【ライブ中も飲食OK!?】なんばグランド花月で購入できるお弁当と飲食情報を解説!

大阪ミナミにある劇場・なんばグランド花月では、毎日吉本新喜劇や漫才の公演が行われています。大阪のお笑いファンはもちろん、国内外の観光客にも大人気のなんばグランド花月ですが、その魅力のひとつが「上演中も飲食OK」という点!たこ焼きやビールを味わいながら、お笑いを堪能できるという贅沢なひとときを味わえます!また、値段と内容に応じた様々なオリジナル吉本弁当も販売されていて、「お弁当つきチケット」も購入できるなど、工夫もいっぱい。なんばグランド花月での飲食情報と、お弁当情報を解説します。

飲食OK!お笑いの殿堂・なんばグランド花月


(出典:いらすとやより)
大阪なんばにある劇場・なんばグランド花月(NGK)は、毎日大阪の地に笑いを届けている笑いの殿堂です。


毎日3~4回の公演が行われ、吉本新喜劇、漫才、特別企画と様々な演目を楽しむことができるため、地元大阪のお笑いファンはもちろん、国内外の海外旅行者にも人気が高いなんばグランド花月。今回は、なんばグランド花月の大きな特徴である飲食情報について解説します。売店で買うことができるアイテム、持ち込みの是非、なんばグランド花月で販売されているオリジナルの吉本弁当まで幅広くご紹介しましょう。

なんばグランド花月では飲食しながらお笑いを楽しめる!

なんばグランド花月とは?

なんばグランド花月は、大阪ミナミの千日前商店街の中に位置している劇場です。よしもと・クリエイティブ・エージェンシーによって運営されているお笑い専用劇場で、座席数は約900。地下鉄、JR、近鉄線、南海線、阪神線といったあらゆる電車の駅から徒歩圏内という抜群のアクセスの良さを誇っています。

老朽化したなんば花月に代わり、1987年に開業したなんばグランド花月は、お笑い専用劇場としては国内最大規模。1年365日吉本新喜劇と漫才の公演を楽しむことができることに加えて、若手・ベテラン・海外パフォーマーなどによる各種企画公演も毎日のように実施されています。

客席は全席指定席。満席時には立見が出ることも!幼いころから吉本新喜劇や漫才に慣れ親しんでいる地元のファンはもちろん、全国各地からの団体客や、海外からの旅行者などで日々賑わっています。2016年3月には、年間来場者100万人を達成。大阪を代表する観光スポットのひとつとして、幅広く親しまれています。

飲食しながら鑑賞できる稀少な劇場

なんばグランド花月の大きな特徴として、上演中も飲食OKということが挙げられます。映画館とは異なり、中規模以上の演劇用劇場で完全飲食OKというのは非常に珍しく、なんばグランド花月の魅力のひとつとなっています。

例えば、客席での飲食が許可されている歌舞伎座や宝塚劇場、シアタークリエなどでも、上演中の飲食は禁止されています。その他の多くの劇場では、客席内への飲食物の持ち込み自体がNGということがほとんど。しかし、なんばグランド花月では、開場中や休憩中はもちろん、上演中でも飲食OK!しかも、持ち込みもOKです。

劇場内のいたるところで、なんばグランド花月内で購入した食べ物や、千日前商店街で入手した大阪グルメ、さらに各種吉本弁当をつつきつつビールを飲む人の姿が。こうした客席の様子が、なんばグランド花月特有のリラックスしたアットホームなj空気感を生み出しているのです。

たこ焼き、ポテト、アルコールも販売

なんばグランド花月内でも、様々な飲食物を入手することが可能です。劇場内の売店ではビールやチューハイなどのアルコール飲料から、各種ソフトドリンク、ポップコーン、サンドイッチなどを購入することが可能。また、座席にはドリンクホルダーがついているので快適です。

また、ロビーの外でも様々な食べ物を入手可能。まずエントランスを入ったチケット売り場の側では、「甲賀流 なんばグランド花月店」があり、大阪アメリカ村にあるたこ焼きの名店の味をNGKで味わうことができます。また、なんばグランド花月の真横には、「大阪No.1」の呼び声高い「たこ焼道楽 わなか千日前本店」があるので、大阪たこ焼きの名店の味比べをすることもできてしまいます!(もちろん持ち込みOK)

なんばグランド花月で最も多いのは、ビール片手にたこ焼きを楽しむ人の姿。あなたも、「たこ焼き」と「お笑い」という大阪名物を同時に堪能するという贅沢を堪能してみませんか?

