕!劇団四季『ノートルダムの鐘』確定キャストは?

劇団四季による新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』は、デイズに―によるミュージカルではあるものの、アニメーション版と異なるシリアスな展開や、重厚な音楽がみどころの作品です。この劇団四季『ノートルダムの鐘』の確定キャストはどうなったのでしょうか?登場するキャラクターの紹介と、確定キャストを解説します。

【シリアスで重厚な劇団四季新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』】

ついに開幕を迎える劇団四季『ノートルダムの鐘』は、文豪ヴィクトル・ユゴーによる小説『ノートルダム・ド・パリ』に着想を得て作られたディズニー長編アニメーション映画『ノートルダムの鐘』同様、ディズニーによってミュージカル化された作品です。

アニメーション映画版の優れた楽曲はもちろん、より原作に近いシリアスな展開や、大人数のコーラスを用いた重厚な音楽性が魅力の作品で、各登場人物の内面深くまで掘り下げていくドラマ性は、まさに大人のためのミュージカルだといえるでしょう。

プレビュー公演を終え、2016年12月11日についに初日を迎えた劇団四季『ノートルダムの鐘」ですが、プレビュー公演、初日での確定キャストはどうなったのでしょうか?各キャラクターの役どころや、確定キャストの過去の経歴とあわせて紹介します。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』とは?】

劇団四季『ノートルダムの鐘』は、ディズニーミュージカルの日本版であり、すでに劇団四季によって上演されている『ライオンキング』『アラジン』などと同じカテゴリーに入る作品です。しかし、内容的には他のディズニーミュージカルとは大きく異なる部分もあります。劇団四季『ノートルダムの鐘』とは、一体どのようなミュージカルなのでしょうか?

満を持して開幕した劇団四季待望の新作ミュージカル!

1831年に出版されたユゴーの名作小説『ノートルダム・ド・パリ』を元に、1996年にディズニーが長編アニメーション映画化したのが『ノートルダムの鐘』です。原作の悲劇的な結末をハッピーエンドに変えたとはいえ、そもそもの設定がかなりシリアスなだけに、他のディズニー作品とは一線を画すドラマ性の高い作品として高く評価されています。

また、数多くのディズニー作品の作曲を手がけているアラン・メンケンによる楽曲の美しさも印象的。そして2014年、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズの手によるによってミュージカル版がアメリカで初上演されました。ブロードウェイの上演には至りませんでしたが、大人数のコーラスを用いた重厚さ、映画版から大幅に変わっているシリアスなストーリー展開は多くの感動を呼びました。

2016年に開幕する劇団四季による『ノートルダムの鐘』は、このディズニー・シアトリカル・プロダクション版の日本語版上演になります。

劇団四季『ノートルダムの鐘』あらすじ

15世紀末のパリ。ノートルダム大聖堂の鐘突き塔にカジモドという若者が住んでいました。彼はその容貌から、保護者である聖職者フロローから外出を固く禁じられていました。そんなある日、年に一度の「らんちき祭りの日がやってきます。思わず塔を抜け出してしまったカジモドは、美しいジプシーの踊り子エスメラルダと出会います。

騒ぎを起こし、傷ついて大聖堂へ戻ったカジモドを心配して後を追ってきてくれたエスメラルダ。カジモドは、そんな彼女に生まれて初めての恋をするのでした。実は、カジモドの保護者であるフロローも、エスメラルダに魅了され邪な気持ちを抱き、大聖堂警備隊長フィーバスにジプシー排除を命じ、エスメラルダを探し出そうとします。

そしてフィーバスもまた、エスメラルダに恋をしていました。命令に背いてエスメラルダを助けるため、大聖堂へ逃げ込むフィーバスとエスメラルダ。カジモドはそんな2人の惹かれあう様子を見て傷つきながらも、匿ってあげることにしましたが、エスメラルダはジプシーのお守りを残して姿を消してしまいます。

結局、フロローの罠にかかって捕らえられてしまうカジモドたち。フロローは、エスメラルダに対して「自分の愛を受け入れるのならば解放する」と聖職者にあるまじき条件を出して詰め寄ります。毅然として拒否するエスメラルダ。フロローの愛はついに憎しみへと変わり……。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』カジモド役確定キャスト:プレビュー初日・海宝直人/プレビュー2日目・飯田達郎/初日・海宝直人】

劇団四季『ノートルダムの鐘』の主役であるカジモド。哀しい生い立ちをもち、不遇な日々を送る心優しい青年です。カジモド役といえば身体的な特徴が大きな要素になっていますが、劇団四季『ノートルダムの鐘』では、特殊メイクなどは用いません。あくまでも役者の演技で、世界的に知られている”カジモド”という役どころを表現しなければなりません。

海宝直人・飯田達郎・田中彰孝という3人のキャスト候補のうち、プレビュー初日は海宝直人が、プレビュー2日目は飯田達郎がカジモド役を演じました。そして初日のカジモドは、海宝直人が登場しました。

カジモド役キャストの過去の経歴

カジモド役のキャスト候補のうち、外部出演の海宝直人は、子役時代に『美女と野獣』チップ役や『ライオンキング』ヤングシンバ役に出演していたミュージカルエリート。『レ・ミゼラブル』のマリウス役などミュージカル界の若手スターとして活躍する一方で、『アラジン』アラジン役、『ライオンキング』シンバ役と、最近では劇団四季の作品に次々と外部出演をしています。

飯田達郎は、『オペラ座の怪人』ラウル役、『リトルマーメイド』エリック役などで活躍している、歌唱力に定評のある実力派俳優。田中彰孝は『ライオンシンバ』シンバ役の代名詞ともいっていい、劇団四季のスター俳優です。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』フロロー役確定キャスト:プレビュー初日・芝清道/プレビュー2日目・芝清道/初日・芝清道】

フロローは、劇団四季『ノートルダムの鐘』の悪役であり、陰の主役と言っても過言ではないほど存在感の大きな役どころです。聖職者でありながら邪な思いに囚われ、愛憎に苦しむという難しい演技と、圧倒的な歌唱力を披露しなければいけません。候補キャストである芝清道・野中万寿夫のうち、プレビュー公演・初日とも芝清道が出演しました。

フロロー役キャストの過去の経歴

フロロー役キャスト候補のうち、芝清道は『ライオンキング』ムファサ役、『オペラ座の怪人』ファントム役などを演じているベテラン俳優です。その絶大な歌唱力で高い人気があります。野中万寿夫は、『ライオンキング』スカ―役、『美女と野獣』ガストン役など、これまでもディズニーミュージカルで悪役を演じてきたベテラン俳優です。特にその演技力に定評があります。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』エスメラルダ役確定キャスト:プレビュー初日・岡村美南/プレビュー2日目・岡村美南/初日・岡村美南】

劇団四季『ノートルダムの鐘』のヒロインであるエスメラルダ。強い意志を持ち、同時に3人の男性を虜にしてしまうほどの魅力を持ち合わせている役どころです。候補キャストである岡村美南・宮田愛のうち、プレビュー公演・初日とも岡村美南が出演しました。

エスメラルダ役キャストの過去の経歴

エスメラルダ役候補キャストのうち、岡村美南は『ウィキッド』エルファバ、『クレイジー・フォー・ユー』ポリー役などを演じてきたスター女優です。長身を生かしたダイナミックなダンスと、確かな歌唱力を持っています。

宮田愛は、『美女と野獣』ベル役、『クレイジー・フォー・ユー』ポリー役などを演じてきたダンスに定評のある女優です。一瞬で人々を虜にしてしまうダンスシーンに注目です。

【劇団四季『ノートルダムの鐘』フィーバス役確定キャスト:プレビュー初日・清水大星/プレビュー2日目・清水大星/初日・清水大星】

エスメラルダと恋に落ちるフィーバス。原作では悪いイメージが強い役どころですが、劇団四季『ノートルダムの鐘』では誠実な性格を持つ大聖堂警備隊長として、カジモドに友情を抱きます。候補キャストである佐久間仁・清水大星のうち、プレビュー公演・初日とも清水大星が出演しました。

フィーバス役キャストの過去の経歴

フィーバス役候補キャストの佐久間仁・清水大星は、2人とも韓国出身のイケメン。清水大星は『リトルマーメイド』エリック役、佐久間仁は『アスぺクツ・オブ・ラブ』ヒューゴ役などを演じてきました。

劇団四季「ノートルダムの鐘」のオススメ記事はこちら

【いよいよ!劇団四季『ノートルダムの鐘』が感動を巻き起こす!】

(出典:photoACより)

ついに開幕のときを迎えた劇団四季『ノートルダムの鐘』。今後の京都公演、横浜公演、CD発売などの新情報も発表され、まさにミュージカル界で最もホットな作品となっています。深い感動を呼ぶドラマチックな内容は、必見!大人のミュージカルとして、劇団四季にまた新たな1ページが加わりました。その世界を、ぜひとも体感してください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。