※夜公演・特別公演には飲食不可の公演もありますので、事前にチェックしてください。

種類豊富!なんばグランド花月のお弁当

たこ焼きとビールを買ってステージを楽しむのも贅沢ですが、せっかくなんばグランド花月に来たのですから、NGKでしか食べられない物を楽しんでみませんか?なんばグランド花月では、内容や値段別に色々なオリジナル吉本弁当が用意されています。事前にチェックして、公演の2日前の午前中までに電話で注文すればOKです。

バラエティ豊かな吉本弁当ラインナップ

【よしもと寄席弁当(税込900円)】


まずは、リーズナブルなお値段でお手軽に楽しめるよしもと寄席弁当!新喜劇キャラクターのポストカードつきです。梅干しご飯とおかずがバランスよく配置されているコンパクトなお弁当で、事前に電話で予約すればお茶も付いてお得です。

【なんばグランド花月弁当(税込1,350円)】


続いてご紹介するのは、定番のなんばグランド花月弁当。梅干しご飯と沢山のおかずを楽しむことができる幕の内弁当で、「しげぞうのおズラ」が付いているという楽しい仕掛けも!遊び心いっぱいの豪華弁当です。

【吉本新喜劇弁当(税込1650円)】


吉本新喜劇弁当は、仕切られた9つのスペースにご飯とおかずが配置されいる正方形のお弁当。幕がデザインされたカバーを上げると、吉本新喜劇メンバーが登場するという趣向が凝らされています。パッケージへのこだわりも徹底していますね。

【吉本新喜劇コケコケ弁当(二段)(税込2,350円)】


オリジナル弁当の中では、最も値段が高い吉本新喜劇コケコケ弁当。二段のお重になっている、とても豪華な内容です。赤地に吉本新喜劇メンバーが並んでいる入れ物もスペシャル感があり、特別な日にピッタリ!蓋を開けた瞬間の感動も格別です。

【吉本大笑い弁当(一段)(税込1,850円)】


最後にご紹介するのは、吉本大笑い弁当です。赤地に吉本を代表するベテラン芸人たちの顔がプリントされた特別な入れ物が印象的。こちらは一段弁当ですが、スペシャルな一品。多様なおかずが彩りよくおさめられています。

お弁当つきチケット

なんばグランド花月で大人気となっているのが、お弁当月チケット。お弁当の種類は「なんばグランド花月弁当」しか選べませんが、値段は1階席 6,050円(税込)/2階席 5,550円(税込)。チケット、なんばグランド花月弁当、お茶がの3点を購入できます。

お弁当月チケットを購入した方は、開演30分前から開演までに劇場内所定場所で「なんばグランド花月弁当」を受け取るというシステムで、チケットとお弁当を一緒に頼めるというメリットがあります。また、基本的にお弁当の予約注文は電話からになりますが、お弁当つきチケットはインターネットから購入することができるのも魅力。(公演日2日前正午まで販売)

なお、食品の衛生管理のため、開演1時間後までに引き取りがない場合は廃棄されるそうです。その際、お弁当分の返金には応じてもらえませんので注意してください。

なんばグランド花月でお弁当もお笑いも堪能しよう!

アルコールや飲料を片手に、たこ焼きやお弁当を食べつつ吉本新喜劇や漫才を楽しむ!そんな、なんばグランド花月ならではの贅沢は格別です。物音を立てないように緊張感を保って鑑賞するミュージカルや演劇も良いものですが、たまにはリラックスした状態で観劇を楽しんでみませんか?さらに、一般的な劇場売店とは違って、大阪で1・2を争う人気のたこ焼きや、ユニークなアイデアのつまった様々な吉本弁当といった豊富な選択肢があるのも魅力。たこ焼きの食べ比べや、それぞれ別の種類のお弁当を買って両方味わうといった楽しみ方も可能です。事前に十分に計画を立てて、なんばグランド花月で最高のお笑い体験を堪能してください!

なんばグランド花月をもっと知る♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。